System Admin

System Admin

Smartsheet をセットアップして、ほかのユーザーのアカウントを管理します。

システム管理者

すべてのライセンスが割り当てられた場合のライセンス ユーザーの入れ替え

次の手順を実行して、新しいユーザーが必要なすべての機能にアクセスできるようにします。管理センターにログインし、画面の左上にあるメニュー アイコンを選択します。[ユーザー管理] > [ユーザーの追加] の順に移動します。...

エンタープライズ プランのセキュリティ制御設定

共有セーフ ポリシーを使用すると、アセットの共有が可能なユーザーとドメインの承認済みリストを作成できます。これは、シート、フォーム、レポート、ワークフロー、WorkApps、ダッシュボードに使用できます。...

2 つのアカウントの統合

プロ プランまたはビジネス プランをご利用の場合は、2 つ以上のプランを 1 つに統合できます。旧個人プラン、無料プラン、チーム プラン、プロ プラン、ビジネス プランからアカウント所有者を招待して、自分のアカウントに参加させることもできます。

グローバル アカウント設定の管理

Smartsheet 画面の左下で、[アカウント] > [管理センター] を選択します。[設定] で、更新するアイテムを選択します。 オプションは、ご利用中のアカウントのタイプによって異なります。 一部の機能は、プロ プランのアカウントでは使用できません。...

ユーザーの個人プロファイルの管理

システム管理者は、プロファイル情報のレベルをコントロールすることで、組織内のユーザーと組織外のユーザーにそれぞれ異なるレベルでプロファイル情報を見せることができます。 左側のナビゲーション バー下部で、[アカウント] > [アカウント管理] をクリックします。...

自動ユーザー プロビジョニング (UAP) によるユーザーの自動追加

自動ユーザー プロビジョニング (UAP) を使用すると、Smartsheet のエンタープライズ アカウントへのユーザー追加処理が自動化されます。

カスタムのようこそメッセージ、ヘルプ ページ、またはアップグレード画面を作成する

チームがスピーディーに Smartsheet を使いこなせるようカスタマイズできるコンテンツには、次のようなものがあります。...

ユーザーの削除、非アクティブ化、再アクティブ化

内部ユーザーが Smartsheet にサインインできないようにするには、非アクティブ化をお勧めします。これは、該当ユーザーが組織の所属ではなくなったことを意味します。誤って非アクティブ化した場合は、7 日間以内であればエラーを修正することができます。...

ログイン履歴の表示

複数ユーザー アカウントのシステム管理者は、管理センターを使用して、ログイン履歴を含む Excel ファイルを電子メールで受信し、アカウントにリストされているどのユーザーが最近ログインしたかを確認できます。...

プランのライセンス要求リクエストを承認または却下する

管理センターにログインします。画面の左上にあるメニュー アイコンを選択します。[ライセンスのリクエスト] に移動します。保留中のライセンスのメール アドレスとリクエスト日を確認できます。ここにメール アドレスが表示されない場合、現在保留中のライセンス要求リクエストはありません。...

イベント レポート作成: 組織/団体におけるデータ使用方法のモニタリング

イベント レポート作成は、次のように役立てることができます。組織/団体のデータ利用ポリシーを適用し、過去 6 か月間のイベント (アイテムの作成と削除、アイテムのダウンロードなど) の監査結果を取得することによりデータの損失を最小限に抑える。...

Smartsheet のシングル サインアウト (SLO) と IdP を設定する

システム管理者がこの機能を設定した後は、ユーザーが Smartsheet からログアウトすると IdP からもログアウトするようになります。...

Okta グループを Smartsheet に同期させる

Okta のグループ プッシュを使用すると、Smartsheet のグループ管理を簡素化することができます。グループ プッシュによる一元化されたグループ管理により、Okta と Smartsheet の間でユーザー グループが自動的に同期されます。...

ドメイン管理

ドメイン管理ページでは、システム管理者が Smartsheet のドメインの追加、検証、アクティブ化を行い、それらのドメインを使用するポリシーを有効化できます。

FAQ: 一部のライセンスなしユーザーはお試し期間後にプランを購入できる

お使いのプランが UAP、EPM、SSO/SAML、または DI を有効化していない場合、お客様のアカウント内のライセンスなしユーザーは無料お試しを開始し、プランを購入できます。...

顧客管理の暗号化キー

Smartsheet ではお客様のデータを保護することと、お客様がデータを管理できるようにすることを目的に、既定で暗号化を採用しています。...

Azure Active Directory

Azure Active Directory で Smartsheet ユーザーを管理する

Smartsheet アカウント担当者に連絡して、組織のアカウントでこの機能を有効にしてください。アカウント担当者に Smartsheet アカウントのエスクロー ユーザー情報を知らせてください。...

Azure Active Directory for Smartsheet に関するよくある質問

Azure AD のプロビジョニングの同期時間は、 同期の構成、ユーザーとグループの数、同期のタイプ (初期または増分) に応じて異なります。 詳細については、こちらの Microsoft サポート記事を参照してください。...

Smartsheet へのプランレベルの OIDC または SAML 用の Azure を構成する

どちらの設定でも、Azure の認証設定は Azure によって制御されます。SSO のポリシーと設定の調整はすべて、Smartsheet ではなく、Azure で管理します。...

アカウント管理

プレミアム コネクター用の Okta 詳細設定とサポートされる Smartsheet の追加の役割

Okta 統合はデフォルトの役割のほかに、追加の Smartsheet プレミアム コネクターにも対応しています。...

Okta グループ用に Smartsheet の役割を設定する

Okta で設定のプロビジョニングを完了するには、役割とマッピングを追加しておく必要があります。 Okta 統合用の Smartsheet の設定が完了していない場合、役割を設定する前に完了させる必要があります。詳細はこちらをご覧ください。...

Smartsheet 統合用に Okta を設定する

Okta 統合用に Smartsheet の設定が完了していない場合、こちらをご覧ください。Okta を設定する前に、Smartsheet プロセスを完了しておく必要があります。 Okta の [Admin (管理者)] ページにログインします。...

Okta/SCIM 統合用に Smartsheet を準備する

統合を設定する前に、Smartsheet でいくつかのタスクを完了しておく必要があります。 統合を設定するには、Smartsheet と Okta のライセンスのあるシステム管理者である必要があります。 SCIM サポートの有効化: アカウント用に SCIM のプロビジョニングが必要です。...

Smartsheet で Okta SCIM を使用する

Smartsheet - Okta SCIM 統合では、Okta アクティブ ディレクトリ環境での更新に基づいてユーザーの役割とアクセスを一元管理することにより、組織のセキュリティおよびコンプライアンス ポリシーに一貫性を持たせることができます。...

管理センター

管理センター概要

管理センターのホーム ページには、アカウントやユーザーのサマリー (残りのライセンス、保留中のタスク、アカウント設定) が表示されます。グローバル アカウントの設定管理方法をご紹介します。...

管理センター: アカウントのセキュリティ制御を設定する

管理センターの [設定] メニューから制御画面にアクセスします。 通知を受信できるユーザーや、組織内のグループに参加できるユーザーを定義します。組織内のシートとメンバーシップに対するユーザーのアクセス レベルに基づいて、シートから通知/リクエストを受信できるユーザーを制御します。...

管理センター: ユーザーの結合でアカウントを結合する

ビジネス プランまたはプロ プランを使用している場合、保持するアカウントにアイテムを移行し、余分なアカウントは削除する必要があります。 次のシナリオでユーザーの結合を使用できます。同じユーザーに属する組織内の 2 つのユーザー アカウントを結合する。...

管理センター: ユーザーの追加、編集、非アクティブ化

管理センターにログインするユーザー管理機能にアクセスするには、管理センターにログインし、左上のメニューから [ユーザー管理] を選択します。メインのシステム管理者が不在の場合に備えて、複数のシステム管理者をアカウントに割り当ててください。ユーザー タイプの詳細に関する記事をご覧ください。...

管理センター: Smartsheet 連絡先グループの管理と使用

管理センターのグループ管理機能により、グループ管理者は連絡先をグループにまとめて、ビジネスまたはエンタープライズの Smartsheet プランを使用しているユーザーが、グループ内のすべてのユーザーと情報を素早く共有し、送信できるようにすることが可能です。...

カスタム メール ドメインのセットアップ

カスタム メール ドメインは、Smartsheet アプリからユーザーがトリガーした次のような電子メールに対して機能します。...

データ保持ポリシーを構成する

ガバナンス データ ポリシー制御を使用して、データ保持ポリシーを設定し、保持するデータと消去するデータを管理します。 作成できるポリシーは 1 つのみです。しかし、そのポリシーには多くの包括グループを割り当てることができます。...

Smartsheet Advance のドキュメント

Smartsheet Advance の階層とコネクテッド ユーザーの理解

外部の共同作業者に対するガバナンス ポリシー

外部の共同作業者とは外部の共同作業者とは、シートまたはワークスペースを使用して共同作業するために招待されているものの、そのシートまたはワークスペースを所有する組織またはドメインのメンバーではないユーザーを指します。...

アクセス トークンの有効期限を設定する

システム管理者が有効期限を設定すると、プラン内のすべての既存および将来のトークンにこの期間が適用され、有効期限が切れると自動的に取り消されます。ただし、トークンの有効期限を設定しない場合、システム管理者が手動でトークンを取り消さない限り、トークンは無期限にアクティブとなります。...

管理センター: プラン インサイト

システム管理者は、プラン インサイトを使用して、アカウントのメトリックと使用状況のデータを確認できます。

シート アクセス レポートを作成する

シート アクセス レポートは、シートにアクセスできるユーザーを一覧表示します。この一覧を使用すると、組織内の Smartsheet のフットプリントを把握することができます。また、一覧を使用して Smartsheet アカウント内のセキュリティを監査することもできます。...

シート、レポート、ダッシュボード、またはワークスペースの所有者権限の移行

所有権の非破壊移行を使用すると、アイテム (フォルダーやワークスペース) の階層を維持しながら、アイテムを新しい所有者に移行することができます。また非破壊移行では、使用中のシートやレポートの所有者が変更されても、ダッシュボードのウィジェットはそのまま機能します。 

データ エグレス ポリシーを構成する

さまざまなユーザー グループの制限と例外のカスタマイズ

Enterprise Plan Manager で使用するユーザー移動ポリシーを設定します (SAMLのみ)

メイン プランで認証方法としてSAMLを設定している場合は、ポリシーを定義して、ユーザーを適切なマネージド プランに自動的に移動できます。 たとえば、SAML 属性が「department」で値が「finance」のユーザーは、Finance 部門が所有するマネージド プランに移動できます。...

Enterprise Plan Manager の設定と構成

Enterprise Plan Manager (EPM) を使用して、組織/団体の検証済みドメインのすべてのプランにセキュリティ ポリシーとガバナンス ポリシーを設定します。 EPM では、次の 2 つのレベルでプランの階層が作成されます。...

Enterprise Plan Manager の概要

組織/団体の規模が大きくなると、さまざまな部門が個別に Smartsheet を導入して作業を管理していることがわかる場合があります。...

カスタム メール ドメインの削除

カスタム メール ドメインを使用する必要がなくなった場合や、ドメインを変更したい場合は、まずそのカスタム ドメインを削除する必要があります。 管理センターにログインします。 [ブランディングとパーソナライズ] に移動します。...

SAML とシングル サインオン

Smartsheet における SAML と SSO - 概要 (エンタープライズのみ)

セキュリティ アサーション マークアップ ランゲージ (SAML) と シングル サインオン (SSO) を使うことで、組織/団体のセキュリティ設定をエンタープライズ仕様の Smartsheet アカウントへと拡張できます。...

Smartsheet へのプランレベルのシングル サインオン用の SAML を設定する

2024 年 2 月 5 日より、新しいプランレベルの SAML 構成を作成することはできません。ただし、既存のプランレベルの SAML 構成に関しては、引き続きプランレベルの SAML 設定の作成、更新、削除、または読み取りを行うことができます。...

SAML アサーション: Smartsheet でサポートしているクレーム例

サポートしているクレーム例と SAML アサーション例については、こちらのページを参照してください。 サインイン認証の条件として、永続的な ID と メール アドレス両方のクレームが Smartsheet によって認証される必要があります。...

SAML の設定時によく寄せられる質問

組織の SAML を設定する際、構成に関する質問がある場合は、これを参考にできます。...

SAML についてよく寄せられる質問と一般的なエラー

Smartsheet の設定、維持、または SAML ベースのシングル サインオン (SSO) サービスでのログインに関してユーザーからよく寄せられる質問に対する回答は、以下のとおりです。...

SAML: 期限切れの IdP 証明書の置換/更新

セキュリティ証明書が期限切れになる場合は、Smartsheet の SAML 設定が無効になることがあります。Smartsheet は、証明書の有効期限の 45 日前と 5 日前にアカウントのシステム管理者にメールを自動的に送信します。...

エラー: SAML 認証がサポートされていない

組織アカウントで SAML が有効になっていない ユーザーが組織にリンクされていない ログイン データが古い SAML アサーションの電子メール属性が既存の Smartsheet ユーザー アカウントと一致しない システム管理者に [Security Controls (セキュリティ制...

エラー: Google SSO failed 403

403 Error: app_not_enabled_for_userGoogle で IdP として SAML を設定すると、次のようなエラー メッセージが表示される場合があります。...

SAML SSO エラー: opensaml::BindingException

SAML SSO error: opensaml::BindingException at (https://sso.smartsheet.com/Shibboleth.sso/SAML/POST) Request missing SAMLResponse or TARGET form parame...

Smartsheet SAML エラー: IdP メタデータ

「入力された IdP メタデータ URL は、信頼されていない SSL 証明書の付いたサーバーをポイントしているため使用できません。代わりに、実際のメタデータをコピーしてフィールドに貼り付けてください。」というエラー メッセージが表示されます。...