適用対象

Smartsheet

問題: 読み込みが終わらない、反応がない、特定のアイテムが表示されない

PLANS

  • Smartsheet

Smartsheet を読み込めない、反応がない、特定のアイテムが表示されない場合は、ブラウザー、ブラウザーのバージョン、ブラウザーの拡張機能、またはアドオンの問題が原因である可能性があります。

この記事では、以下の原因となる問題のトラブルシューティングと診断について説明します。

  • Smartsheet を読み込めない
  • Smartsheet にサインインしようとするとエラーが発生する
  • 特定のアイテムを開けない
  • 添付ファイル/リンクにアクセスできない、または添付ファイル/リンクをダウンロードできない
  • マウス ホイールを使用してスクロールする機能などの特定のハードウェア機能

ステップ 1: 互換性のあるブラウザー バージョンを使用していることを確認します

最良の結果を得るには、ブラウザーの利用可能な最新バージョンを使用していることと、ブラウザーが Smartsheet と互換性があることを確認してください (ブラウザーの要件については、「Smartsheet を使用するためのシステム要件」を参照してください)。

次の表を使用して、ブラウザーのバージョンを確認してください。

ブラウザーのタイプ バージョン番号の確認場所
Chrome Chrome > [Google Chrome について]
Firefox [設定] > [ヘルプ メニューを開く] > [Firefox について] をクリックします。
Safari Safari > [Safari について]


ステップ 2: ブラウザーの拡張機能によって引き起こされる問題のトラブルシューティング

ブラウザーのインスタンスをシークレット モードまたはプライベート ブラウジング モードで開きます。 ブラウザーのそのインスタンスから Smartsheet を使用してみてください。 (Chrome の場合、シークレットモードでは拡張機能が自動的に無効になります。 また、キャッシュ Cookie の動作も排除されます。 Chrome で拡張機能を使用する方法の詳細については、Google ウェブ ストア ヘルプのサイトをご覧ください)

Smartsheet がシークレット ブラウザー インスタンスから動作する場合は、この記事の次のパートに進んでください。 (シークレット ブラウザー インスタンスから Smartsheet が動作しない場合は、Smartsheet ステータスページで、より広範なシステムの問題について確認してください)

  1. Smartsheet からログアウトします。
  2. Smartsheet で使用するブラウザーの拡張機能にアクセスします。 これを行うには、以下の表のブラウザーのバージョンの手順に従います。
  3. すべての拡張機能を無効化します。
  4. Smartsheet を再起動して、問題が解決したかどうかを確認してください。

拡張機能を無効にすることで問題が解決した場合は、一度に 1 つずつ拡張機能を再度有効にして、問題の原因となっている拡張機能を確認します。

ブラウザーのタイプ 拡張機能にアクセスするには
Chrome ブラウザーの右上にある [その他] アイコンをクリックしてから、[その他のツール] > [拡張機能] をクリックします。
Firefox メニュー ボタンをクリックし、[アドオン] アイコンをクリックして、[拡張機能] を選択します。
Safari ブラウザーの右上にある Safari 設定 (ギア) アイコンをクリックし、[環境設定] > [拡張機能] を選択します


特定の拡張機能が Smartsheet に影響を与えていると判断した場合は、拡張機能の問題を Smartsheet サポートに報告してください。問題を開発チームに報告して、修正できる可能性があります。

ステップ 3: (Windows のみ) TLS が有効になっていることを確認します

Windows コンピューターを使用している場合は、トランスポート層セキュリティ (TLS) セキュリティ プロトコルが有効になっていることを確認してください。

  1. 画面左下の [スタート] ボタンをクリックします。
  2. [コントロール パネル] を選択します。
  3. [ネットワークとインターネット] を選択します。
  4. [インターネット オプション] ウィンドウを開き、[詳細設定] タブをクリックします。
  5. 下にスクロールし、[TLS 1.0 を使用する][TLS 1.1 の使用][TLS 1.2 の使用] のチェックボックスをオンにします。
  6. [OK] をクリックします。

https://app.smartsheet.com を開き、Smartsheet のログイン画面を再度読み込みます。

ステップ 4:  IT グループと協力して、アクセスを確保します

会社のネットワークで Smartsheet を使用している場合 (仮想プライベート ネットワーク (VPN) 経由での使用を含む) は、会社のネットワークや VPN を使用していない個人用のデバイスから Smartsheet にアクセスしてみてください。 会社のネットワークや VPN を使用していない状態で Smartsheet にアクセスした際にエラーが発生しない場合は、サーバーやセキュリティの設定によってネットワーク アクティビティがブロックされ、アクセスに問題が生じている可能性があります。

Smartsheet に確実にアクセスするには、ITグループに、会社の許可リストに以下を追加するよう依頼してください。

 *.Smartsheet 
s3.amazonaws.com

IP アドレスは定期的に変更される可能性があるため、IT 部門は、特定の IP アドレスではなく、ドメインを許可リストに追加する必要があります。
 

Last review in SalesForce
1720718677
この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ