Smartsheet における SAML と SSO - 概要 (エンタープライズのみ)

適用対象

Smartsheet

この ヘルプ記事 は以下の学習トラックで取り上げています

セキュリティ アサーション マークアップ ランゲージ (SAML) と シングル サインオン (SSO) を使うことで、組織/団体のセキュリティ設定をエンタープライズ仕様の Smartsheet アカウントへと拡張でき、従業員が組織/団体の資格情報を使って Smartsheet にサインインできます。 SAML が設定されると、会社のネットワークに所属する従業員は、ログイン ページの [組織/団体アカウント] ボタンで会社から提供された SSO 資格情報で認証できます。

Smartsheet で SAML ベースの SSO を設定するには、組織/団体の ID プロバイダー (IdP) を Smartsheet に接続するよう構成し、組織/団体の DNS に記録を追記する必要があります。 この機能の設定とメンテナンスには、内部の技術者によるサポートが必要となる場合があります。

Smartsheet では、SSO 用の SAML 2 と以下の SAML 2 準拠 ID プロバイダーをサポートしています: 

    •    OneLogin
    •    ADFS
    •    Shibboleth
    •    PingIdentity
    •    Okta

SAML の設定とメンテナンスのリソース

Smartsheet での SAML ベースの SSO の設定とメンテナンスに関する詳細は、以下のリソースをご覧ください。