SAML についてよく寄せられる質問と一般的なエラー

Smartsheet の設定、維持、またはSAML ベースの シングル サインオン (SSO) サービスでのログインに関してユーザーからよく寄せられる質問に対する回答は、以下のとおりです。 SAML の設定と維持の手順についての詳細は、「Smartsheet における SAML と SSO - 概要」をご覧ください。

[組織/団体アカウント] ボタンで Smartsheet アカウントにサインインできない理由は?

以下に起因している可能性があります。

  • ブラウザーに古いログイン情報が保存されています。 もう一度サインインする前に、ブラウザーのクッキーとキャッシュを削除します。
  • ユーザー情報を認証する ID プロバイダー (IdP) のプロファイルが追加されていないか、プロファイルを更新する必要があります。 組織/団体の IdP 管理者または IT 部門と共に、プロファイル情報が IdP に存在していることを確認します。
  • ドメインが関連付けられているアカウントにユーザーが追加されていない可能性があります。 ユーザーをアカウントに追加するには、システム管理者に連絡してください。

問題が解決しない場合は、さらなるトラブルシューティングを実施するため、表示されているエラーメッセージの画面キャプチャを Smartsheet サポート チームまでお送りください

証明書の有効期限が近づいているとの通知を受け取った場合は?

SAML の期限切れ IdP 証明書の置き換え」に記載されている手順に従い、Smartsheet の証明書の情報を更新できます。 Smartsheet で変更を行う前に、ID プロバイダー (IdP) で生成された新しい証明書が必要です。

[組織/団体アカウント] ボタンで Smartsheet にサインインすると、ブラウザーに「セキュリティ保護されていないネットワーク」と表示される理由は?

SAML にログインするには、セキュリティ保護されているネットワークが必要です。 このようなメッセージを受け取った場合は、以下を確認してください。

  • サインインする前に、デバイスが組織/団体の内部ネットワークに接続されていることを確認してください。
  • VPN で組織/団体のネットワークに接続する場合、VPN がオンラインで接続されていることを確認します。

問題が解決しない場合は、さらなるトラブルシューティングを実施するため、表示されているエラーメッセージの画面キャプチャを Smartsheet サポート チームまでお送りください

Smartsheet の IdP メタデータを更新するオプションが利用できない理由は?

別の Smartsheet アカウントとして同じエンティティ ID を使用している場合は、メタデータを編集できません。 該当する Smartsheet アカウントのシステム管理者は「SAML の期限切れ IdP 証明書の置き換え」ページの手順に従い、すべてのメンバーのメタデータを更新してください。

別の Smartsheet アカウントのシステム管理者が不明な場合は、サポート チームまでお問い合わせください。必要な情報を見つけるためのサポートを行います。

SAML の設定でメタデータの検証手順に従っている時にエラーが表示された理由は?

このステップで表示されるエラーは、メタデータに関する特定の問題を呼び出します。 表示されるエラーの例は以下のとおりです。

  • DNS 検証ができませんでしたDNS エントリが伝搬されていることを確認し、もう一度やり直してください 
  • ドメインは既に IdP と関連付けられています
  • SAML メタデータがありません

組織/団体の IdP 管理者と共にメタデータ クレームを調整し、その後 SAML の設定手順を繰り返します。 Smartsheet の承諾済みのクレーム例は、「Smartsheet での SAML 設定とクレームサンプル」ページをご覧ください。

Smartsheet の IdP にドメインを追加する方法は?

アクティブ IdP が 1 つ以上ある場合は、IdP にドメインを追加し、ドメインのすべてのユーザーがその IdP に対して認証されることを確認します。 追加されたドメインと一致しないドメインを保有するユーザーは、既定の IdP に対して認証されます。

  1. ドメインを追加するには、[IdP の編集」ウィンドウで [ドメイン (高度)] の横の [編集] をクリックします。
  2. 新しいドメインを入力して (例: “contoso.com”)、[ドメインの追加] をクリックします。