適用対象

Smartsheet
  • Business
  • Enterprise

機能

この機能を使用できるユーザー

システム管理者は、管理センターへのログインとユーザー管理機能へのアクセスが可能です

管理センター: ユーザーの追加、編集、非アクティブ化

管理センターのユーザー管理機能により、ユーザーを個別に、または一括で追加、編集、非アクティブ化できます。また、複数のユーザー レポートの作成、アイテムの所有者権限の移行、プランの共有 Smartsheet アイテムに対する外部ユーザーのアクセス権の取り消しも可能です。

PLANS

  • Business
  • Enterprise

権限

システム管理者は、管理センターへのログインとユーザー管理機能へのアクセスが可能です

管理センターにログインする

ユーザー管理機能にアクセスするには、管理センターにログインし、左上のメニューから [ユーザー管理] を選択します。

メインのシステム管理者が不在の場合に備えて、複数のシステム管理者をアカウントに割り当ててください。ユーザー タイプの詳細に関する記事をご覧ください。   


ユーザーを個別に追加する

  1. ユーザー管理ページ左上の [ユーザーの追加] ボタンを選択します。
  2. 左側の [ユーザーの追加] パネルで、ユーザーの詳細を入力します。
  3. [招待する] を選択して、そのユーザーに招待を送信します。ユーザーが組織/団体のアクティブなメンバーとなるには、招待を承諾する必要があります。

    特定のステータス (ライセンスなし、アクティブなど) を持つユーザーを見つけるには、右上の [すべてのユーザーを表示] を選び、そこで選択します。

ユーザー追加時のエラー

ユーザーは複数のプランに所属できますが、各プランに固有のメール アドレスを使用する必要があります。すでに別のプランで使用されているメール アドレスでユーザーをプランに招待すると、「このユーザーは別のアカウントに所属しています」というエラー メッセージを受信します。

これを解決するには、そのユーザーから別のメール アドレスを受け取り、その新しいアドレスを用いて再度招待します。ユーザーが別のプランのシステム管理者に、そのプランからユーザーを削除するよう依頼することもできます。Smartsheet プランに関連付けられているメール アドレスの管理の詳細に関する記事をご覧ください

Smartsheet では、配布リストは新しいアカウントの有効なメール アドレスとして、またはワークフローの自動化コミュニケーションの対象先として認識されません。

ユーザーのプロパティを編集する

  • ユーザーを個別に編集するには、[ユーザー管理] リストからユーザー名を選択します。右の [ユーザーの編集] パネルで変更を加えます。
  • ユーザーのその他のアクションにアクセスするには、右上に表示される を選択します。詳細情報
使用するページ使用目的
一般情報ユーザーの名前と役割、プレミアム アプリケーションの役割を編集し、プライマリ メール アドレスを表示します。
プロファイルユーザーの役職、部門/部署、組織/団体、電話番号、職種を編集します。
グループユーザーが所属しているグループを表示し、グループの詳細の確認やユーザーのグループからの削除を行います。
代替メール アドレス *代替メール アドレスをユーザーのアカウントに追加したり、代替メール アドレスをプライマリ メール アドレスにしたりします。ユーザーは [ユーザー管理] から代替メール アドレスを削除できることにご注意ください。

代替メール アドレスを追加すると、そのアドレスに確認メールが送信されます。代替メール アドレスを追加するには、ユーザーが変更を確認する必要があります。


ユーザーの一括追加

複数のユーザーを一度に追加するには、使用する名前と電子メール アドレスが入力されたコンマ区切り値 (CSV) ファイルを作成する必要があります。アップロードする CSV ファイルはそれぞれ 1,000 行に制限されています。そのため、追加できる新規ユーザーの数は、CSV ファイルあたり最大 1,000 人です。

リストの CSV ファイルを作成したら、[ユーザー管理] ページからそのリストをインポートできます。

既にプランに追加されているユーザーのメール アドレスが CSV ファイルに含まれている場合、それらのメール アドレスが再度追加されることはありません。

  1. [ユーザー管理] ページ左上の [その他のアクション] ボタンを選択します。
  2. [ユーザーのインポート...] を選択します。

    Brandfolder Image
    Import users option
  3. [ユーザーのインポート] ポップアップ ウィンドウで次の手順を実行し、追加する名前、メール アドレス、役割を記載した CSV ファイルを作成します。
    • テンプレート ファイルをダウンロードする
    • ユーザー情報を入力し、役割を割り当てる
    • CSV ファイルをアップロードする

      Brandfolder Image
      Import Users form
  4. [インポート] を選択します。

    CSV ファイルに含まれるすべてのメール アドレスに、確認メールが直ちに送信されます。チーム プランまたはエンタープライズ プランに組み込むには、受信者がメールで [承諾] を選択する必要があります

留意点
  • 新しいプランに参加しても、ユーザーは以前に自身が作成したシートや共有されたシートにアクセスできます。
  • プランにユーザーを追加すると、自分およびユーザー管理画面に表示されているユーザーは、連絡先リスト列のユーザーにタスク行の割り当てを行うことができます。
  • 招待を承諾したライセンス ユーザーの Smartsheet プランでは、そのユーザーがすでに Smartsheet で自身のブランディングを設定していない限り、招待者の設定した色設定とロゴが引き継がれます。これにより、全シートで統一したブランディングを確立しやすくなります。
  • 既定では、チームのすべてのユーザーが画面に表示されます。一番上のドロップダウン リストから、ユーザー タイプ (ライセンスあり、ライセンスなし、管理者、非管理者、リソース管理者など) でリストをフィルタリング可能です。テキスト フィールドに名前またはメール アドレスを入力してユーザーを検索することもできます。

CSV ファイルのフォーマット例をご紹介します。

メール アドレス
花子鈴木hanako.suzuki@smartsheet.com
一郎山田ichiro.yamada@smartsheet.com
二郎佐藤jiro.sato@smartsheet.com

ユーザー プロパティの一括編集

[基本権限を一括更新...] オプションを使用すると、プラン内の複数のユーザーのユーザー タイプを一度に変更できます。これを行うには、ユーザー リストを CSV ファイルとしてダウンロードし、ユーザー リストの値を変更してから、リストを Smartsheet にアップロードし直します。

この編集方法により、ユーザー ライセンスを取り消すことができます。実行後に、ユーザーから所有者権限を移行する必要がある場合もあります。

[基本権限を一括更新...] オプションを使用して、ステータスが招待済みのユーザーのユーザー タイプを編集することはできません。これらのプロパティは、ユーザーがプランへの招待を承諾した場合にのみ編集可能です。

ユーザーを一括更新するには:
  1. [ユーザー管理] ページ左上の [その他のアクション] ボタンを選択します。
  2. [基本の権限を一括更新...] を選択します。

    Brandfolder Image
    Update user permissions in bulk option
  3. ユーザー属性を更新するには、[基本権限の一括更新] ポップアップ ウィンドウで、次の手順を実行します。
    • ユーザー リストをダウンロードする
    • ユーザーの役割を更新する
    • CSV ファイルをアップロードする

      Brandfolder Image
      Update user permissions in bulk form
  4. [インポート] を選択します。

プレミアム アプリとコネクタ

プレミアム アプリケーションおよびコネクタのユーザーの役割と権限を編集できます。

  • アカウントのプレミアム アプリケーションおよびコネクタへのアクセスを有効または無効にするには、各ユーザーのスライダーを切り替えます。
  • 役割と権限を一括で変更するには、[ユーザー管理] ページの [プレミアムアプリの権限を一括更新] オプションを選択します。詳細情報
Brandfolder Image
Premium app toggles in Admin Center
この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ