Enterprise Plan Manager 概要

適用対象

Smartsheet
  • Enterprise

機能

この機能を使用できるユーザー

Enterprise Plan Manager を使用するには、メイン プランの管理者である必要があります。

組織/団体が拡大するにつれて、さまざまな部門が独自に Smartsheet を導入して作業を管理していることに気付くかもしれません。 これまでは、セキュリティとガバナンスの制御をSmartsheet のすべてのプランに一元的に適用するには、複数のプランを 1 つのプランに統合し、そのプランに必要なセキュリティ制御を設定する必要がありました。

しかし現在では、Enterprise Plan Manager (EPM) を使用することで、組織/団体のすべての Smartsheet プランに、統一したセキュリティ、ガバナンス、およびコンプライアンスの要件を適用できるようになりました。

EPM を使用して、次の 2 つのレベルでプランの階層を作成します。

  • メイン プラン: このプランはポリシーを設定し、ファミリーにプランを追加します。
  • マネージド プラン: これらのプランは、メイン プランからガバナンス ポリシーを継承します。

他のエンター プライズプランは EPM でのみ管理できます。 EPM で管理する前に、ビジネス プランまたは個人プランをエンタープライズにアップグレードするか、メイン プランに結合する必要があります。

メイン プランを指定する

通常は、IT 部門の既存のプランを使用するか、Smartsheet エンタープライズ プランを作成してそれをメイン プランとします。 このプランにて、認証、ユーザー プロビジョニング、ドメインの検証を制御します。 このプランの管理センターから、ポリシーを設定し、組織内の他のプランをファミリーに追加します。

管理センターから Enterprise Plan Manager にアクセスする

Smartsheet カスタマー サクセス マネージャーまたはテクニカル アカウント マネージャーに連絡して、メイン プランを指定してください。

メイン プランで組織/団体ビューを使用して、プラン管理タスクを実行します。 IT チームのユーザーを管理するには、メイン プラン ビューを使用します。 管理センターの左メニューの下部にてビューを切り替えます。

 

ドメインを検証する

メイン プランの管理者がドメインを検証すると、Smartsheet は、代表連絡先のメール アドレスがそのドメインと一致するすべてのプランを特定します。 メイン プラン以外のプランはマネージド プランになり、メインプ ランの設定を継承します。 このプロセスは誰のプランにも影響しません。 検証済みのドメインで Smartsheet を使用しているユーザーを表示するだけです。

複数のドメインを検証できます。

認証を構成する

EPM で、組織/団体内の全員が Smartsheet へのアクセスに使用するサインイン方法を構成します。 サインイン方法として SAML を使用している場合は、ユーザー移動ポリシーを設定して、ユーザーがその人の役割に最も適切なプランに割り当てられるようにすることができます。

ファミリーにマネージド プランを追加する

ファミリーにプランを追加すると、そのプランは自動的にマネージド プランになり、UAP/ドメインと認証を構成するプランの機能が無効になります。 ファミリーに参加するためにマネージド プランの管理者が何かアクションを起こす必要はありません。 プランが EPM によって管理されると、自動的にファミリーに追加されます。 ベスト プラクティスとして、マネージド プランのシステム管理者には、そのプランがコンプライアンス下に入ることを知らせましょう。

自動ユーザー プロビジョニング (UAP) を設定する

これで、検証済みドメインの新しいユーザーが Smartsheet にログインすると、メイン プランに自動的にプロビジョニングされるようになります。 オプションで、ユーザー移動ポリシーを設定して、ユーザーがその人の役割に最も適切なプランに割り当てられるようにすることができます。
 

以上です。 これで、組織全体がメイン プランで設定されたポリシーを使用することになります。