Azure Active Directory で Smartsheet ユーザーを管理する

Azure Active Directory (Azure AD) を活用すると、Smartsheet アカウント ユーザーのプロファイル データのプロビジョニング、プロビジョニング解除、および管理を行えます。

この機能を使用できるユーザー

ユーザーの役割のアイコン システム管理者および IT 管理者は、Smartsheet で Active Directory をセットアップできます
ユーザーの役割のアイコン システム管理者Azure AD 管理者でもある場合は、AD を介してユーザーの管理 (プロビジョニング、プロビジョニング解除、ユーザー プロファイル情報と役割の変更) を実施できます
プラン タイプのアイコン Smartsheet のエンタープライズおよびプレミア アカウント
プラン タイプのアイコン Azure AD Basic、Premium P1、および Premium P2 アカウント

はじめる前に、次の手順を実行してください。

  1. Smartsheet アカウント担当者に連絡して、組織のアカウントでこの機能を有効にしてください。 アカウント担当者に Smartsheet アカウントのエスクロー ユーザー情報を知らせてください。 プロビジョニング解除されたユーザーが所有するすべてのオブジェクトは、このエスクロー ユーザーに転送されます。
  2. [アカウント] > [ユーザー管理] > [その他のアクション] > [ユーザー リストのダウンロード] を選択して、Smartsheet から現在のユーザー リストをダウンロードします。 (詳細については、「ユーザー アカウントの管理」を参照してください。) このリストを参照として使用し、Azure AD で正しい役割をユーザーに割り当てます。

Azure AD を Smartsheet に接続する

  1. システム管理者の資格情報で Smartsheet にサインインします。
  2. Smartsheet で、[アカウント] > [アプリと統合] > [API アクセス] > [新しいアクセス トークンの生成] から API トークンを生成します。

    注: 生成されたトークンは資格情報を使用して実行されます。これはアカウントへのパスワードですので、そのように扱ってください。
     
  3. Azure AD で、組織の IT 管理者と協力して、システム管理者が生成した Smartsheet API トークンを使用してギャラリー タイルを構成します。

これで完了です。 タイルを構成すると、Azure AD を使用してアカウント内のユーザーを管理できるようになります。

ユーザー リスト レポート

アカウント内のユーザーを管理するように Azure AD を構成したら、ユーザー リスト レポートをダウンロードできます。 このレポートは、システム管理者のみが利用できます。

[アカウント] > [ユーザー管理] > [その他のアクション] > [ユーザー リストのダウンロード] を選択して、Smartsheet から現在のユーザー リストをダウンロードします

ユーザー リスト (csv) のダウンロード

このレポートには、次のフィールドがあります。

  • 名前
  • メール アドレス
  • ステータス
  • 事業部
  • 部門/部署
  • コスト センター

事業部部門/部署、およびコスト センター データは、Active Directory サービスを通じて入力されます。 これらのフィールドにデータがある場合、これらのフィールドのデータはユーザー リスト レポート に表示されます。 これらのフィールドに Directory サービスからのデータがない場合、レポートでは空白になります。

注: 正確な更新間隔は Directory サービスによって決定されますが、レポート内のデータは Directory サービスと自動的に同期する必要があります。