関数リスト

Smartsheet には、一般的なスプレッドシートプログラムに共通して使用されている関数が用意されています。また、おそらく Smartsheet でのみ可能な作業 (階層形式のリストでのデータ作業など) を助ける関数もいくつか用意されています。これらの関数を数式に使用すれば、たとえばデータを操作したり、日付の追加や削除を行ったり、計算をしたりすることができます。

以下に Smartsheet にてご利用いただける関数をすべてご紹介いたします。

タイトル 構文 説明
ABS
数値
ABS(
  • 数値
)
数値の絶対値を返します。 詳細情報
ANCESTORS
階層
ANCESTORS(
  • [
    参照
    ]
)
別の関数で使用し、セルの階層にあるすべての親を参照します。 詳細情報
AND
論理
AND(
  • 論理式1
  • [
    • 論理式2
    • ...
    ]
)
別の関数で使用し、与えられた論理式がすべて true である場合、true を返します。 詳細情報
AVERAGEIF
高度
AVERAGEIF(
  • 範囲
  • 条件
  • [
    平均範囲
    ]
)
指定の条件に一致する数値の範囲の平均値を返します。 詳細情報
AVG
数値
AVG(
  • 数値1
  • [
    • 数値2
    • ...
    ]
)
与えられた数値の平均値を返します。 詳細情報
AVGW
高度
AVGW(
  • 範囲
  • 加重範囲
)
加重平均を返します (各値が関連する重要性により加重された平均値)。 詳細情報
CEILING
数値
CEILING(
  • 数値
  • [
    倍数
    ]
)
数値を、基準値の倍数のうち最も近いものに切り上げます。 詳細情報
CHAR
数値
CHAR(
  • 数値
)
数値を文字に変換します。 詳細情報
CHILDREN
階層
CHILDREN(
  • [
    参照
    ]
)
別の関数で使用し、参照された親行の子行を参照します。 詳細情報
COLLECT
高度
COLLECT(
  • 範囲
  • 条件範囲1
  • 条件1
  • [
    • 条件範囲2
    • 条件2
    • ...
    ]
)
別の関数の中で使用し、ある範囲内にて、提供された条件に合致する特定の値を収集します。 詳細情報
CONTAINS
論理
CONTAINS(
  • 検索対象
  • 範囲
)
別の関数で使用した文字または文字列を検索します。検索対象が見つかれば true、見つからなければ false を返します。 詳細情報
COUNT
数値
COUNT(
  • 値1
  • [
    • 値2
    • ...
    ]
)
空欄でない値をカウントします。 詳細情報
COUNTIF
高度
COUNTIF(
  • 範囲
  • 条件
)
指定された範囲内で条件に一致するセルの個数を返します。 詳細情報
COUNTIFS
高度
COUNTIFS(
  • 範囲1
  • 条件1
  • [
    • 範囲2
    • 条件2
    • ...
    ]
)
指定された範囲内で指定された条件すべてに一致するセルの個数を返します。 詳細情報
DATE
日付
DATE(
)
日付を表す年、月、日の値の組み合わせです。 詳細情報
DATEONLY
日付
DATEONLY(
  • 日付と時間
)
「日付」列で使用され、日付/時間の値のうち日付を抽出します。 詳細情報
DAY
日付
DAY(
  • 日付
)
1 を 1 日目として、日付を表す 1 から 31 の数値を返します。 詳細情報
DECTOHEX
数値
DECTOHEX(
  • 数値
)
10 進数を 16 進数の値に変換します。 詳細情報
DESCENDANTS
階層
DESCENDANTS(
  • [
    親行のセル
    ]
)
別の関数で使用し、参照された親行のセルのすべての子孫行を参照します。 詳細情報
DISTINCT
高度
DISTINCT(
  • 範囲
)
別の関数で使用した、範囲内の一意の値を参照します。 詳細情報
FIND
文字列
FIND(
  • 検索
  • 検索する文字列
  • [
    開始位置
    ]
)
文字列の中のストリングの開始位置 (最初に現れる位置) を返します。 詳細情報
FLOOR
数値
FLOOR(
  • 数値
  • [
    倍数
    ]
)
数値を、基準値の倍数のうち最も近いものに切り下げます。 詳細情報
HEXTODEC
数値
HEXTODEC(
  • 16 進数
)
16 進数を 10 進数の値に変換します。 詳細情報
IF
論理
IF(
  • 論理式
  • 値が true の場合
  • [
    値が false の場合
    ]
)
論理式を評価し、true の場合は 1 つの値を返し、false の場合はもう 1 つの値を返します。 詳細情報
IFERROR
論理
IFERROR(
  • 値がエラーの場合
)
エラーでない場合は最初の値が返されます。それ以外であれば、2 つ目の値を返します。 詳細情報
INDEX
高度
INDEX(
  • 範囲
  • 行のインデックス
  • [
    列のインデックス
    ]
)
与えられた行と列のインデックスに基づいてコレクションからアイテムを返します。 詳細情報
INT
数値
INT(
)
数値の整数部分を返します。 詳細情報
ISBLANK
論理
ISBLANK(
)
値が空白かどうかを確認します。 詳細情報
ISBOOLEAN
論理
ISBOOLEAN(
)
値がブール型であるかどうかを確認します (例: チェックボックス、フラグ、または星)。 詳細情報
ISDATE
論理
ISDATE(
)
値が日付かどうかを確認します。 詳細情報
ISERROR
論理
ISERROR(
)
別の数式内の計算エラーを確認します。 詳細情報
ISEVEN
論理
ISEVEN(
  • 数値
)
値が偶数かどうかを確認します。偶数であれば true、奇数であれば false を返します。 詳細情報
ISNUMBER
論理
ISNUMBER(
)
値が数値かどうかを確認します。 詳細情報
ISODD
論理
ISODD(
  • 数値
)
値が奇数かどうかを確認します。奇数であれば true、偶数であれば false を返します。 詳細情報
ISTEXT
論理
ISTEXT(
)
値が文字列かどうかを確認します。 詳細情報
JOIN
高度
JOIN(
  • 範囲
  • [
    区切り記号
    ]
)
セルの範囲を文字列に結合し、値の間に任意の区切り記号を付けます。 詳細情報
LARGE
数値
LARGE(
  • 範囲
  • n
)
提供された範囲の n 番目に大きな数値を返します。 詳細情報
LEFT
文字列
LEFT(
  • 文字列
  • [
    文字数
    ]
)
文字列の最も左の文字を返します。 詳細情報
LEN
数値
LEN(
  • 文字列
)
文字列のスペースを含めた文字数が返されます。 詳細情報
LOWER
文字列
LOWER(
  • 文字列
)
文字列の (半角英語) 大文字を (半角英語) 小文字に変換します。 詳細情報
MATCH
高度
MATCH(
  • 検索値
  • 範囲
  • [
    検索タイプ
    ]
)
範囲内の値の相対位置を返します (参照テーブル)。 最初の位置は 1 です。 詳細情報
MAX
数値
MAX(
  • 値1
  • [
    • 値2
    • ...
    ]
)
最大数値または最も遅い日付を返します。 詳細情報
MID
文字列
MID(
  • 文字列
  • 開始位置
  • 文字数
)
指定開始位置と文字数に基づいて文字列の位置を返します。 詳細情報
MIN
数値
MIN(
  • 値1
  • [
    • 値2
    • ...
    ]
)
最小数値または最も早い日付を返します。 詳細情報
MOD
数値
MOD(
  • 被除数
  • 除数
)
数値を除数で割ったときの剰余を返します。 詳細情報
MONTH
日付
MONTH(
  • 日付
)
1 を 1 月として、月を表す 1 から 12 の数値を返します。 詳細情報
MROUND
数値
MROUND(
  • 数値
  • [
    倍数
    ]
)
数値を希望の基準値の倍数まで切り上げて返します。 詳細情報
NETDAYS
日付
NETDAYS(
  • 開始日
  • 終了日
)
2 つの日付の間の日数を返します。 詳細情報
NETWORKDAY
日付
NETWORKDAY(
  • 開始日
  • 終了日
  • [
    休日
    ]
)
2 つの日付の間の稼働日の日数を返します。 開始日が非稼働日の場合は、結果に 1 日追加されます。 詳細情報
NETWORKDAYS
日付
NETWORKDAYS(
  • 開始日
  • 終了日
  • [
    休日
    ]
)
2 つの日付の間の稼働日の日数を返します。 詳細情報
NOT
論理
NOT(
  • 論理式
)
別の関数内で使用され、逆の論理式を提供します。 詳細情報
NPV
高度
NPV(
  • 割引率
  • 数値
  • 範囲1
  • [
    • 範囲2
    • ...
    ]
)
投資の正味現在価値を、一連のキャッシュ フローおよび割引率に基づいて算出します。 詳細情報
OR
論理
OR(
  • 論理式1
  • [
    • 論理式2
    • ...
    ]
)
別の関数で使用され、与えられた論理式のうち少なくとも一つが true である場合、true を返します。 詳細情報
PARENT
階層
PARENT(
  • [
    参照
    ]
)
指定のセルの親を参照します。 詳細情報
PERCENTILE
高度
PERCENTILE(
  • 範囲
  • 百分位 (パーセンタイル)
)
範囲内で、百分率で指定した率に位置する値を返します。 詳細情報
PRORATE
高度
PRORATE(
  • 数値
  • 開始日
  • 終了日
  • 比例配分開始
  • 比例配分終了
  • [
    小数点以下の桁数
    ]
)
指定された範囲内に分割された値の位置を返します。 詳細情報
RANKAVG
数値
RANKAVG(
  • 数値
  • 範囲
  • [
    順序
    ]
)
数値を範囲内のほかの数値と比較した場合の順位を返します。値が重複する場合は平均値の順位を割り当てます。 詳細情報
RANKEQ
数値
RANKEQ(
  • 数値
  • 範囲
  • [
    順序
    ]
)
数値を範囲内のほかの数値と比較した場合の順位を返します。 詳細情報
REPLACE
文字列
REPLACE(
  • 文字列
  • 開始位置
  • 文字数
  • 新しい文字列
)
文字列内の指定開始位置から指定終了位置の文字列を置き換えます。 詳細情報
RIGHT
文字列
RIGHT(
  • 文字列
  • [
    文字数
    ]
)
文字列の最も右の文字を返します。 詳細情報
ROUND
数値
ROUND(
  • 数値
  • [
    小数点以下の桁数
    ]
)
与えられた数を希望の小数点以下の桁数で四捨五入します。 詳細情報
ROUNDDOWN
数値
ROUNDDOWN(
  • 数値
  • [
    小数
    ]
)
指定した小数点以下の桁数で数値を切り捨てます。 詳細情報
ROUNDUP
数値
ROUNDUP(
  • 数値
  • [
    小数
    ]
)
指定した小数点以下の桁数で数値を切り上げます。 詳細情報
SMALL
数値
SMALL(
  • 範囲
  • n
)
提供された範囲の n 番目に小さな数値を返します。 詳細情報
STDEVA
高度
STDEVA(
  • 範囲1
  • [
    • 範囲2
    • ...
    ]
)
サンプル値のセットに基づいて標準偏差を推定します。 詳細情報
STDEVP
高度
STDEVP(
  • 範囲1
  • [
    • 範囲2
    • ...
    ]
)
数値以外も含むサンプル値のセットに基づいて標準偏差を推定します。 詳細情報
STDEVPA
高度
STDEVPA(
  • 範囲1
  • [
    • 範囲2
    • ...
    ]
)
数値以外も含むサンプル値のセット全体に基づいて標準偏差を計算します。 詳細情報
STDEVS
高度
STDEVS(
  • 範囲1
  • [
    • 範囲2
    • ...
    ]
)
数値以外を除いたサンプル数値の母集団に基づいて標準偏差を推定します。 詳細情報
SUBSTITUTE
文字列
SUBSTITUTE(
  • 検索する文字列
  • 古い文字列
  • 新しい文字列
  • [
    置き換える数値
    ]
)
ストリングに含まれる既存の文字列を新しい文字列に置き換えます。 詳細情報
SUM
数値
SUM(
  • 数値1
  • [
    • 数値2
    • ...
    ]
)
複数の数値を足します。 詳細情報
SUMIF
高度
SUMIF(
  • 範囲
  • 条件
  • [
    合計範囲
    ]
)
範囲内にある指定された条件に合う数値を加算します。 詳細情報
SUMIFS
高度
SUMIFS(
  • 範囲
  • 条件範囲1
  • 条件1
  • [
    • 条件範囲2
    • 条件2
    • ...
    ]
)
指定された複数の条件に合う範囲内の数値を加算します。 詳細情報
TODAY
日付
TODAY(
  • [
    数値
    ]
)
「日付」列で使用され、現在の日付を返します。 詳細情報
UNICHAR
数値
UNICHAR(
  • 数値
)
数値を Unicode 文字に変換します。 詳細情報
UPPER
文字列
UPPER(
  • 文字列
)
文字列の (半角英語) 小文字を (半角英語) 大文字に変換します。 詳細情報
VALUE
文字列
VALUE(
  • 文字列
)
数値を表す文字列の値を数値に変換します。 詳細情報
VLOOKUP
高度
VLOOKUP(
  • 検索値
  • 参照テーブル
  • 列番号
  • [
    一致タイプ
    ]
)
値を検索し、同じ行の異なる列にある対応する値を返します。 詳細情報
WEEKDAY
日付
WEEKDAY(
  • 日付
)
曜日を 1 から 7 の数値にして返します (例: 日曜 = 1)。 詳細情報
WEEKNUMBER
日付
WEEKNUMBER(
  • 日付
)
1 年間のうちの週を示す値を 1 から 52 の数値で返します (例: 1 はその年の第一週目)。 詳細情報
WORKDAY
日付
WORKDAY(
  • 日付
  • 日数
  • [
    休日
    ]
)
「日付」列で使用され、指定された稼働日の日数からの日付を返します。 詳細情報
YEAR
日付
YEAR(
  • 日付
)
日付から年を 4 桁の数字で返します。 詳細情報
YEARDAY
日付
YEARDAY(
  • 日付
)
1 年間のうちの日数を示す値を 1 から 365 の数値で返します (例: 1 はその年の 1 日目)。 詳細情報