VLOOKUP 関数

値を検索し、同じ行の異なる列にある対応する値を返します。
使用例
VLOOKUP("タスク E", [タスク名]1:完了 5, 2, false)
構文
VLOOKUP(
  • 検索値
  • 参照テーブル
  • 列番号
  • [
    一致タイプ
    ]
)
  • 検索値
    検索する値。参照テーブルの最初の列に入れる必要があります。
  • 参照テーブル
    検索するセルの範囲。検索値(最も左の列)と返される値の両方を含みます。
  • 列番号
    返される値の (参照テーブル内での) 列の位置を示す数字。参照テーブルの最も左の列が位置 1 になります。
  • 一致タイプ
    —[任意]
    既定値は true です。完全一致 (false) を見つけるか、部分一致 (true) を見つけるかを指定します。
利用上の注意
  • VLOOKUP を使って別のシートのテーブルの値を検索できます。別のシートのセルの参照についての詳細は、「数式: 別のシートのデータを参照する」をご覧ください。
  • VLOOKUP で結果が得られない場合は、#NO MATCH というエラー メッセージが表示されます。このエラーのトラブルシューティングの詳細は、「数式のエラー メッセージ」をご覧ください。
  • 検索値は参照テーブルの最も左の列 (位置 1) に入れる必要があります。
  • 文字列を検索するには、LOOKUP 値を引用符で囲む必要があります (たとえば、"タスク E")。
  • 一致タイプの引数の場合:
    • 参照テーブルが並べ替えられていない場合は、一致タイプを false にします。
    • true (既定値) では、範囲が昇順に並べ替えられ、検索値と同じ、または小さい (
    • false は、最初の完全一致を返します。
  • 列の番号を数式に挿入し、どの列の値を取得するのかを指定できます。
     
    たとえば、「=VLOOKUP([在庫アイテム]3, [在庫アイテム]1:[在庫数]4, 3, false)」という数式を入力すると、4 という値が返されます。この数式は、下記の表の 3 列目の値 ([在庫数] の数字) を取得するためのものです。

    vlookup の例

この例では、次のシートの情報を参照しています。

  衣料品 販売数 アイテム番号 単価 在庫 ステータス
1 T シャツ 78 C001 15.00 true
2 パンツ 42 C002 35.50 false
3 ジャケット 217 C003 200.00 true

上記の表を例に、シートに VLOOKUP を使用した例をいくつかご紹介します。

数式 説明 結果
=VLOOKUP("T シャツ", [衣料品]1:ステータス3, 2, false) "T シャツ" のアイテム番号を返します C001
=IF([在庫]1 = 1, VLOOKUP(“T シャツ”, [衣料品]1:ステータス3, 4)) ステータスの色を返します。「在庫」列の値が 1 (true) である場合、「衣料品」列の「T シャツ」の値を参照し、「ステータス」列 (表の 4 列目) の値を表示します。 
=IF([在庫]2 = 0, VLOOKUP([行番号]2, [行番号]1:[在庫]3, 2))
 
在庫のないアイテムを返します。「在庫」列の値が 0 (false) の場合、行 2 の値を参照し、列 2 の「衣料品」の値を表示します。 パンツ
=VLOOKUP(“ジャケット”, [衣料品]2:[単価]3, 5, false) * [販売数]3 合計販売金額を返します。「衣料品」列の「ジャケット」の値を参照し、それが見つかると、「単価」列の値を導き出します (200.00)。 そしてこの値に「販売数」列の値 (217) を掛けます。 43400.00