JOIN 関数

セルの範囲を文字列に結合し、値の間に任意の区切り記号を付けます。
使用例
JOIN(タスク名]2:[タスク名]6, " - ")
構文
JOIN(
  • 範囲
  • [
    区切り記号
    ]
)
  • 範囲
    結合するセルのグループ。
  • 区切り記号
    —[任意]
    範囲内の値を区切る値。例: ハイフン、コンマ、またはスペース。区切り記号がない場合、範囲内の値はスペースなしで結合されます。例: "タスク A タスク B タスク C"
利用上の注意

これは、+(プラス記号) を使用してテキストを連結するのに代わる、もう一つの方法です。
 

<p>この例では、次のシートの情報を参照しています。</p>

<table border="1" cellpadding="1" cellspacing="1">
<thead>
<tr>
<th scope="col"> </th>
<th scope="col">衣料品</th>
<th scope="col">アイテム番号</th>
<th scope="col">発注日</th>
<th scope="col">出荷日</th>
</tr>
</thead>
<tbody>
<tr>
<td>1</td>
<td>T シャツ</td>
<td>C001</td>
<td>2019/02/12</td>
<td>2019/02/15</td>
</tr>
<tr>
<td>2</td>
<td>パンツ</td>
<td>C002</td>
<td>2019/02/15</td>
<td>2019/03/20</td>
</tr>
<tr>
<td>3</td>
<td>ジャケット</td>
<td>C003</td>
<td>2019/02/20</td>
<td>2019/02/27</td>
</tr>
</tbody>
</table>

<p>上の表を例に、シートに JOIN を使用した例をいくつかご紹介します。</p>

<table border="1" cellpadding="1" cellspacing="1">
<tbody>
<tr>
<td>数式</td>
<td>説明</td>
<td>結果</td>
</tr>
<tr>
<td>=JOIN([衣料品]1:[アイテム番号]1{0} ": ")</td>
<td>行 1 の「衣料品」列と「アイテム番号」列の値を、コロンとスペースで区切って返します </td>
<td>T シャツ: C001</td>
</tr>
<tr>
<td>=JOIN([衣料品]1:[衣料品]3{0} ", ")</td>
<td>行 1 から 3 の「衣料品」列の値を、コンマとスペースで区切って返します </td>
<td>T シャツ, パンツ, ジャケット</td>
</tr>
<tr>
<td>=JOIN([発注日]3:[出荷日]3{0} " - ")</td>
<td>行 3 の「発注日」列と「出荷日」列の日付を、スペース、ダッシュ記号、スペースで区切って返します </td>
<td>2019/02/20 - 2019/02/27</td>
</tr>
</tbody>
</table>