Sharing and Collaboration

Sharing and Collaboration

共有と共同作業

電子メールの添付ファイルとしてレポートを共有

レポートにまとめた Smartsheet の情報を共有する 1 つの方法として、電子メール メッセージの添付ファイルとして他のユーザーに送信するという方法があります。 これは 1 回だけ行うことも、定期的に自動でレポートを送信するように指定することもできます。...

複数の共同作業者との作業

同じシートで複数のユーザーが作業している場合、 Smartsheet に以下のものが表示されます。これにより、誰と作業しているか、変更が加えられたかどうかがわかります。 アクティブなユーザーの顔 (Active Faces) ([共有] ボタンの横)。...

更新リクエストを手動で送信する

シートを共有されていない人が行を更新する必要がある場合、またはシートに移動せずに誰かに数行を更新してほしい場合は、更新リクエストを送信できます。 この記事では、1 回限りの更新リクエストを手動で送信する方法について説明します。...

シートの情報を電子メールで共有する

シートやレポートから情報を電子メールで送信するにあたり、いろいろな方法を用いることができます。 手順 この方法を使うには 受信者に読み取り専用のデータを提供します。...

Smartsheet の添付ファイル/リンクを電子メールで共有する

シートまたはワークスペースにアクセスできるユーザーは、添付ファイル/リンクを電子メールでほかのユーザーに送信できます。 ファイルがシートのどこに添付されているかに関係なく (行、シート、またはコメント)、添付ファイルを送信できます。...

シート、レポート、またはダッシュボードの公開

シート、レポート、またはダッシュボードを公開すると、Smartsheet にログインせずに誰でもアクセスできる一意の URL と、Web サイトのソース コードに埋め込んでシートやレポートを表示できる iFrame コードが生成されます。 公開済みのアイテムは動的です。...

共有、権限、およびユーザー タイプ

共有権限のレベルとタスク

Smartsheet には 5 つの権限レベルがあります。他のユーザーと Smartsheet アイテムを共有する際に設定できる権限レベルは以下の通りです。 管理者 所有者 編集者 コメントする者 閲覧者 タスクと権限の詳細については、この表をご覧ください。...

新しい共同作業者への情報

Smartsheet シートを共有されたのは初めてですか? Smartsheet では、無料で簡単かつ安全にほかのユーザーと共同作業ができます。受信した共有通知のリンクをクリックして Smartsheet のパスワードを作成します。すると、すぐにシートへ移動します。...

シート、レポート、またはダッシュボードの所有権の変更

誰かを所有者にするには、その人にシート、レポート、ダッシュボードが共有されている必要があります。アイテムがワークスペースにある場合、新しい所有者にはそのワークスペースの管理者権限が必要です。 詳細については、「アイテムの共有」をご覧ください。...

アカウント レベルのユーザー タイプ

Smartsheet アカウントでできることは、ユーザー タイプによって異なります。 注: ユーザー タイプは、シートで持っているアクセス権とは関係ありません。シート内でできること、できないことは、共有権限レベル (閲覧者、編集者、管理者) によって指定され、シートごとに異なる場合があります。...

概要: シートとレポートの共有

シートやレポートに共同作業者を追加します。組織の内外の共同作業者にファイルを共有することができます。Smartsheet アカウントを持たないユーザーと Smartsheet アイテムを共有することもできますが、アカウントがないとすべての Smartsheet の機能を利用できない場合があります。...

共同作業者の削除または権限レベルの変更

アイテム所有者と、アイテムへの管理者権限を持つ共同作業者は、ほかのユーザーを共有から外したり、その権限レベルを変更したりすることができます。 編集者でもアイテムの共有を行うことができますが、そのためには編集者にアイテムを共有するときにアイテムの共有権限を付与する必要があります。...

既定の共有ビューの適用

シートの所有者または管理者レベルの共有権限を持つユーザーは、既定のビューおよびフィルターを適用して、シートを共有されているユーザーの画面に意図するシートを表示させることができます。...

ワークスペース内のアイテムの共有

ワークスペース内にシート、レポート、またはダッシュボードがある場合、ワークスペースへのアクセス権を持つメンバー全員がそのアイテムにアクセスできます。...

1 人のユーザーのすべてのアイテムを新しい所有者に移行する

ライセンス ユーザーが所有するすべてのシート、レポート、ダッシュボードを移行することができます。 特定のアイテムを選択的に移行するには、「選択したアイテムを一括移行する」セクションの手順を実施してください。...

シート、レポート、またはダッシュボードの所有権のリクエスト

アイテムを共有されている場合は、そのアイテムの所有権をリクエストすることができます。 アイテムがワークスペースにある場合、ワークスペースも共有されている必要があります。 詳細については、「アイテムの共有」をご覧ください。 アイテムを参照します。...

フォーム

フォームの情報を検証する

フォーム検証を使用すると、フォーム ビルダーでフォームにリアルタイムの検証を追加して、一貫性のあるエラーのないデータを収集できます。 [文字列/数値] フィールドと [連絡先リスト] フィールドに、単純な文字とパターン ベースの検証を追加します。...

フォームを使用して情報を収集する

フォームを作成して共有することで、Smartsheet 内で情報を収集し整理することができます。フォームを作成して共有すると、フォームのエントリが送信されるたびに、その内容が新しい行としてシートの一番上または一番下に追加されます。...

フォームの表示と送信オプションの管理

Smartsheet では、フォームをカスタマイズすることができます。 フォームのレイアウト変更、Smartsheet ブランディングの表示/非表示、セキュリティ設定の追加などが可能です。 フォームを管理するには、以下の手順に従います。...

フォームの管理と配布

フォームが作成されると、フォーム マネージャーからフォームを管理できるようになります。 フォーム マネージャーを開くには、フォームが関連付けられているシートから [フォーム] >.[フォームの管理] を選択します。...

条件付きロジックを使用してフォーム送信を合理化する

フォームに条件付きロジックがある場合、そのフォームを使用するユーザーが質問に回答した内容に基づいて特定のフィールドが表示されるので、回答内容に対応する質問のみに答えてもらうことができます。 以下にその例を挙げます。 IT ヘルプ デスク リクエストを管理するフォームを作成しました。...

フォーム アクセス時のエラー: 「このフォームは削除されています」

Smartsheet のフォームにアクセスしようとしたときに、以下のエラー メッセージが表示されることがあります。 このフォームは削除されています このメッセージは、以下の場合に表示されます。 誰かが Smartsheet からフォームを無効化または削除した。...

フォームへ要素を追加する

既存のフォーム フィールドをフォームに追加するには、左パネルでそのフィールドをクリックしてフォームの一番下に追加するか、希望の位置にドラッグ アンド ドロップします。...

フォームのフィールドを編集または削除する

フィールドを並べ替えるには、フィールドの右上にある上下の矢印をクリックするか、フィールドを上下にドラッグ アンド ドロップします。 フォームのフィールドを並べ替えても、シート内の順序は変更されません。...

Smartsheet でのスケーラブルなデータ収集のベスト プラクティス

Smartsheet ソリューションをスケールアップするためのベスト プラクティスと推奨事項を使用して、フォームのパフォーマンスを最大化します。 Smartsheet フォームは、チームがさまざまなプロジェクトの重要なデータを収集して処理する方法を合理化します。...

URL クエリ ストリングにてフォームに異なる既定値を設定

フォームを作成した後に、クエリ ストリングを使用することで、Smartsheet アプリ外部の URL をカスタマイズできます。 カスタマイズしたフォーム リンクにユーザーがアクセスすると、フォーム フィールドがその URL の情報を取り込み、記録します。...

オフライン時にモバイル フォームを使用する

システム管理者は、組織全体のオフライン フォームを有効にすることができます。その後、組織のプランのユーザーは、インターネット接続がなくてもフォームにデータを入力し、送信することができます。 フォームを読み込む前に、Smartsheet モバイル アプリにサインインする必要があります。...

モバイル オフライン フォームの概要

オフライン フォームにより、インターネットに接続されていなくてもモバイル アプリにアクセスし、フォームを送信することができます。個人は各フォームを自分の端末のアプリからオフラインで利用でき、システム管理者は管理センター内でこの機能をオフにすることができます。...

フォームの外観をカスタマイズする

Smartsheet で作成したフォームにカスタム カラー、背景、ロゴを追加できます。 画像を背景にする場合、サイズが 5 MB 以下の .png、.gif、.jpg ファイルを使用できます。 フォーム ビルダーの左上のフォーマットの背景 アイコンを選択します。...

Workspaces

ワークスペースの概要

ワークスペースとは、以下のことができる共有ストレージ スペースのことです。...

ワークスペースの作成と削除

複数の Smartsheet アイテムを同時に共有するには、ワークスペースを使用します。 たとえば、一連のシート、レポート、およびダッシュボードを共有するには、組織内の特定の部署で共有しているワークスペースに、該当するアイテムを保存します。...

ワークスペースの共有

ワークスペースをユーザーと共有すると、ユーザーはそのワークスペース内のすべてのアイテムにアクセスできるようになります。 共有の内容は変更可能で、ワークスペースからユーザーを削除したり、ユーザーの共有権限レベルを変更したりすることができます。...

ワークスペースでアイテムを管理

ワークスペースを作成すると、その所有者または管理者レベルの共有権限を持つユーザーは、そこに新しいアイテムを作成したり、ワークスペース内外へアイテムを移動したり、またはアイテムを削除したりできます。 ワークスペースの作成方法については、「ワークスペースの作成と削除」をご覧ください。...

ワークスペースの所有権の移行

組織内で責任の移管がある場合、ワークスペースとその中のすべてのアイテムの所有権を移行したり、引き継いだりする必要があるかもしれません。 ワークスペースを使用して、複数の Smartsheet アイテム (シート、レポート、ダッシュボード) を整理および共有するプロセスを合理化できます。...

フォルダーまたはワークスペースをコピーする

ワークスペースまたはフォルダーをコピーすると、新しいプロジェクトやクライアントで使用するシート一式を再作成するよりも簡単に行うことができます。 また、時間の節約にもなります。 100 個までのアイテムを含むフォルダーやワークスペースをコピーすることができます。...

ワークスペースにブランディング (色やロゴ) を適用する

ワークスペースを作成すると、作成時の組織/団体の色設定やロゴが受け継がれます (詳細は、色とロゴに関する記事をご覧ください)。 色やロゴを変更してワークスペース内のすべてのアイテムをブランディングしましょう。...

問題: ワークスペースとの間でアイテムを移動できない

場合によっては、アイテムをワークスペースに移動したり、ワークスペースから移動したりできないことがあります。 アイテムを移動しようとすると、スラッシュ付きの円が表示され、アイテムを移動できないことが示されます。 アイテムを移動できない理由は次のとおりです。...

校正

校正機能を使用してコンテンツの共同作業を行う

Smartsheet 校正を使えば、ユーザーとそのチームはさまざまなコンテンツをすばやくレビューし、承認できます。...

シートやレポートへの校正の追加

シートやレポートの中で、校正を追加したい行にマウス ポインタを合わせます。 [校正] 列で、[校正の追加] を選択します。 校正する必要のあるファイルを見つけてアップロードするには、[アップロード] を選択します。...

校正リクエストに対応する

受信した校正レビュー リクエストには、レビュー ページへのリンクが記載されています。このリンクにより、レビュー ページが新しいブラウザー タブで開きます。レビュー ページでは、以下のアクションを実行できます。...

校正の共同作業をする

校正の共同作業の方法は、レビュー担当者がシートへのアクセス権を持っているかどうか、およびレビュー担当者からの承認を必要とするかどうかによって異なります。 有効なメール アドレスを持つ人に対しては誰にでも校正レビューを依頼できます (ライセンスなしのユーザーや組織/団体外部の人でも構いません)。...

校正のステータスを追跡する

シートに列を追加して校正に関する情報を追跡することにより、校正の承認者や完了日時など、プロジェクトのステータスを簡単に把握することができます。これらの列の情報を使用して、自動化を実現することができます。例えば、校正のレビューが必要な場合にユーザーに自動的に通知することができます。...

添付ファイルを校正に変換する

行に既に添付している資産に対し承認を取得したい場合は、その資産を校正に変換して、Smartsheet の校正承認プロセスを利用します。 シートの右側の機能バーで、[添付ファイル/リンク] を選択します。...

連絡先と連絡先グループ

マイ Smartsheet 連絡先リストで連絡先を管理

Smartsheet 内の連絡先を使用すると、共同作業をより迅速に進めることができます。 たとえば、電子メールの送信時、シートの共有時、Smartsheet のタスクの割り当て時に連絡先を使用します。 連絡先を管理する 1 つの方法は、マイ Smartsheet 連絡先リストを利用することです。...

会話

行レベルの会話とシート レベルの会話を切り替える

会話パネルのタブで、すべての会話を確認できます。また、ビューにフィルターを適用して、シート レベルまたは選択した行の会話を表示できます。 [会話] パネルに移動します。 パネルに表示する会話を選択します。 [行]: 選択した行のすべてのコメントが表示されます。...

ターゲットされた会話へのコメントの追加

会話機能を使用して、シート、シート内の特定の行、またはワークスペースにコメントを残すことができます。 会話パネルでは、すべてのシートやレポートのコメントにアクセスすることができます。ただし、ワークスペースにおけるコメントは、コメント ダイアログからアクセスできます。...

コメントでの @メンションの使用

コメントで相手をタグ付けして、会話に加えることができます。 コメントで相手をタグ付けすると、シート内のそのコメントへのリンクが付いた通知が届きます。 相手が通知をどのように受け取るかは、その人の通知設定により異なります。...

@メンションを含む電子メール コメント に関するトラブルシューティング

@メンションで生成された電子メールに返信する際に、次のようなエラーが表示される場合があります。...

コメントにファイルを添付する

コメントにコンテキストを提供するために、ファイルを添付することができます。 [添付ファイル] を選択します。...

コメントに対してアクションを実行する

シートまたはレポートの [会話] パネルのコメント メニューには、コメントが以下のいずれかかどうかに基づいて、実行可能な追加アクションが表示されます。 そのコメントを自分が所有する コメント スレッド内に含まれる コメントにマウス カーソルを合わせて、 を選択します。...

新規コメントの作成またはコメントへの返信

シートやレポートの会話パネル、またはワークスペースのコメント セクションでは、次のタスクを行うことができます。 コメントの追加 既存のコメントへの返信 会話パネルを開きます。 コメント欄にコメントを入力します。 [コメントの投稿] を選択します。...