校正のステータスを追跡する

適用対象

Smartsheet
  • Business
  • Enterprise

機能

この機能を使用できるユーザー

シートの所有者および管理者は、校正の右のレールにある三点リーダー メニューから「校正情報」列を設定することができます。ライセンスが必要です。

シートに列を追加して校正に関する情報を追跡することにより、校正の承認者や完了日時など、プロジェクトのステータスを簡単に把握することができます。これらの列の情報を使用して、自動化を実現することができます。例えば、校正のレビューが必要な場合にユーザーに自動的に通知することができます。そして、これらの列のデータを使用して、レポートやダッシュボード ウィジェットに入力することができます。

「校正情報」列を作成する

  1. 右側の機能バーで、[校正] を選択します。
  2. [校正] ペインの上部で、[その他]列ヘッダーの [その他] アイコン > [校正情報の列を作成] の順に選択します。また、校正を作成してからアップロードする前に、校正ウィンドウの右上で [その他]列ヘッダーの [その他] アイコン > [校正情報の列を作成] の順に選択することもできます。
  3. [校正情報のタイプを選択] ドロップダウンから、追跡したい情報を選択します。
  4. プラス [+] アイコンを選択して列を追加します。

校正追跡用の列タイプ

ステータス

ステータスを「連絡先」列と組み合わせると、特定の状態にある校正の作業者を簡単に確認することができます。

  • 作成済み: 校正を追加しているが、校正リクエストは送信していない
  • レビュー中: リクエストを送信したが、変更と承認が必要である
  • 変更が必要: 校正の受信者が [変更が必要] を選択した
  • 承認済み: 校正のすべての受信者が [承認] を選択した
  • 完了済み: 校正の所有者が校正を完了としてマークした

バージョン

バージョン管理を使用した作業について詳細をご確認ください。

日付

日付は、アイテムの完了までにかかった時間を追跡するために使用します。

  • 作成日
  • 完了日

連絡先

校正のレビューを行ったユーザー、アクションを実行する必要があるユーザーを追跡します。

  • 承認者:
  • 変更の要求者:
  • 承認の保留中:

「校正情報」列の接続解除

  1. [校正] ペインを開きます。
  2. [その他]列ヘッダーの [その他] アイコン > [校正情報の列を作成] の順に選択します。
  3. 削除したい列の横にあるマイナス アイコンを選択します。

ペインからアイテムを削除しても、アイテムはシートから削除されず、列データの更新が停止するだけです。また、今後そのデータを表示したくない場合は、シートの列を削除する必要があります。

「校正情報」列に関する注意事項

  • 列を接続解除してから、同じデータ ポイントを再度マッピングすると、新しい列を取得できます。古い列が上書きされることはありません。
  • 「校正情報」列は手動で編集できますが、列のマッピングがアクティブになっている場合、手動で編集した内容もその後の変更によって上書きされます。
  • シートの「校正情報」列に変更を加えます。モバイル アプリ、WorkApps、レポートでの編集はできません。