フォームの情報を検証する

適用対象

Smartsheet
  • Pro
  • Business
  • Enterprise

フォーム検証を使用すると、フォーム ビルダーでフォームにリアルタイムの検証を追加して、一貫性のあるエラーのないデータを収集できます。

[文字列/数値] フィールドと [連絡先リスト] フィールドに、単純な文字とパターン ベースの検証を追加します。

検証タイプ

フィールド タイプ

有効な文字

有効なパターン

数値

文字列/数値

数値

ピリオド (.)

ダッシュ (-)

なし

パーセント

文字列/数値

数値

ピリオド (.)

ダッシュ (-)

なし

メール アドレス

文字列/数値、連絡先リスト

すべて

[文字]@[文字].[文字]

電話番号

文字列/数値

数値

選択した国に応じた適切な文字数にする必要があります

フォームの検証を開始する

フォームに検証を追加するには:

  1. [フォーム] メニューの [フォームの管理...] を選択し、既存のフォームを開きます。
  2. フォームの文字列/数値または連絡先リスト フィールドをクリックし、右側のフィールド設定パネルを開きます。
  3. パネルで [検証] に移動します。 既定では、[No Validation (検証なし)] が選択されています。
  4. フィールドに対して有効にしたいオプションを選択します。

フィールドの検証

検証を有効にしてフォーム フィールドに入力する

検証しながらフィールドに入力する場合、フォームの回答者の体験は、有効にした検証のタイプによって異なります。

  • 検証で特定の種類の文字が必要な場合、フィールドに無効な文字を入力することはできません。 たとえば、電話番号を検証するフィールドでは、数値以外の文字を入力することはできません。
  • 検証に特定の文字パターンが必要な場合、そのエントリはそのパターンと一致する必要があります。 パターンに一致しないものを入力してフォームの他の場所をクリックすると、フォームにエラー メッセージが表示されます。

無効なメール アドレス形式です

注:

  • フォームのフィールドに電話番号の検証を追加する際に、既定の国コードを選択できます。 フォームに記入するユーザーは、電話番号を検証するフィールドに記入する際に国コードを変更することもできます。
  • 検証エラーのあるフォームを送信することはできません。 送信するには、フォームに入力するユーザーが、最初に検証済みフィールドのエントリを修正するか、エントリを削除する必要があります (そのフィールドが必須でない場合)。