既定の共有ビューの適用

適用対象

Smartsheet
  • Pro
  • Business
  • Enterprise

機能

この機能を使用できるユーザー

シートの所有者または管理者レベルの共有権限を持つユーザーは、既定のビューを設定できます。

既定の共有ビューの適用

シートの所有者または管理者レベルの共有権限を持つユーザーは、既定のビューおよびフィルターを適用して、シートを共有されているユーザーの画面に意図するシートを表示させることができます。 たとえば、既定のビューを適用して、新しい共同作業者がシートを開くと、フィルター適用済みのカード ビューが直接開き、優先度の高いタスクのみが表示されるように設定できます。

フィルターを作成し保存してから、既定のフィルターを設定します。フィルター作成に関する詳細情報は、「フィルターを使用してデータの表示/非表示を切り替える」をご覧ください。

シートに既定のビューを設定する方法

  1. アイテムの右上にある [共有] をクリックします。
  2. [共同作業者] を選択して現在シートを共有されている Smartsheet ユーザーの一覧を表示します。
  3. [既定のビュー] の右の [編集] を選択します。 [既定のビュー] ウィンドウが表示されます。
  4. [ビュー] を、[グリッド ビュー]、[カード ビュー]、[ガント ビュー]、または [カレンダー ビュー] から選択します。 既定のフィルターおよび特定の [カード ビュー] のレーンを選択することもできます。

    注: 共有フィルターを作成し保存してから、既定のフィルターを設定します。フィルター作成に関する詳細情報は、「フィルターを使用してデータの表示/非表示を切り替える」をご覧ください。
     
  5. 保存をクリックします。

共同作業者が間違いなく同じビューにて、また同じフィルター適用にてアイテムを閲覧するようにするには、お使いのブラウザーのアドレス バーに表示されている URL を送信します。 (ビューに関する詳細情報はこちら)。
注: 既定のビュー設定はモバイル アプリには適用されません。 アプリからシートにアクセスするユーザーは、規定ではグリッド ビューになります。