シート、レポート、またはダッシュボードの所有権の変更

ユーザー間でシート、レポート、またはダッシュボードの所有権を移行する必要がある場合、アイテムごとに移行することも、一括移行することも可能です。

選択したアイテムを一括して移行する直接的なオプションはありませんが、この手順を使用すれば、複数の特定のアイテムを簡単に移行できます。

この記事では、個別に共有されたシート、レポート、およびダッシュボード (ワークスペースを含むアイテムも含む) の所有権の移行について解説します。 ワークスペース全体の所有権を移行する場合は、「ワークスペースの所有者の変更または共同作業者の削除」に関する記事をご覧ください。

はじめに

一括移行には、マルチユーザー アカウントが必要です。 ご利用中のプラン タイプがわからない場合は、 「Smartsheet のプランとユーザー タイプを特定する」をご覧ください。

シートやレポートの所有権は、ライセンス ユーザーに対してのみ移行できます。 ライセンスの詳細については、ヘルプ記事「複数ユーザー向けプランのアカウント レベルのユーザー タイプ」をご覧ください。

移行する前に必要となる要件

アイテムの移行を行う前に、以下の要件を満たしていることを確認してください。

  • ワークスペースにあるアイテムを移行する必要がある場合、新しい所有者はワークスペースの管理者または所有者である必要があり、ワークスペース レベルではなくアイテム レベルで直接共有する必要があります。 Smartsheet のアイテムを個別に共有する方法については、ヘルプ記事「シート、レポート、およびダッシュボードの共有」をご覧ください。
  • シート、レポート、またはダッシュボードの移行先は、有料ライセンスを持つユーザーである必要があります。

    注: 個別のサブスクリプション プランに登録しており、ユーザー ライセンスも別のアカウントに移行する必要がある場合は、有料サブスクリプションの移行に関する説明を参照してください。
     
  • レポートを移行する場合、移行先はビジネスまたはエンタープライズ プランのユーザーである必要があります。
  • ダッシュボードを移行する場合、移行先はビジネスまたはエンタープライズ プランのユーザーである必要があります。

アイテムごとの所有権の移行

他のユーザーにシート、レポート、またはダッシュボードの所有権を移行する

  1. 新しい所有者に、すべての共有権限と共にアイテムを共有します。 アイテムがワークスペース内にある場合、新しい所有者には管理者権限の付与が必要です。 (詳細については、「シート、レポート、およびダッシュボードの共有」をご覧ください)
  2. 共有したら、アイテムの上部にある [共有] ボタンをクリックし、表示される [共有] フォームで [共同作業者] セクションを展開します。 ([共同作業者] の隣の矢印をクリックしてください)
  3. 目的の新しい所有者の隣にあるドロップダウンで、[所有者にする] を選択します。ワークスペースのみ共有されているユーザー (共有権限の右側にあるワークスペース アイコンで示されています) は、[所有者にする] オプションを使用できません。

お試し期間が期限切れの場合、もしくは有料サブスクリプションをキャンセルしている場合は、承認の電子メールは送信されず、自動的に所有者の移行が行われます。

その後の流れ

現在のシート所有者が、電子メール内の承認リンクをクリックしてこのリクエストを承認したら、リクエストしたユーザーが新しい所有者となり、元の所有者はアイテムの管理者となります。 他の共同作業者 (存在する場合) には、シートが引き続き共有され、権限レベルも変更ありません。 依頼者には、リクエストが承認または却下されたことを知らせる確認メールが送信されます。 移行されたアイテムがシートの場合、その新しいシート所有者のアカウントのシート制限にて数えられるようになります。

Smartsheet アイテムの所有権の取得をリクエストする

Smartsheet アイテムの所有権を取得する必要があり、現在の所有者が組織内にいる場合は、所有者になることをリクエストできます。 シート、レポート、またはダッシュボードの所有権を譲り受けることができるのは、ライセンス ユーザー (無料お試しのユーザーではない) のみです。

レポートの所有権を移行する場合も、同じ方法を使用できます。

  1. 所有権の移行先となるユーザーに対してアイテムを共有し、編集者権限または管理者権限を付与します。

    注: アイテムがワークスペースにある場合は、ワークスペース (管理者レベルの共有権限) 個々のアイテムの両方を直接共有する必要があります。(個々のアイテムを共有する方法の詳細については、「シート、レポート、およびダッシュボードの共有」をご覧ください)。 個別に共有され、所有権を移行できるアイテムには、左パネルの [参照] から見ると次のアイコンが表示されます。

    ワークスペースの共有
     
  2. アイテムを共有したら、対象の新しい所有者に、Smartsheet にログインして画面上部の左パネルから [参照] をクリックするよう指示します。
  3. 所有権の移行先となるユーザーは、該当の共有アイテムが含まれているフォルダー/ワークスペースを左パネルでクリックします。 そこに含まれているアイテムが中央パネルに表示されます。
  4. 所有権の移行先となるユーザーは、該当の共有アイテムの名前を右クリックし、[自分を所有者として設定] を選択します。

所有権の移行を要求するリクエストが、現在の所有者に電子メールで送信されます。

現在の所有者が組織の無料メンバーである場合、移行はすぐに行われます。
注: Smartsheet アイテムの所有権をリクエストするには、あなたと所有者が同じ組織に所属している必要があります。 同じ組織に所属していない場合は、所有者が所有権を移行する必要があります。

その後の流れ

現在の所有者が、電子メール内のリンクをクリックしてこのリクエストを承認したら、リクエスト依頼者が新しい所有者となり、元の所有者はアイテムの管理者となります。 他の共同作業者 (存在する場合) には、シートが引き続き共有され、権限レベルも変更ありません。 依頼者には、リクエストが承認または却下されたことを知らせる確認メールが送信されます。 移行されたアイテムがシートの場合、その新しいシート所有者のアカウントのシート制限にて数えられるようになります。


アイテムの一括移行 (ビジネスおよびエンタープライズのみ)

ビジネスおよびエンタープライズ アカウントのシステム管理者は、ライセンス ユーザー間でシート、レポートおよびダッシュボードの所有権を一括移行できます。

このプロセスにより、ライセンス ユーザーが所有するすべてのシート、レポート、およびダッシュボードが移行されます。 特定のアイテムを選択的に移行する必要がある場合は、「選択したアイテムを一括移行する」セクションの手順を実施してください。

  1. Smartsheet 画面右上のアカウント画像をクリックし、[管理センター] を選択します。
  2. [アカウント サマリー] の下の [合計ユーザー数] パネルで [ユーザーの管理] をクリックします。
  3. アイテムを転送する人の右端にある縦の三点リーダー をクリックし、[所有しているアイテムの移行] を選択します。

    アイテムの移行

    ヒント: 移行する前に、[ユーザー アクセス レポートのダウンロード] を選択すると、ユーザーがアクセス可能なアイテムを確認できます。
  4. アイテムを移行する相手を選択し、[移行] をクリックします。

新しい所有者の左パネルの [参照] の 「[元の所有者のメール アドレス] から移行済み」という名前のフォルダーに、移行されたシート、レポート、およびダッシュボードが表示されます。

所有権が移行されると、元の所有者にはアイテムの管理者レベルの共有権限が与えられ、新しい所有者が所有者権限を引き継ぎます。 ほかの共同作業者 (存在する場合) にはシートが引き続き共有され、権限レベルも変更ありません。

注: 両方のユーザーが管理するワークスペースにシートある場合、そのシートは「[元の所有者のメール アドレス] から移行済み」フォルダーには移動せず、ワークスペースに残ります。


選択したアイテムを一括移行する

選択したアイテムを一括して移行する直接的なオプションはありませんが、この手順を使用すれば、複数の特定のアイテムを簡単に移行できます。

  1. ワークスペースを作成し、対象の新しい所有者に管理者レベルの共有権限でワークスペースを共有します。 (ワークスペースの詳細については、「ワークスペースの概要」を参照してください)
  2. 左パネルの [参照] に移動し、すべてのアイテムをフォルダーに配置してから、ワークスペースにドラッグ アンド ドロップします。
  3. 新しい所有者に、Smartsheet にサインインしてワークスペースを開くよう指示します。
  4. 新しい所有者がアイテムを自分のシート フォルダーにドラッグ アンド ドロップすると、新しい所有者になることができます。