共有権限のレベルとタスク

適用対象

Smartsheet
  • Pro
  • Business
  • Enterprise

Smartsheet には 5 つの権限レベルがあります。他のユーザーと Smartsheet アイテムを共有する際に設定できる権限レベルは以下の通りです。

  • 管理者
  • 所有者
  • 編集者
  • コメントする者
  • 閲覧者

タスクと権限

タスクと権限の詳細については、この表をご覧ください。

割り当てる権限レベルによって、共有するアイテム (シート、レポート、ワークスペースなど) に対して共同作業者が実行できる機能が決まります。アイテムを作成したユーザーは、そのアイテムの所有者になります。

権限レベルとユーザー タイプは対応しない場合もあります。たとえば、システム管理者であっても、ビジネス アカウントまたはエンタープライズ アカウントで共有される特定のシートに対して、閲覧者レベルの共有アクセス権しか与えられない場合があります。また、無料アカウントの共同作業者であっても、特定のシートに対して管理者レベルの共有アクセス権が与えられる場合もあります。

以下に挙げた機能の一部はライセンスを所有しているお客様のみご利用いただけます。自分がライセンスを所有しているかどうかわからない場合は、「Smartsheet プランとユーザー タイプを特定する」をご覧ください。

特定の Smartsheet アイテムについて自分に付与されている権限レベルを確認する

次の 2 つの方法があります。

  • ファイル プロパティを確認する
    1. メニュー バーで、[File (ファイル)] > [プロパティ] を選択します。
    2. [Permissions (権限)] 行で、権限レベルを確認します。
  • [Sheet Sharing (シートを共有)] フォームを開く
    1. Smartsheet アイテムの右上のエリアで、[共有] を選択します。
    2. [共同作業者] セクションで、自分の名前を検索します。メール アドレスの右側で、権限レベルを確認します。