Automated Workflows

Automated Workflows

自動化されたワークフロー

[セル値をクリア] アクションを使用してセルの内容をクリアする 

ワークフローがトリガーされたときに選択したフィールドの内容を削除するには、[セル値をクリア] アクションを使用します。 新しい [セル値をクリア] ワークフローを作成するには、[自動化] ボタンをクリックし、次に [ワークフローの作成] をクリックします。...

自動化されたワークフローでユーザーを割り当てる

自動化されたワークフローの [ユーザーを割り当て] アクションを使用すると、特定のトリガーを使用して、シートの「連絡先リスト」列にメール アドレスまたは連絡先を追加できます。...

[日付を記録] アクションで現在の日付を設定する

ワークフローがトリガーされたときに選択したフィールドに現在の日付を設定するには、[日付を記録] アクションを使用します。 日付のタイムゾーンは、シート所有者のタイムゾーンに基づきます。 詳細は、「個人アカウントの設定の調整」をご覧ください。...

自動化されたワークフローの表示と管理

ワークフローを表示します。名前、最終編集日、作成日による並べ替えもできます。 プロパティの編集, 有効化/無効化, 複製, 登録解除/登録, 削除, および表示。 ワークフローをダブルクリックするか、メニュー アイコンを選択します。 ここから、次のことができます。...

視覚的なワークフローでプロセス全体を自動化

自動化されたワークフローを活用すれば、一連のアクションにて膨大な量の作業とプロセスを自動化でき (たとえば承認プロセスなど)、さらにそれを 1 つの画面にて視覚的に確認できます。 以下に、1 つのワークフローで実現できる、便利な自動化の例をご紹介します。...

自動化されたワークフローで時間の節約と作業の高速化を実現

自動化されたワークフローを作成すると、1 つの画面で視覚的に確認できる一連の接続されたアクション (複数の関係者による自動化された承認など) を使用して、時間を節約しながら作業プロセスの一貫性を維持することが可能です。...

行った変更に対して自動化されたワークフローをトリガーする

自分自身を受信者としてアラートを設定したにもかかわらず、シートを編集しても通知されない場合は、行った変更に対する通知をオンにする必要があります。 Smartsheet での手順: [アカウント] > [個人用の設定] をクリックします。...

定期的な自動化でプロジェクトの継続的な実行を確実にする

定期的なワークフローをスケジュールして、条件に一致する行に対してワークフローが定期的に実行されるようにすることができます。 たとえば、割り当てられたチームメンバーに期限切れのタスクの毎日の更新を要求します。...

特定のタスクに対するリマインダーの設定

行レベルのリマインダーを使用すると、シート内の特定のタスクについて自分自身または他のユーザーにアラートを送信することができます。 たとえば、特定のタスクの開始予定日についてリマインダーを設定すれば、プロジェクトを順調に進めることができます。...

頻繁な変更ベースの自動化ををまとめてトリガー

自動化されたワークフローのトリガー ブロックにある [ワークフローを実行] ドロップダウンでは、変更ベースのワークフローをすぐに実行するか、それとも一定の期間内に行われた変更をまとめた上でアラートやリクエストを毎時、毎日、または毎週送信するかを指定できます。...

関係者に承認を順番にリクエストする

関係者に承認をリクエストし、一括ではなく順番に送信されるアクションを設定する場合は、単一のパスに複数の承認リクエストを設定できます。 承認リクエストは、リクエストが承認または却下されるまでワークフローを一時停止します。...

タスクの更新を自動的にリクエストする

ユーザーにシートの一部を最新の情報で更新するよう自動的に依頼するアクションがトリガーされるように設定できます。...

アラートとリクエストの内容をカスタマイズ

自動化ワークフローのアクション ブロックで、受信者に表示されるフィールドを制御して、関連する情報のみを受信者が受け取るようにします。 アラートを自動化する手順は以下のとおりです。 [メッセージをカスタマイズ] を選択します。...

条件ブロック: 自動化されたワークフローが送信する内容をフィルター

自動化されたワークフローにおけるトリガー ブロックとアクション ブロックの間で条件を定義し、結果として生じるアラートやアクションに含まれる行をフィルターできます。...

アクション ブロック: トリガーされる自動化タイプを指定

アクション ブロックでは、トリガー時にワークフローが実行する自動化タイプを選択できます。 異なるアクション タイプについては、次の表を参考にしてください。...

時間ベースの自動化されたワークフローを作成する

自動化されたワークフローのトリガー ブロックでは、(シートの「日付」列から) 日付フィールドを指定するか、手動で日付を選択することにより、指定の日付の前、後、または当日にアクションをトリガーできます。...

トリガー ブロック: ワークフローをいつ実行するかを定義

自動化されたワークフローを作成する際には、ワークフローをトリガーする条件を定義できます。...

自動化されたワークフローの作成および編集に必要な権限

以下の表は、権限レベルとライセンスに応じて、自動化されたワークフローで何ができるかを示しています。...

ブロックおよびパス: 自動化されたワークフローの構造

自動化されたワークフローの構築は、フローチャートの構築に似ています。 トリガー、条件、アクションを開始ブロックから 1 つ以上の終了ブロックまで一緒に配置します。 ワークフロー ビルダー内で、以下を実施します。 [追加] ボタンを選択します。...

セル データを動的にリクエスト メッセージの件名および本文に追加する

メッセージ プレースホルダーが追加された通知の件名欄で、各アラートまたはリクエストをもっと簡単に確認できるようにします。...

ワークフローの編集、複製、完全削除

作業プロセスの進展に伴い、自動化されたワークフローの微調整、コピー、無効化、または完全に削除する必要が出てくる場合があります。 これらのアクションはすべて、自動化マネージャーで処理されます ([自動化] > [ワークフローの管理])。 シートで、次の手順を実施します。...

通知センター: Smartsheet 内で直接アラートを受信する

通知センターを使用すると、Smartsheet で作業する際に、重要なタスクや更新情報を常に把握し、対応することができます。 通知センターでは、Smartsheet での作業中に他のアイテム (更新リクエスト、承認リクエスト、通知) にすばやく対応できます。...

Smartsheet 経由で送信される自動通知の概要

Smartsheet で共同作業している場合、Smartsheet 関連のアクティビティについての通知を電子メールで受信する可能性があります。 これらの通知は、Smartsheet プラットフォームから送信されます。 受信トレイの通知メール メッセージは以下のようになります。...

Smartsheet からの通知方法の設定

Smartsheet の「通知」機能を利用すると、電子メール、通知センター、およびモバイル プッシュ機能経由でメール通知を受け取り、どこにいても重要な更新やタスクに関する情報を入手して、アクションを起こすことができます。...

行の移動アクションを実行するためのベストプラクティス

行の移動アクションを実行する場合に、知っておくと便利な操作とベストプラクティスがあります。 特定のトリガーを使用し、条件付きパスを定義して、各ワークフローの効率を高めます。 特定の変更が行われた場合、ある日付に達した場合、または定期的に、行を別のシートに移動できます。...

アラートとリクエストの通知を受信するユーザーを制御する

自分の組織/団体に対するユーザーの関係性、および、アラートまたはリクエストの元となるシートへのアクセス権がユーザーにあるかどうかを基準にして、アラートまたはリクエストを受信できるユーザーを制御できます。 この操作は、アカウントおよびシート レベルの両方で実行できます。...

承認リクエスト: 作業アイテムのサインオフを自動的にリクエストする

承認リクエストは、シート上のアイテムを自動的に承認または拒否するようにほかのユーザーに依頼する方法です。 承認リクエストを設定すると、たとえば、発注書が上限金額を超えた場合に、Smartsheet が自動的に財務担当者に承認のリクエストを送信するようになります。...