アラート/リクエストの内容をカスタマイズ

自動化されたワークフローのアクション ブロックでは、[ユーザーにアラート送信] を選択して、ワークフローで設定されているトリガーと条件に基づいてシートの行に関するアラートをユーザーに送信できます。 

重要な日付の前、当日、または後でユーザー (連絡先フィールドに含まれているユーザー、または手動で指定したユーザー) に通知するには、[リマインダーの設定] を選択します。

条件を追加すると、そのリマインダーの関連情報に基づいて行をフィルターできます。(条件ブロックについての詳細は、こちらをご覧ください。)

自動化されたワークフローでは、たとえば、ユーザーがプロジェクト シートのタスクに割り当てられると、該当ユーザーへアラートが送信されるように設定できます。

自動化されたワークフローにおける設定方法は、次のとおりです:

  1. (アクション ブロックの右上にある) メニュー アイコン > [詳細オプション] を選択します。

    [詳細オプション]
     
  2. アラート メッセージに含めるフィールドの列を選択します。

    含めるフィールド
     
  3. [OK] をクリックします。

これで、選択した列のフィールドのみがアラート/リクエストに含まれるようになりました。

アラート/リクエストの件名や本文のカスタマイズ

アクション ブロックでは、[メッセージをカスタマイズ] をクリックしてカスタム メッセージを入力し、アラート/リクエストに関する説明を加えることができます。
[メッセージをカスタマイズ]

件名および本文にメッセージ プレースホルダーを使用することもできます。たとえば、{{タスク名}} のように入力すると、「タスク名」列のフィールドに含まれている関連データを件名や本文へ動的に追加できます。詳細は、「アラート/リクエストのメッセージの件名や本文にセル データを動的に追加」をご覧ください。

動的フィールド