特定のタスクに対するリマインダーの設定

行レベルのリマインダーを使用すると、シート内の特定のタスクについて自分自身または他のユーザーにアラートを送信することができます。 たとえば、特定のタスクの開始予定日にてリマインダーを設定すれば、プロジェクトを順調に進めることができます。

この機能を使用できるユーザー

所有者とシート管理者は、任意の受信者に対して行レベルのリマインダーを作成できます。

編集者と閲覧者は、自分自身に対する行レベルのリマインダーを作成できます。 他の受信者に対して設定することはできません。

行レベルのリマインダーを作成する

行レベルのリマインダーを作成するには:

  1. リマインダーを設定したい行で、「行アクション インジケーター」列のベル アイコン を選択します。これまでにリマインダーを設定したことがない場合は、行番号を右クリックし、メニューから [リマインダーの設定...] を選択する必要があります。

    [新しいリマインダー] ウィンドウが表示されます

    新しいリマインダー

  2. [保存] を選択します。

これで、このタスクについて通知する行レベルのリマインダーが作成されました。 リマインダーのある行については、「行アクション インジケーター」列にベル アイコンが表示されます

リマインダーを変更して、活用度を広げる

既存のリマインダーを変更するには、リマインダーがすでに設定されている行のベル アイコンを選択します。 [リマインダー] ウィンドウが表示されます。

リマインダー

[リマインダー] ウィンドウでは、次のようにしてリマインダーの削除や編集ができます。

  • 受信者: 現在の受信者に関連付けられている連絡先または列の名前を選択します。

  • タイミング: 指定した日付よりその日、またはその日付よりにリマインダーを送信します。

  • Date Trigger (日付トリガー): 日付ボタンを選択して、リマインダーを送信する特定の日付または日付列を変更します。

  • カスタム メッセージ: [メッセージの編集] を選択し、リマインダーの受信者に対するメッセージを作成します。