自動化されたワークフロー

頻繁な変更ベースの自動化をまとめてトリガー

自動化されたワークフローのトリガー ブロックにある [ワークフローを実行] ドロップダウン リストでは、変更ベースのワークフローを直ちに実行するか、それとも一定の期間内に行われた変更をまとめた上でアラートやリクエストを毎時、毎日、または毎週送信するかを指定できます。...

関係者からの承認を順番にリクエスト

関係者からの承認をリクエストする場合、1 つのパスに複数の承認リクエストを作成することで、このアクションが (すべて同時ではなく) 順番に送信されるように設定できます。このように設定すると、最初の承認リクエストが承認または却下されるまでワークフローが一時停止します。...

アラート/リクエストの内容をカスタマイズ

自動化されたワークフローのアクション ブロックでは、[ユーザーにアラート送信] を選択して、ワークフローで設定されているトリガーと条件に基づいてシートの行に関するアラートをユーザーに送信できます。...

時間ベースの自動化されたワークフローを作成

自動化されたワークフローのトリガー ブロックでは、(シートの「日付」列の) 日付フィールドを指定するか、または日付を手動で選択することにより、特定の日付の前、当日、または後でアクションをトリガーできます。...

自動化されたワークフローの作成や編集に必要な権限

ほかのユーザー (シートの共同作業者や「連絡先リスト」列に含まれているユーザーなど) が関与する自動化されたワークフローを作成するには、以下の条件を満たしている必要があります: Smartsheet のライセンス ユーザーである シートの共有権限レベルが所有者または管理者である (詳細は、「共...

ブロック/パス: 自動化されたワークフローの構造

自動化されたワークフローの構築は、フローチャートの構築と似ています。「トリガー」、「条件」、および「アクション」を、1 つの開始ブロックから 1 つまたは複数の終了ブロックへと設定していくことで、ワークフローが構築されます。...

ワークフローを編集、複製、または完全に削除

作業プロセスの発展に伴い、自動化されたワークフローを調整、コピー、無効化、または完全に削除する必要が生じる可能性があります。 このような操作はすべて、自動化マネージャー ([自動化] > [ワークフローの管理]) から実行できます。...

通知センター: Smartsheet 内で直接アラートを受信する

通知センターを利用すると、Smartsheet で作業中に、重要なタスクや更新に関する情報を入手してアクションを起こすことができます。 通知センターを利用して、作業中にほかのアイテム (更新リクエスト、承認リクエスト、通知、リマインダー) に対しすばやくアクションを起こせます。...

Smartsheet からの通知方法の設定

Smartsheet の「通知」機能を利用すると、電子メール、通知センター、およびモバイル プッシュ機能経由でメール通知を受け取り、どこにいても重要な更新やタスクに関する情報を入手して、アクションを起こすことができます。...

アラートとリクエストの通知を受信するユーザーを制御する

通知対象のユーザーと組織との関係や、アラートやリクエストの送信元となるシートにおけるそのユーザーのアクセス権に応じて、アラートやリクエストを受け取れるユーザーを制御することができます。アカウント レベルとシート レベルの両方で設定が可能です。...

承認リクエスト: 「作業アイテムの承認」を自動リクエストする

承認リクエストは、シートのアイテムの承認/却下をほかのユーザーに自動的に求める機能です。 承認リクエストを設定すると、たとえば、発注書の金額が最大金額を超えた場合に、財務部門のユーザーに自動的に承認リクエストを送信することができます。...