シート サマリー レポート

シート サマリー レポートを使用すると、チームは複数のシートにまたがって必要なサマリ ーフィールドを簡単に集計できるため、重要な情報やデータをポートフォリオ レベルのビューで素早く確認できます。

あらゆるチームのレポート作成のニーズに対応する強力な追加機能です。1 つまたは複数のシートのサマリー フィールドを 1 つのレポートに集約し、レポートの基準に基づいて主要メトリックを表示できます。

情報をすばやくグループにまとめ、関数を使用して集計し、レポート列の合計を計算できます。

レポートはダッシュボードに直接追加することも、グラフで視覚化して関係者にリアルタイムの進捗状況を伝えることもできます。

 

シート サマリー レポートからポートフォリオ ビューを作成する

シート サマリー レポートを使用すると、複数のシートのサマリー データを統合してポートフォリオ レベルのビューを作成できます。 シート サマリー レポート作成の目的:

  • 複数シートの主要なサマリー フィールドを表示して概要を確認する
  • ポートフォリオ サマリーや進捗メトリックをエグゼクティブ ダッシュボードで伝達する
  • チャート/グラフを使ってポートフォリオ レベルの統計情報を強調表示する

はじめに

  • サマリー フィールドの名前が、すべてのシートで統一されていることを確認します。 文字間のスペースや大文字/小文字といった小さな違いでさえも、情報がレポートから除外されてしまう原因となります。
  • レポート内の列の重複を防ぐため、同じ種類のデータの収集に使用するサマリー フィールドには、必ずすべて同じ列タイプを使用します。

シート サマリー レポートは、プレミアム アプリではご利用いただけません。


ポートフォリオ ビューを作成するには、シート サマリー レポートを作成し、収集する情報を定義する必要があります。

シート サマリー レポートを作成する

  1. 左パネルのプラス アイコン > [作成] > [レポート] をクリックします。
  2. レポート名を入力します。
  3. [シート サマリー レポート] オプションを選択します。
  4. [OK] を選択します。

レポートに表示するデータを定義します。

レポートを作成したら、上部のツールバーにある設定タブを使用して設定する必要があります

 

使用するタブ

使用目的

元のシート

レポートに含めるシートとシート サマリーを指定します。

 ヒント: ワークスペースを選択すると、そのワークスペース内のすべてのシートが対象範囲になります。 シートがワークスペースに追加されるか、ワークスペースから削除されると、レポートはレポートの対象範囲を動的に更新します。 フォルダーを選択すると、現在そのフォルダーにあるシートのみが追加されることに注意してください。 フォルダーの対象範囲は動的ではありません。

表示する列

レポートに表示するサマリー フィールドを選択します。

フィルター条件

レポートに表示するサマリー情報のパラメーターを定義します。

グループ

類似した値をグループにまとめることができるため、行を論理的なカテゴリや分類に整理できます。

集計

完了済みのプロジェクcountトのCountなど、レポートから重要な情報を抽出します

並べ替え

レポート上でサマリー情報を並べ替える方法を定義します。

各タブを構成したら、[保存] を選択して選択を確認します。 定義した条件に一致するサマリー データがレポートに表示されます。

これらの各構成オプションの動作の詳細については、「レポート ビルダーを使用して行レポートを作成する」を参照してください。

カスタム シート サマリー フィールドを編集する

  1. 変更する行にカーソルを合わせ、行の左側にある下向き矢印を選択します。 次に、[編集] を選択します。 または、行の任意の場所を右クリックして [編集] を選択することもできます。
    カスタム フィールドの編集
  2. 元のシートにカスタム フィールドがある場合は、「シート サマリー」ウィンドウが開きます。 または、「このシートには定義されたカスタム サマリー フィールドがありません」というメッセージが表示されます。
  3. 変更を完了したら、[保存] をクリックして終了します。

サマリー シートの数式で主要プロジェクトの指標を計算する

シート サマリー フィールドに数式を入力し、予算概要の計算、プロジェクト ステータスやプロジェクト状況の集約などを自動で行います。

この機能を使用できるユーザー

権限要件アイコン シートの所有者および管理者 (ライセンス ユーザーである必要もあります) は、新しいシートにサマリー フィールドを追加したり、フィールド プロパティを編集したり、既存のフィールド (ロックされているかどうかにかかわらず) に入力したりすることができます。所有者、管理者、および編集者は、ロックされていない既存のフィールドに入力が可能です。シートを共有されているユーザーであれば誰でも、シート サマリーを表示できます。
プラン タイプ アイコン ビジネス、エンタープライズ、およびプレミア プラン。

シート サマリーの数式を作成する

サマリーを開いて、次を実行します。シート サマリー フィールドに、等号 (=)必要な関数を入力します (「チェックボックス」フィールドに数式を入力することはできません)。

  • シート サマリーの数式で他のシート サマリー フィールドを参照する場合は、以下の表をご覧ください。
  • Smartsheet で使用できる関数の一覧は、こちらでご覧いただけます。

シート サマリー数式参照先

シート サマリーの数式を作る場合、ほかのフィールドを参照する際の参考としてこの表を使用してください。

参照目的

使用する構文

数式例
その他のサマリー フィールド (同じシート) [フィールド名]# =SUM([2016年予算]#, [2017年予算]#)
シートのセル [列名]<行番号> =SUM(支出額1:支出額3)
別のシートからのセル {シート間参照名} =COUNT({倉庫 B 在庫})

シート サマリーの凡例で記号を解説する

サマリー シートでは、シートの各アイコンや記号の意味を説明する凡例を作ります。

この機能を使用できるユーザー

権限要件アイコン シートの所有者および管理者 (ライセンス ユーザーである必要もあります) は、新しいシートにサマリー フィールドを追加したり、フィールド プロパティを編集したり、既存のフィールド (ロックされているかどうかにかかわらず) に入力したりすることができます。所有者、管理者、および編集者は、ロックされていない既存のフィールドに入力できます。シートが共有されているユーザーであれば誰でも、シート サマリーを表示できます。
使用可能プラン アイコン ビジネス、エンタープライズ、およびプレミア プラン。

シート サマリーの凡例を作成する

シート サマリー上にて、以下を実行します。

  1. シート サマリー上部に「文字列/数値」フィールドを追加し、凡例の説明を記入します。
  2. 各記号に対する「記号」フィールドをシート サマリーに追加します。フィールドの [名前] に記号の目的を入力します。フィールドごとに、シートで使用されている記号のグループを選択するようにしてください。
  3. 「記号」フィールドに、説明と一致するアイコンを設定します。

これらのフィールドをロックして、編集者が変更できないようにすることも可能です。フィールドをロックするには、フィールドの右側にあるメニュー アイコンをクリックし、[ロック] を選択します。