セットアップ方法

システム管理者は、アカウントのユーザーを管理したり、ユーザー全員に対する設定を調整したりすることができます。グローバル設定の調整方法や、マルチユーザー アカウント内でのユーザーの追加や管理方法については、この学習トラックをご利用ください。

グローバル アカウント設定の確認

グローバル アカウント設定の管理

マルチ ユーザー プランのシステム管理者は、アカウント管理ウィンドウを使用して組織/団体内のすべての Smartsheet ユーザーを対象に特定の機能を制御することができます。

  1. [アカウント] > [アカウント管理] > [アカウント設定] の順にクリックします ([アカウント] はSmartsheet 画面の右上にあります)。 

    アカウント管理者
  2. 設定を変更するには、変更したい機能やオプションの隣にある [編集] をクリックします。

以下のセクションでは、制御が可能な機能やオプションに関する具体的な説明を記述しています。

注: [アカウント設定] に表示されるオプションは、アカウントのタイプによって異なります。 これらの機能はシングルユーザーのプランでは利用できません。ご利用のプランのタイプが不明な場合は、「Smartsheet のプランとユーザー タイプを特定する」を参照してください。


すべてのマルチユーザー プランにて、グローバル レベルで変更できる機能

アカウントの検出

無料の共同作業者や Smartsheet を試用中のユーザーなど、組織/団体内でライセンスを持たずに Smartsheet を使用しているユーザーが、組織/団体内のどの Smartsheet アカウントに参加可能かを視覚的に把握できるようにするかどうかを設定します。このオプションを有効にすると、組織/団体内のユーザーからライセンス許諾のリクエストが直接届くようになります。詳細については、「組織/団体内の既存の Smartsheet プランに参加する」をご覧ください。

アラートの許可設定

通知対象のユーザーと組織との関係や通知の送信元となるシートにおけるそのユーザーのアクセス権に応じて、通知を受け取れるユーザーを制御することができます。オプションは、制限 - 高 (シートを共有されているユーザーのみ) から 制限 - 低 (すべてのメール アドレスおよび Slack などのサードパーティ統合先) まで、段階で整理されています。

注: アカウント レベルでアラート許可のレベルを上げた場合、許可レベルの低い既存シートには自動的に高くした許可レベルが適用されます。しかし、アラート許可のレベルをアカウント レベルで低くした場合、既存のシートの許可レベルは「アラートとアクションの権限設定」にて手動で調整する必要があります。 詳しくは、「シートから通知を受け取れるユーザーを制御する」をご覧ください。

色設定とロゴによるブランディング

プラン内の全員に 厳密なアカウント ブランディングを適用することができます。組織/団体用にカスタマイズしたの色とロゴ ブランディングを設定したら、さらにアカウント内のほかのユーザーがそれらを独自の色設定に置き換えられるかどうかも設定できます。

注:

  • 色設定およびロゴを変更するには、ライセンス ユーザーである必要があります。
  • アカウントの色とロゴの変更は、ワークスペースに存在していないシート、レポート、およびダッシュボードに適用されます。既存のワークスペースやアイテムには変更は適用されません。新しく作成するワークスペースには新しい色設定とロゴが適用されます。ワークスペースの色設定とロゴの変更に関する詳細は、「ワークスペースの作成とブランド設定」をご覧ください。

ロゴの表示と制限に関する詳細は、「ロゴが表示される場所、対応するファイル タイプ、およびサイズの変更方法」をご覧ください。

組織ブランディング

リソース管理

このオプションのチェックボックスをオフにすると、アカウントのライセンス ユーザーが所有するすべてのシートの [プロジェクト設定] から、リソース管理オプションが解除されます (これにより [ホーム] からリソース ビューも削除されます)。この機能に関する詳細は、「リソース管理および割り当て」をご覧ください。 

プロファイルの表示設定

個人プロファイル カードは、「連絡先リスト」列、「共有」ウィンドウ、[コメント] ウィンドウ、カード ビュー、または [マイ Smartsheet 連絡先] ウィンドウでユーザーの名前またはメール アドレスをマウスオーバーすると、表示されます。[編集] をクリックすると、組織/団体内外のユーザーに表示されるプロファイルの詳細レベル (写真や詳細の表示) を制御できます。詳細については、「Smartsheet の個人プロファイルの管理」をご覧ください。

公開オプション

このオプションのチェックボックスをオフにすると、公開機能が無効となり、シートやレポートの右パネルに [公開] ボタンも表示されなくなります。

  • シートの公開を有効にする: このオプションのチェックボックスをオフにすると、すでに公開されているすべてのシートがすぐに非公開に変わります。また、シートを誰でも閲覧できるようにするか、またはアカウントのユーザーのみ閲覧できるようにするかを選択することもできます。 この機能については、「シートの公開」をご覧ください。
  • レポートの公開を有効にする: このオプションのチェックボックスをオフにすると、すでに公開されているすべてのレポートがすぐに非公開に変わります。また、レポートを誰でも閲覧できるようにするか、またはアカウントのユーザーのみ閲覧できるようにするかを選択することもできます。 これについては、「レポートの公開」をご覧ください。
  • iCal (カレンダー) の公開を有効にする: このオプションのチェックボックスをオフにすると、シートのカレンダー ビューを iCal 形式で公開する機能が停止されます。  すでに公開されているカレンダーは、すぐに非公開に変わります。この機能については、「Smartsheet カレンダーを iCal に公開」をご覧ください。 

稼働日

横にある [編集] ボタンをクリックすると、非稼働日や休日だけでなく、プロジェクトのスケジューリングを行うときに使用する稼働日の 1 日の長さを設定できます。設定は、アカウント上のライセンス ユーザーが新しく作成するすべてのシートに適用されます。ただし既存のプロジェクト シートには適用されません。これらの設定によってプロジェクトのスケジューリングがどのように変わるのかについては、「プロジェクトシートで非稼働日と休日を設定」をご覧ください。

エンタープライズ プランのみ、グローバル レベルで変更できる機能

カスタム ヘルプ画面

ユーザーが Smartsheet の右上の [ヘルプ] をクリックしたときに表示するメニューにリンクを追加します。ヘルプ画面を活用して、各シートの担当チーム、ワークフローへの参加方法、サポートの連絡先などをユーザーに知らせることもできます。詳しくは、「カスタム ヘルプ画面」をご覧ください。 

カスタム アップグレード画面

組織/団体の Smartsheet アカウント内でライセンスのリクエストを必要とする、現在ライセンスを持たないユーザーに向けてカスタマイズしたページを表示します。アップグレード画面を使って、リクエスト処理方法の詳細についての社内用ページを表示したり、フォーム (Smartsheet のフォームについてはこちらを参照) を表示してユーザーの Smartsheet のニーズに関する情報を集め、そのユーザーにライセンスを与えるかを決定するために役立てたりできます。詳しくは、「カスタム アップグレード画面」をご覧ください。 

カスタムようこそ画面

社内の Smartsheet アカウント ユーザーが次回ログインした際に、カスタマイズしたページを表示します。ユーザーがログインする前に社内の利用規約を掲載して内容の承諾を求めたり、Smartsheet の利用方法を掲載したりといった活用方法があります。

詳しくは、「カスタムようこそ画面」をご覧ください。

ファイル添付オプション

[編集] をクリックすることで、チーム メンバーが自分のコンピューターのほか、Google ドライブ、OneDrive、Box、Dropbox、Evernote、または Egnyte などのサードパーティのクラウドからファイルをアップロードする機能を制御できます。ファイルのアップロードに関する詳細は、「添付ファイル/リンクのアップロード」をご覧ください。

グリッドの画像

このオプションのチェックボックスをオフにすると、エンタープライズ アカウントのライセンス ユーザーが所有するシート内のセルに画像を追加する機能が停止されます。セルに追加済みの既存の画像は削除されません。この機能に関する詳細は、「グリッド セルに画像を追加する」をご覧ください。