データのバックアップ

Smartsheet でデータをバックアップする方法はいくつかあります。それらの方法をこのセクションにてご確認ください。

以下のステップを実行すると、バックアップを設定できます。

Smartsheet データのバックアップ コピーを作成する

Smartsheet は 100% クラウドで動作します: 作成したシートは Smartsheet サーバーに保存されます。

データのバックアップ コピーが必要な場合は、次のいずれかを実行できます。

  • 1 回限りまたは定期的なバックアップをリクエストする。 バックアップのリクエストに関する詳細情報は、以下をお読みください。

    -または-
  • 1 つ以上のシートまたはレポートを手動でエクスポートする。 エクスポートの詳細については、記事「Smartsheet からシートやレポートをエクスポートする」をご覧ください。

バックアップのリクエスト後、バックアップの表示やダウンロードを Smartsheet で直接実行できます。


バックアップの概要

バックアップをリクエストできるユーザー

バックアップをリクエストするには、ライセンス ユーザーである必要があります。

バックアップを作成できる頻度

シートとワークスペースのバックアップは、24 時間に 1 回の頻度で作成できます。 毎日のバックアップは、以下の手順に従って一度に 1 件ずつリクエストする必要があります (スケジュールすることはできません)。

複数ユーザー向けプランのユーザーである場合は、最上位の [シート] フォルダー、または所有者権限か管理者権限を持っているワークスペースに対して、毎週の定期的なバックアップをスケジュールすることも可能です。 (お持ちのアカウント タイプがご不明な場合は、 「Smartsheet のプランとユーザー タイプを特定する」をご覧ください。)

バックアップに含まれるもの

バックアップは、次のものを含む ZIP フォルダーで構成されます。

  • バックアップをリクエストした各シートのデータの Excel (.xlsx) ファイル。 シートにコメントが含まれている場合、それらは各 Excel ブックの個別の [コメント] タブにキャプチャされます。
     
  • シートの行内に追加した画像を含むフォルダー。 (行内の画像に関する詳細は、「グリッド ビューに画像を追加する」をご覧ください。)
     
  • コンピューターまたはモバイル デバイスからシートに直接アップロードされた添付ファイルを含むフォルダー (Google ドライブ、OneDrive、Box、Dropbox、Evernote、Egnyte、URL などのオンライン ソースからの添付ファイルは、バックアップに含まれないことに注意してください)。

現在、レポートと Smartsheet ダッシュボードはバックアップできません。 (レポートをエクスポートして、そのコピーを保存できます。エクスポートの詳細については、記事「Smartsheet からシートやレポートをエクスポートする」をご覧ください。)

バックアップを使用するためのヒント

Excel ファイルのすべての書式設定が保存されるわけではありません。 そのため、文字列の折り返し (Excel の [文字列の折り返し] コマンド) などの書式設定を再適用する必要がある場合があります。

シートに階層 (サブタスクを作成するためのインデントまたはインデント解除) が含まれている場合、エクスポートされた Excel ファイルでは行がアウトライン形式で同様にグループ化されます。 Excel で行番号の左側にある [+] (プラス) アイコンをクリックすると、折りたたまれた行を展開し、サブタスクを表示できます。

Smartsheet での階層の使用に関する詳細は、「階層: 行のインデント設定/解除」をご覧ください。


バックアップのリクエスト

バックアップをリクエストするには:

  1. メニュー アイコン (Smartsheet の画面左上) >
    [参照] の順にクリックします。
  2. 左パネルの [参照] セクションを確認し、目的のワークスペースの名前または Sheets フォルダーをクリックします。
  3. シート名、シートのフォルダー名、またはワークスペース名を右クリックし、[バックアップのリクエスト] を選択します。

    注:
    • ワークスペースにシートが含まれていない場合、[バックアップのリクエスト] のオプションは利用できません。
    • レポートとダッシュボードはバックアップに含まれません。
       
  4. [バックアップのリクエスト] ウィンドウで、必要に応じて、バックアップに添付ファイル/リンクを含めたり、バックアップ完了時に電子メールが送信されるように選択できます。

    注: Google ドライブ、OneDrive、Box、Dropbox、Evernote、Egnyte、URL などのオンライン ソースからの添付ファイルはバックアップに含まれません
     
  5. [OK] をクリックします。

バックアップのリクエスト後、バックアップのダウンロードを Smartsheet で直接実行できます。

バックアップのリクエスト


定期的なバックアップ (毎週) のスケジュール

複数ユーザー向けプランのライセンス ユーザーの場合は、シート ディレクトリ内のすべてのシートと、所有者権限、または管理者レベルの権限を持っているワークスペースについて、毎週定期的にバックアップをスケジュールできます。

これらのバックアップは、コンテンツを ZIP ファイル形式で提供し、個々のシート データは Excel ブック形式で保存されます (コメントはワークブックの [コメント] タブに保存されます)。

これを有効にすると、週次バックアップは毎週土曜から月曜の間に Smartsheet が自動的に行います。

週次バックアップをスケジュールするには:

  1. メニュー アイコン (Smartsheet の画面左上) > [ホーム] の順にクリックします。
  2. [ホーム] から、左パネルの [シート] フォルダーまたはワークスペース名を右クリックし、[定期的なバックアップのスケジュール] を選択します。

    [定期的なバックアップのスケジュール] フォームが表示されます。

    注: ワークスペースにシートが含まれていない場合、[定期的なバックアップのスケジュール] のオプションは利用できません。
  3. [定期的なバックアップを有効にする] のチェックボックスをオンにします。

    (添付ファイルを含める場合、およびバックアップに関する電子メールでの通知を受信する場合は、チェックボックスをオンにします。
     
  4. [OK] をクリックします。

バックアップのリクエスト後、バックアップのダウンロードを Smartsheet で直接実行できます。

  • ワークスペースをバックアップする場合、電子メールはワークスペースの所有者のみに送信されます。
  • Google ドライブ、OneDrive、Box、Dropbox、Evernote、Egnyte、URL などのオンライン ソースからの添付ファイルはバックアップに含まれません
  • 現在、レポートとダッシュボードはバックアップできません

定期的なバックアップを無効にする

  1. メニュー アイコン (Smartsheet の画面左上) > [ホーム] の順にクリックします。
  2. [ホーム] から、左パネルの [シート] フォルダーまたはワークスペース名を右クリックし、[定期的なバックアップのスケジュール] を選択してバックアップ フォームを表示します。
  3. [定期的なバックアップの設定] で、チェックボックスをオフにします。

最近のバックアップをダウンロードする

  1. メニュー アイコン (Smartsheet の画面左上) > [ホーム] の順にクリックします。
  2. [ホーム] から、左パネルの [シート] フォルダーまたはワークスペース名を右クリックし、[バックアップのリクエスト] または [定期的なバックアップのスケジュール] を選択してバックアップ フォームを表示します。
  3. [最近のバックアップを表示] をクリックします。
  4. [シートの最近のバックアップ] ウィンドウで、[バックアップのダウンロード] を選択してダウンロードを開始します。

注: バックアップは、バックアップ日から最大 4 週間ダウンロード可能です。 4 週間後、バックアップへのリンクは使用できなくなります。