Custom Help Screens

Enterprise and Premier plans can create a custom welcome screen to share instructions and messages with your users when they login to Smartsheet.

ようこそメッセージとアップグレード画面のカスタマイズ (エンタープライズ プランのみ)

エンタープライズ プランのシステム管理者は、自分が Smartsheet アカウントに招待したユーザーに対し、カスタム コンテンツを表示できます。ようこそ画面のカスタマイズを行うと、ユーザーが初めてログインするときの画面にメッセージを表示できます。また、ヘルプ画面をカスタマイズすると、チーム メンバーに Smartsheet の使い方を説明でき、アップグレード画面をカスタマイズすると、ユーザーの Smartsheet のさらなる利用を支援することができます。
 

ようこそ画面のカスタマイズ

ようこそ画面は、ユーザー管理からエンタープライズに招待したすべての新規ユーザーが最初に Smartsheet にログインする際、および既存ユーザーが次回ログインする際に表示されます。ようこそ画面を利用して社内の利用規約を掲載し、Smartsheet を利用する前にそれらの規約への「承諾」を求めるといった活用方法もあります。
  1. 左上の [アカウント] > [アカウント管理] > [アカウント設定] をクリックします。[アカウント設定] ウィンドウが表示されます。

    注: この機能はシステム管理者のみ利用可能です。システム管理者であるにもかかわらず [アカウント管理] ウィンドウに [アカウント設定] オプションが表示されない場合は、[email protected] までご連絡ください。

  2. カスタムようこそ画面の下の編集ボタンをクリックします。[カスタムようこそ画面] ウィンドウが表示されます。

  3. カスタム コンテンツの有効化を選択すると、ユーザーに対する設定が有効になります。

  4. カスタム コンテンツが保存されている、セキュリティで保護された (https://) URL を入力します。セキュリティで保護ざれていないリンク (http://) および内部ファイルへのリンクには対応していません。Web からアクセスできるリンクである必要があります。

  5. 必要に応じて、ユーザーに承諾ボタンのクリックを要求するを選択します。これを選択した場合、ユーザーは、ようこそ画面に掲載された内容を読み理解したことを示すチェックボックスをチェックしない限り、Smartsheet を利用できなくなります。
    ヒント:ユーザー管理画面からユーザーのリストをダウンロードすると、どのユーザーが利用規約を承諾したかを確認できます。

  6. ユーザーが以前にようこそ画面を確認したかどうかにかかわらず、ユーザーが次回ログインする際にようこそ画面を表示するには、リセットをクリックします。

  7. ようこそ画面がどのように表示されるかを確認するには、プレビュー ボタンをクリックします。

  8. [OK] をクリックして変更を保存します。
 
 

社内のヘルプ画面のカスタマイズ

社内のヘルプ画面は、画面左上の [ヘルプ] をクリックして表示されるドロップダウン リストからアクセスできます。ヘルプ画面を活用して、各シートの担当チーム、ワークフローへの参加方法、サポートの連絡先などをユーザーに知らせることもできます。
  1. 左上の [アカウント] > [アカウント管理] > [アカウント設定] をクリックします。アカウント設定ウィンドウが表示されます。

    注: この機能はシステム管理者のみ利用可能です。システム管理者であるにもかかわらず [アカウント管理] ウィンドウに [アカウント設定] オプションが表示されない場合は、[email protected] までご連絡ください。

  2. カスタム ヘルプ画面の下の [編集] ボタンをクリックします。[カスタム ヘルプ画面] ウィンドウが表示されます。

  3. [カスタム リソース ヘルプ リンクの有効化] のチェックボックスをオンにすると、ユーザーに対する設定が有効になります。

  4. [ヘルプ リンク テキスト] フィールドにヘルプ画面のタイトルまたは簡単な説明を入力します。入力した内容は、画面左上の [ヘルプ] をクリックして表示されるドロップダウン リストに表示されます。

  5. ヘルプ ページの URL を入力します。Web からアクセスできるリンクである必要があります。

  6. 新しいブラウザーのタブで開くかどうか選択します。新しいブラウザーのタブで開くことを選択しなかった場合、カスタム コンテンツは Smartsheet のインターフェース上で iFrame のポップアップとして表示されます。新しいブラウザーのタブで開くことを選択した場合、新しいブラウザーのタブが開いてコンテンツが表示されます。

    : セキュリティで保護されていない (http://) URL を使用する場合は、必ず新しいブラウザーのタブで開くを選択してください。

  7. アップグレード画面がどのように表示されるかを確認するには、[プレビュー] ボタンをクリックします。

  8. [OK] をクリックして変更を保存します。

 

アップグレード画面のカスタマイズ

アカウント内のライセンスを持たないユーザーがライセンス ユーザーのみに許可されたアクションを行った場合 (たとえば、新しいシートを作成しようとしたときなど)、カスタム アップグレード画面が表示されます。この場合、ライセンスを持たないユーザーには次のメッセージが表示されます。



既定では、[アップグレード オプション] をクリックするとアカウントの主な連絡先のメール アドレスを掲載したポップアップ画面が表示され、ユーザーはライセンスのリクエストができます。このポップアップ画面がカスタム アップグレード画面に置き換えられます。アップグレード画面を使って、リクエスト処理方法の詳細についての社内用ページを表示したり、Web フォームを表示してそのユーザーの Smartsheet のニーズに関する情報を集め、ライセンスを与えるか決定するために役立てたりできます。
  1. 左上の [アカウント] > [アカウント管理] > [アカウント設定] をクリックします。[アカウント設定] ウィンドウが表示されます。

    注: この機能はシステム管理者のみ利用可能です。システム管理者であるにもかかわらず [アカウント管理] ウィンドウに [アカウント設定] オプションが表示されない場合は、[email protected] までご連絡ください。

  2. [カスタム アップグレード画面] の下の[編集] ボタンをクリックします。[カスタム アップグレード画面] ウィンドウが表示されます。

  3. [カスタム アップグレード画面の有効化] を選択すると、ユーザーに対する設定が有効になります。

  4. カスタム コンテンツが保存されている、セキュリティで保護された URL (https://) を入力します。Web からアクセスできるリンクである必要があります。

  5. 新しいブラウザーのタブで開くかどうか選択します。新しいブラウザーのタブで開くことを選択しなかった場合、カスタム コンテンツは Smartsheet のインターフェース上で iFrame のポップアップとして表示されます。新しいブラウザーのタブで開くことを選択した場合、新しいブラウザーのタブが開いてコンテンツが表示されます。

    : セキュリティで保護されていない (http://) URL を使用する場合は、必ず新しいブラウザーのタブで開くを選択してください。

  6. アップグレード画面がどのように表示されるかを確認するには、[プレビュー] ボタンをクリックします。

  7. [OK] をクリックして変更を保存します。
トップに戻る