ログイン

Smartsheet アカウントの設定方法とログイン方法をご覧ください。

以下のステップバイステップの手順に従って Smartsheet にログインします。

Smartsheet へのサインイン/サインアウト

Smartsheet にサインインするには、 https://app.smartsheet.com を開きます。

Smartsheet からログアウトするには、画面右上の [アカウント] を選択し、[サインアウト] をクリックします。

Smartsheet ログイン ページ

 


ログイン オプションを理解する

エンタープライズ アカウントをご利用の場合、表示されるログイン オプションは、Smartsheet システム管理者がログイン機能をどのように設定したかによって異なります。 エンタープライズ アカウントのシステム管理者は、これらのオプションを有効または無効にできます。 詳細については、「セキュリティ制御 (エンタープライズ プランのみ)」をご覧ください。

メール アドレスと Smartsheet パスワードでログイン 

メール アドレスのボックスにメール アドレスを入力し、[続行] を選択します。

ページが更新され、パスワードのボックスが表示されます。 パスワードを入力し、[ログイン] を選択します。 パスワードを思い出せない場合は、[パスワードのリセット] リンクをクリックします。

次回ログイン画面にアクセスすると、同じステップでメール アドレスとパスワードを入力できます。

ヒント: ログイン画面にて自動的にログインしたい場合は、[ログイン状態を保持する] ボックスをオンにしてください。 この動作は、アカウントからサインアウト ([アカウント] > [サインアウト] を選択) するまで継続します。

Google (Gmail または Google Apps) または Microsoft (Office 365 for Business) でログインする

Smartsheet で Gmail、Google Apps、または Office 365 for business のメールアドレスを使用している場合は、Google または Microsoft を選択します。

Google または Microsoft Office 365 にログインしていない場合は、Google または Microsoft Office 365 アカウント情報を入力する必要があります。また、この方法で初めてログインする場合は、Google または Microsoft Office 365 資格情報を使用する権限を Smartsheet に付与するように求められます。

その後、Google または Microsoft Office 365 for Business アカウントのメール アドレスで Smartsheet にログインできるようになります。

注: Smartsheet では、Google または Microsoft Office 365 のパスワードの受信や保存は行いません。

Apple でログイン

Apple でサインインを使用すると、Apple ID を使って Smartsheet にサインインできます。(詳細については、「Apple でサインイン: よく寄せられる質問」を参照してください)

組織/団体のアカウントでログイン (エンタープライズ プランのみ)

Smartsheet システム管理者は、シングル サインオンを有効にできます。(詳細については、「認証オプションの管理 (エンタープライズ プランのみ)」をご覧ください。)

組織/団体レベルでこの機能が有効になっている場合は、[組織/団体アカウント] ボタンを使用して Smartsheet にアクセスできます。

注: 組織/団体内のシングル サインオン ページの設定によっては、ログイン資格情報の入力が求められたり、自動的に認証されたりする場合があります。 認証されると Smartsheet に再びリダイレクトされ、アクセスが認められます。

以下のステップバイステップの手順に従って個人プロファイルを設定します。

Smartsheet の個人プロファイルの管理

個人プロファイル」機能を使用すると、共同作業中にほかのユーザーがあなたを簡単に見つけられるようになります。 以下の場所でユーザーの名前やメール アドレスにマウスオーバーすると、個人プロファイルが表示されます。

  • 「連絡先リスト」列
  • [共有] ウィンドウ (シート下部の [共有] タブをクリックします)
  • コメント
  • カード ビュー
  • [マイ Smartsheet 連絡先] リスト

個人プロファイル カード

本記事の内容:


個人プロファイルの変更

個人プロファイルをカスタマイズして、表示する情報量を変更できます。 ユーザーの所属先が組織/団体の内部または外部かによって、特定の個人プロファイルの表示/非表示を制御できます。

写真やその他の詳細の追加または変更

名前とメール アドレス以外に、写真、役職、部門/部署名、会社名、勤務先電話番号、および携帯電話番号を追加することが可能です。

個人プロファイルの詳細の追加または更新方法:

  1. 画面右上の [アカウント] > [個人用の設定] をクリックします。
  2. 左パネルで [プロファイル] を選択します。
  3. プロファイルに必要な変更を行い、[保存] をクリックします。

個人プロファイルの情報の表示方法の制御

チーム プラン、ビジネス プラン、またはエンタープライズ プランのユーザーは、プロファイルの閲覧者が組織/団体内部または外部かによって、自分の写真、プロファイル情報またはその両方を表示するかどうかを設定できます。 プロファイル表示設定のカスタマイズ方法は以下の通りです。

  1. 画面右上の [アカウント] > [個人用の設定] をクリックします。
  2. 左パネルで [プロファイル] を選択します。
  3. [表示設定] の隣の [カスタマイズ] をクリックします。
  4. [次の組織/団体内: <組織/団体名>][次の組織/団体外: <組織/団体名>] の下で、[写真の表示] チェックボックスや [詳細の表示] チェックボックスをオン/オフにします。

    注: チェックボックスをオンにできない場合は、システム管理者によってプロファイル表示設定が組織レベルで行われています。その場合、システム管理者が組織全体に対してこの設定を変更をしない限り、ユーザーが自分のプロファイル表示設定を変更することはできません。 詳細は、本記事の「システム管理者: ほかのユーザーの個人プロファイルの詳細の制御」のセクションをご覧ください。
  5. [保存] をクリックします。

ほかのユーザーがあなたの個人プロファイル カードを閲覧する際には、指定したレベルの詳細 (写真、詳細、または両方) のみが表示されます。


システム管理者: ほかのユーザーの個人プロファイルの詳細の制御

組織/団体のプロファイル表示設定の管理

システム管理者は、組織/団体内のユーザーに表示されるプロファイルの内容と、組織/団体外のユーザーに表示する内容を制御できます。

  1. 画面右上の [アカウント] > [アカウント管理] をクリックします。
  2. [アカウント管理] ウィンドウで、[アカウント設定] をクリックします。
  3. [プロファイルの表示設定] の隣の [編集] をクリックすると、[プロファイルの表示設定] ウィンドウが表示されます。
  4. [次の組織/団体内: <組織/団体名>][次の組織/団体外: <組織/団体名>] の下で、[写真の表示] チェックボックスと [詳細の表示] のチェックボックスをオン/オフにします。

ほかのユーザーが個人プロファイル カードを閲覧する際には、許可したレベルの詳細 (写真、詳細、または両方) のみが表示されます。

ユーザーのプロファイルの詳細の編集

  1. 画面右上の [アカウント] > [ユーザー管理] をクリックします。
  2. [ユーザー管理] ウィンドウで編集するユーザーの名前をダブルクリックし、[プロファイルの編集] をクリックしてそのユーザーのプロファイル情報を編集します。

注: ユーザー プロファイル情報を一括アップデートすることはできません。