シングル サインオン (SSO)

Smartsheet シングル サインオン (SSO) は、データのセキュリティを強化し、プランを利用しているユーザーに強力なパスワードと単一の資格情報のセットを使用するよう要求することにより、セキュリティ ポリシーの施行を支援します。

シングル サインオンとは、ID プロバイダー (IdP) を介して資格情報の単一のセットが複数のサービス (Smartsheet を含む) にアクセスできるようにするユーザー認証方法です。 セキュリティを強化し、ユーザー認証を制御したい企業で多く利用されています。 たとえば、IdP 内で、パスワードの長さや種類などの特定の要件を設定したり、特定のサービスへのアクセスを管理したりできます。

利用可能なシングル サインオン (SSO) オプション

Smartsheet エンタープライズおよびプレミア プランには、利用可能な以下の 3 つのシングル サインオン ソリューションが含まれています。

  • Google インテグレーション - Google アカウントの資格情報を持っている人向け
  • Microsoft Azure Active Directory - Office 365 の仕事用アカウントを持っているユーザー向け
  • Okta や ADFS などの SAML 2.0 対応アイデンティティ プロバイダー

Smartsheet エンタープライズおよびプレミア プランでは、他のログイン機能を無効にすることもできます。これにより、組織のデータへのアクセスをさらに制御できます。

SAML and SSO for Smartsheet - Overview (Enterprise Only)

With Security Assertion Markup Language (SAML) and Single Sign-On (SSO), you can extend your organization’s security preferences to an Enterprise-level Smartsheet account, allowing employees to sign in to Smartsheet with their corporate credentials. When SAML is configured, employees on the company network can use the Your Company Account button on the login page and authenticate with their company provided SSO credentials. 

Setting up SAML-based SSO with Smartsheet requires setting up your organization’s Identity Provider (IdP) to communicate with Smartsheet and adding a record to your organization’s Domain Name System (DNS). You may need to loop in an internal technical resource for assistance with setup and maintenance of this feature. 

Smartsheet supports SAML 2 for SSO, and the following SAML 2 compliant identity providers: 

    •    OneLogin

    •    ADFS

    •    Shibboleth

    •    PingIdentity

    •    Okta


SAML Set Up and Maintenance Resources

For more information on configuring and maintaining SAML-based SSO with Smartsheet, see the resources below: