ユーザー タイプと権限

Smartsheet で利用できる機能は、ユーザー タイプと権限レベルにより決まります。

Smartsheet のユーザー タイプの詳細をご覧ください。

複数ユーザー向けプランのアカウント レベルのユーザー タイプ

Smartsheet アカウントで実行できる内容は、ユーザー タイプによって異なります。

注: ユーザー タイプとシートの共有権限との間に関連性はありません。 シートで実行できる内容は、共有権限レベル (閲覧者、編集者、または管理者) によって異なり、これはシートごとに設定できます。 共有権限に関する詳細については、「共有権限レベル」をご覧ください。

この機能は、シングル ユーザー プラン タイプでは使用できません。 ご利用中のプラン タイプがわからない場合は、 「Smartsheet プランとユーザー タイプの確認」をご覧ください。

Smartsheet には、次のユーザー タイプがあります。

プレミアム アプリである Smartsheet for Jira コネクタおよび Smartsheet for Salesforce コネクタ専用のユーザー タイプもあります。

Smartsheet for Jira コネクタ:

Smartsheet for Salesforce コネクタ:


システム管理者

ユーザーを管理し、アカウント内の全員の設定を調整するために、システム管理者が指定されています。

詳細については、ヘルプ記事「マルチ ユーザー プランでユーザーを管理する」をご覧ください。

システム管理者にはライセンスは必要ありません。
 


グループ管理者

グループ管理者は、Smartsheet 連絡先リストの連絡先に基づいてグループ (グループの詳細については、「Smartsheet 連絡先グループの作成と管理」を参照してください) を作成および管理できます (詳細については、「連絡先リスト」の記事を参照してください)。 アカウント内のユーザーは、管理者によって作成されたグループに対して情報を共有したり送信したりすることができます。

グループ管理者にもライセンスが必要です。


リソース管理者

リソース管理者はすべてのシートで、アカウントの割り当て率で全員を追跡できます。 リソース管理者は、ビジネス アカウントまたはエンタープライズ アカウントのユーザー ライセンスを持っている必要があります。 (この機能の詳細については、ヘルプ記事「リソース ビュー」を参照してください。)

リソース管理者になるにはライセンスを持っている必要がありますが、リソース管理者はアカウントのすべてのメンバー (ライセンス ユーザーとライセンスなしユーザーの両方) をリソースとして追跡できます。


ライセンス ユーザー

アカウントで利用できるライセンス ユーザーの数は、アカウントの種類によって異なります。

  • 個人アカウントには、1 人のライセンス ユーザーのみがいます。 ライセンス ユーザーがアカウントの所有者です。
  • ビジネス アカウントまたはエンタープライズ アカウントには、複数のライセンス ユーザーを含めることができます。 システム管理者は、ユーザー管理フォームからライセンスを割り当てることができます。
  • 30 日間無料お試しのご利用中は、ライセンス ユーザーと見なされます。

 

Smartsheet のプロセス、プログラム、またはプロジェクトの作成、所有、管理、または推進には、有料ライセンスが必要です。 たとえば、次の作業をするにはライセンスが必要です。

  • シートとテンプレートの作成および所有 (作成できるシートの数は、プランのタイプによって異なります)
  • レポートの作成、所有、管理
  • ワークスペースの作成
  • シート、レポート、およびダッシュボードの公開
  • 列の挿入および削除*
  • 列プロパティの変更*
  • 列の非表示/再表示*
  • フォームの作成と変更*
  • 列と行のロック*
  • 更新リクエスト、自動化されたアクション、ワークフローの作成と編集
  • 他のユーザー向けにシート レベルのリマインダーと行リマインダーを作成する
  • シートのバックアップのリクエスト
  • エンタープライズまたはビジネス アカウントのリソース管理者またはグループ管理者権限の獲得
  • アクティビティ ログの表示
  • 共有フィルターの作成、削除および編集
  • 条件付き書式ルールの定義
  • 行の送信
  • プロジェクト設定の編集

* これらのアクティビティには、シートに対する所有者レベルまたは管理者レベルの共有権限が必要です。

 


無料ユーザー

無料ユーザー (ライセンスなしユーザーおよび無料アカウントの共同作業者) は、Smartsheet で管理する共同作業の重要な参加者です。無料ユーザーは、プラットフォーム内でシートとレポートの表示、編集、更新ができます。 (Smartsheet でプロセス、プログラム、またはプロジェクトを作成、所有、管理、または推進するには、有料ライセンスが必要です。)

無料ユーザーが管理者としてシートを共有されても、そのシートでフォームを作成したり、管理したりすることはできません。また、列のプロパティの挿入、名前変更、削除、表示/非表示、移動、変更もできません。 シート所有者と、シートへの管理者権限を持つライセンス ユーザーのみが、これらの機能を実行できます。

ライセンスなしユーザー

ビジネス プランまたはエンタープライズ プランでは、アカウントに「ライセンスなし」ユーザーを追加できますが、このようなユーザーは (ライセンスがないため) シートを作成したり所有したりすることができません。 また、ライセンスなしユーザーは、アカウントのユーザー数の制限の対象として数えられません。

上記のとおり、リソース管理者はライセンスなしユーザーのタスク割り当てを追跡でき、システム管理者はライセンスなしユーザーのアカウントを管理できます。 ライセンスなしユーザーは、閲覧者 (読み取り専用)、編集者 (セル データの編集が可能)、または管理者 (シートの管理が可能) として共有シートにアクセスしたり、指定の共有権限レベルによってはシートを再共有したりすることも可能です。

ビジネス プランまたはエンタープライズ プランにライセンスなしユーザーを追加するには、新しいユーザーの招待時に [ライセンス ユーザー (シートの作成と所有が可能)] チェックボックスをオフにします。 複数ユーザー向けのアカウントでのユーザー管理に関する詳細は、こちらをクリックしてください。

無料アカウントの共同作業者

無料アカウントの共同作業者に対して共有できるシートの数に制限はありませんが、無料アカウントの共同作業者はシートを作成できません。 無料アカウントの共同作業者は、閲覧者 (読み取り専用)、編集者 (セル データの編集が可能)、または管理者 (シートの管理が可能) として共有シートにアクセスしたり、指定の共有権限レベルによってはシートを再共有したりすることも可能です。


コネクタ固有のユーザー タイプ

お客様の組織/団体が Smartsheet for Jira または Smartsheet for Salesforce コネクタを購入している場合、システム管理者はそれぞれのコネクタにアクセスできるユーザーを制御できます。

これらのユーザー タイプは、Salesforce コネクタまたは Jira コネクタを購入したユーザーのみが利用できます。 (コネクタの詳細については、こちらをご覧ください。)

Smartsheet for Jira ユーザー タイプ

Smartsheet システム管理者は、Smartsheet for Jira コネクタへのユーザーのアクセス レベルを制御できます。 コネクタの詳細については、「Smartsheet for Jira」を参照してください。

Smartsheet for Jira コネクタを使用するには、Smartsheet のライセンス ユーザーであり、Jira アカウントを保有している必要があります。

Jira コネクタ管理者

Jira コネクタ管理者は Smartsheet システム管理者によって指定され、Smartsheet for Jira をインストールおよび構成します。

Jira コネクタ管理者は、次のことができます。

  • Jira アプリケーションの管理者でもある場合、Jira ホストを Smartsheet に接続して Smartsheet for Jira を設定します。 詳細については、記事「Smartsheet for Jira コネクタ」を参照してください。
  • Smartsheet アカウントの他のユーザーを Jira ユーザーとして指定する。
  • Jira ユーザーが作成したワークフローを無効にしてトラブルシューティングする。

Jira コネクタ ユーザー

Smartsheet for Jira コネクタ ユーザーは、2 つのアプリケーション間で情報を同期する Smartsheet for Jira を使用してワークフローを作成できます。

このコネクタを使用したワークフローの作成の詳細については、「Smartsheet for Jira コネクタ: 同期ワークフローの作成および編集」を参照してください。


Smartsheet for Salesforce ユーザー タイプ

Smartsheet システム管理者は、Smartsheet for Salesforce コネクタへのユーザーのアクセス レベルを制御できます。 コネクタの詳細については、「Smartsheet for Salesforce」を参照してください。

Smartsheet for Salesforce コネクタを使用するには、Smartsheet のライセンス ユーザーであり、Salesforce アカウントを保有している必要があります。

Salesforce コネクタ管理者

Salesforce コネクタ管理者は Smartsheet システム管理者によって指定され、Smartsheet for Salesforce をインストールおよび構成します。

Salesforce コネクタ管理者は、以下のことができます。

  • Salesforce ホストを Smartsheet に接続して、Smartsheet for Salesforce を設定します (Salesforce の管理者でもある必要があります)。 詳細については、「Smartsheet for Salesforce コネクタ: 管理者のセットアップ」を参照してください。
  • Smartsheet アカウントの他のユーザーを Salesforce コネクタ ユーザーとして指定する。
  • Salesforce コネクタ ユーザーが作成したワークフローを無効にしてトラブルシューティングする。

Salesforce コネクタ ユーザー

Smartsheet for Salesforce コネクタ ユーザーは、2 つのアプリケーション間で情報を同期する Salesforce コネクタを使用してワークフローを作成できます。

このコネクタを使用したワークフローの作成の詳細については、「Smartsheet for Salesforce コネクタ: Smartsheet データを Salesforce と同期する」を参照してください。

Smartsheet 共有権限の詳細をご覧ください。

共有権限レベル

ほかのユーザーにシートを共有する場合には、閲覧者、編集者、または管理者レベルのいずれかの共有権限を指定することができます。 管理者権限により、共有されたアイテム (シート、レポート、またはワークスペースなど) 内で共同作業者が使用できる機能が変わります。 アイテムを作成すると、そのアイテムの所有者になります。

このページの内容

ダッシュボード共有のための共有権限レベルについての詳細は、Smartsheet ダッシュボードの共有についての記事をご覧ください。

シートの共有権限レベルは、アカウントのユーザー タイプとは関係ありません。 たとえば、複数ユーザー向けアカウントのシステム管理者を、特定のシートに対しては閲覧者権限のみに制限したり、 あるいはシートの管理者レベルの共有権限を持つ無料の共同作業者に設定したりすることも可能です。

権限とアカウントのユーザー タイプの違いの詳細情報は、こちらのビジュアル ガイドをご覧ください。インフォグラフィック: ユーザー タイプおよび共有権限の解説またはユーザー タイプに関するヘルプ記事。

こちらに記載されている一部の機能は、ライセンス ユーザーのみご利用いただけます。 ライセンスの有無が不明な場合は、 「Smartsheet プランとユーザー タイプを特定する」をご覧ください。


シートの共有権限レベル

シート管理

利用可能なオプション 閲覧者 編集者 管理者 所有者
すべてのシート データの閲覧 (コメントを含む) はい はい はい はい
シート内のロック解除された行や列の編集 いいえ はい はい はい
ロックされた列/行のセルの編集 いいえ いいえ はい はい
行の挿入 いいえ はい はい はい

列の挿入、名前の変更、削除、および列プロパティの変更*

詳細情報 >

いいえ いいえ はい はい
シート内での列の移動* いいえ いいえ はい はい

列の表示/非表示*

詳細情報 >

いいえ いいえ はい はい
シート内での行の移動 いいえ はい はい はい
別のシートに行を移動

詳細情報 >
いいえ はい はい はい

列と行のロック/ロック解除*

詳細情報 >

いいえ いいえ はい はい
ロック解除された行の削除 いいえ はい はい はい

条件付き書式の編集*

詳細情報 >

いいえ いいえ はい はい
シートまたはレポート内の変更の強調表示の有効化/無効化 いいえ はい はい はい

シートまたはレポートのエクスポート

詳細情報 > 

はい はい はい はい
ロック解除された行を並べ替え、保存せずに列を固定 はい はい はい はい
ロックされた行の並べ替え いいえ いいえ はい はい
行の並べ替えまたは列の固定後の変更の保存 いいえ はい はい はい
シートまたはレポートに新しい添付ファイル/リンクおよびコメントを追加 いいえ はい はい はい
シートまたはレポートの添付ファイル/リンクをダウンロード はい はい はい はい
「無題のフィルター」でシートのデータをフィルター はい はい はい はい
フィルターに名前を付けて保存 いいえ はい はい はい
保存したフィルターの適用 (シングル ユーザー プラン タイプでは使用できません) はい はい はい はい
共有フィルターの作成、編集、および削除 (シングル ユーザー プラン タイプでは使用できません) いいえ いいえ はい はい

[新規として保存] を使用して、シートを新しいシートとして保存*

詳細情報 >

はい はい はい はい

シートをテンプレートとして保存*

詳細情報 >

はい はい はい はい

シートまたはレポートの名前の変更

詳細情報 >

いいえ いいえ いいえ はい

シートまたはレポートの削除、削除されたシートまたはレポートの復元

詳細情報 >

いいえ いいえ いいえ はい

注: ワークスペースの管理者アクセス権限を持つ共同作業者は誰でも、ワークスペース内のシートの削除および名前の変更ができます。 ワークスペースからシートが削除された場合でも、その後 30 日間は管理者およびシート所有者の削除済みアイテム フォルダーから回復可能です。

*ライセンス ユーザーのみ使用可能

共同作業

利用可能なオプション 閲覧者 編集者 管理者 所有者
シートまたはレポートの共有 いいえ はい はい はい
ほかの共同作業者の共有権限の変更 (編集者から管理者へ変更、など) いいえ いいえ はい はい

シートまたはレポートを自分やほかのユーザーに電子メールで送信

詳細情報>

はい はい はい はい
行を自分やほかのユーザーに電子メールで送信* はい はい はい はい

シートまたはレポートの公開 (ビジネス アカウントおよびエンタープライズ アカウントのみ)*

詳細情報 >

いいえ いいえ はい はい

フォームを作成および管理*

詳細情報 >

いいえ いいえ はい はい
更新リクエストの送信および編集* いいえ はい はい はい

*ライセンス ユーザーのみ使用可能

自動化

利用可能なオプション 閲覧者 編集者 管理者 所有者
独自の行レベルのリマインダーの作成および編集 はい はい はい はい
自分またはほかのユーザー向けのシート レベルのリマインダーの作成および編集* いいえ いいえ はい はい

自動化されたワークフローの作成および編集 ( 通知、承認リクエスト、および自動化された更新リクエストなど)*

(自動化されたワークフローの無効化や削除が可能)

いいえ いいえ はい はい

*ライセンス ユーザーのみ使用可能

プロジェクト管理

利用可能なオプション 閲覧者 編集者 管理者 所有者

プロジェクト シートでの依存関係の有効化*

詳細情報 >

いいえ いいえ はい はい
依存関係設定の編集* いいえ いいえ はい はい

*ライセンス ユーザーのみ使用可能

レポート

利用可能なオプション 閲覧者 編集者 管理者 所有者
すべての列 (コメントを含む) のレポート データの閲覧 (ユーザーが元となるソース シートも共有されている場合) はい はい はい はい
レポートを最新の情報に更新して実行し、コンテンツを更新 はい はい はい はい
ロック解除された行や列の編集 (ユーザーが元のシートの編集権限も持っている場合) いいえ はい はい はい
列の固定 いいえ はい はい はい
レポート ビルダー条件の修正* いいえ いいえ はい はい
レポートの並べ替え いいえ いいえ はい はい
列の順序変更 いいえ いいえ はい はい
列の追加と削除* いいえ いいえ はい はい

*ライセンス ユーザーのみ使用可能

ワークスペースのレポート

ワークスペースの管理者権限を持つユーザーは誰でも、ワークスペース内のレポートの削除および名前の変更ができます。 ワークスペースからレポートが削除された場合でも、その後 30 日間は管理者およびシート所有者の削除済みアイテム フォルダーから回復可能です。