共有

APPLIES TO

  • Smartsheet
  • Pro
  • Business
  • Enterprise

共有は Smartsheet の中心機能です。この機能により社内外の関係者は、適切なユーザーが更新した最新情報を適切なタイミングで確認できます。シート全体または一部のみを共有したり、ユーザーごとに管理権限レベルを設定して、共有ユーザーの使用機能を管理したりすることが可能です。

ステップバイステップの手順に従って、シートを共有します。

概要: シート、レポート、ダッシュボードの共有

APPLIES TO

  • Smartsheet
  • Pro
  • Business
  • Enterprise

他のユーザーとの共同作業を開始するには、Smartsheet のアイテム (シート、レポート、ダッシュボード) を共有するか、チームのメンバーからの共有リクエストを承認します。

共有するアイテムの数と人数に合わせて、ベストな共有方法を選びましょう。

ここでは、アイテムを共有した後のいくつかのベスト プラクティスについて説明します。詳しくは、「シート上で複数のユーザーと同時に作業する」をご覧ください。


権限レベルと共有

他のユーザーとアイテムを共有する場合は、共有先ユーザーが Smartsheet にログインして当該アイテムにアクセスする必要があります。共有元ユーザーが選択した権限レベル (閲覧者、コメント作成者、編集者、管理者) を共有先ユーザーに付与することによって、アクセス レベルを制御できます。また、いつでもアイテムの共有を中止したり、共同作業者の権限レベルを変更したりすることができます

Smartsheet の権限について、詳しくは「権限レベルを共有する」をご覧ください。

レポートの共有: ソース シートも共有しましょう。

自分のレポートの外観と共有先ユーザーのレポートの外観が異なる (たとえば、情報が欠落したり、空白になっている) 場合は、その共有相手とすべてのソース シートを共有していない可能性があります。

セキュリティの都合上、レポートは、相手ユーザーと共有していないシートにアクセスできません。たとえば、3 つのシートを参照するレポートを共同作業者と共有したものの、その共同作業者は 3 つのうち 1 つのシートにしかアクセスできないとします。この共同作業者がレポートを開くと、自分が共有しているシートから抽出された行のみが表示されます。共同作業者に対して共有されているシートがない場合、その共同作業者が開いたレポートは空白になります。

システム管理者とグループ管理者の共有管理

システム管理者は、アカウントのライセンス ユーザーが所有しているアイテムの共有からユーザーを削除できます。詳しくは、「すべてのシートの共有から共同作業者を削除する」をご覧ください。

グループ管理者はグループから特定のメンバーを削除することにより、そのグループで共有されているすべてのアイテムからそのメンバーを削除できます。詳しくは、「Smartsheet 連絡先グループを管理/使用する」をご覧ください。