Google

G Suite のいつも使用している便利なツールと Smartsheet を組み合わせれば、背景情報とともに作業を行うことができ、パフォーマンスが向上します。これらを連携することで、お使いのアプリからより多くのメリットを得られるようになります。

Smartsheet と G Suite は 15 の統合機能により連携して作業できるため、業務を 1 つのプラットフォームにて簡単に管理できるようになります。

Smartsheet と Google の統合

このページでは、Smartsheet と Google 製品のさまざまな連携方法や、統合機能の入手方法、および詳細情報の掲載ページなどについて紹介しています。

ヒント: Google スプレッドシートのデータをインポート、またはシートへデータをエクスポートすることもできます。詳細情報: 詳細は、「ファイルをインポートして新しいシートを作成」または「Smartsheet からシートまたはレポートをエクスポート」をご覧ください。

インストールの必要のない統合

統合タイプ詳細情報
アラートやリクエストを Hangouts Chat のダイレクト メッセージで受け取るHangouts Chat でアラートやリクエストに対するアクションを起こす 
Google の資格情報で Smartsheet にサインインSmartsheet へのサインイン/サインアウト
Google ドライブのファイルを Smartsheet に添付オンライン リソースからファイルまたはリンクを添付
Google 連絡先のインポートGmail の連絡先を Smartsheet にインポートすれば、情報の送信や共有が簡単にできます。
詳細情報 >
Google カレンダーを同期カレンダーのオーバーレイ/公開 (Google からのカレンダーの編集は、G Suite ユーザーのみ可能)。

1 シートにつき 600 件 (行) までの Smartsheet タスクを Google カレンダーに公開できます。Google ユーザーは、Google カレンダーのイベントを Smartsheet のカレンダー ビューにオーバーレイすることで、2 つのカレンダーのすべてのイベントを確認できます。

イベントの詳細のリンクをクリック/タップして、Google カレンダーに公開した Smartsheet の行を編集することも可能です。このリンクから、Smartsheep アプリ (モバイル ユーザー向けの iOS 用 または Android 用 Smartsheet アプリを含む) のイベントの行へ移動できます。
詳細情報 >

Inbox by Gmail の統合Inbox by Gmail を利用している場合は、Smartsheet 通知のさまざまな書式設定、最も重要な情報の統合、およびユーザーが新たな情報に素早く対応することを可能にする、といった機能を使用できます。
Inbox by Gmail に関する詳細情報 >

 

G Suite Marketplace または Chrome ウェブストアから利用可能な統合

統合タイプ詳細情報
Smartsheet for Gmail アドオン
G Suite Marketplace (英語) >
 
Smartsheet for Gmail アドオン 
 
Google のアプリ起動メニューから Smartsheet を起動
G Suite Marketplace (英語) >
 
Chrome アプリを追加して開く
Google ドライブからシートを新規作成
Chrome ウェブストア >
Google ドライブからシートを新規作成
Google ドキュメント用の Smartsheet Merge アドオン
Chrome ウェブストア >

Google ドキュメントを統合し、Smartsheet のデータを活用します。
詳細情報

 

Smarsheet Sync アドオン
Chrome ウェブストア >
Google フォームから Smartsheet の新しいシートに回答を送信します。
詳細情報