Data Shuttle

APPLIES TO

  • Smartsheet Advance Package
  • Business
  • Enterprise

RELATED CAPABILITIES

Who can use this capability?

  • Owner
  • Admin
  • Editor

Smartsheet の Data Shuttle は、プラットフォーム間でデータを自動的に移動することにより、可視性を向上させ、データ主導の意思決定を可能にします。 Data Shuttle では、Smartsheet と ERP、CRM、またはデータベース間で、データのアップロードやオフロードを実行できます。 これにより、一元化された信頼できる情報ソースを作ることができ、自信を持ってリアルタイムの意思決定を行うことができるようになります。

Data Shuttle を使えば、プラットフォームを超えてすべてのデータを可視化し、行動できるようになります。 請求書の追跡やリソース管理などのプロセスを効率的に管理できます。 Data Shuttle は非常に適応性が高く、それぞれにプラットフォームを持つさまざまな部門と一緒に使用することができます。

Data Shuttle について

APPLIES TO

  • Smartsheet Advance Package
  • Business
  • Enterprise

RELATED CAPABILITIES

Who can use this capability?

Data Shuttle を使用するための前提条件は次のとおりです。

  • ターゲット シートにおいて所有者、管理者、編集者のいずれかのレベルの許可を持っている。
  • Smartsheet システム管理者がユーザー管理で Data Shuttle プレミアム アプリケーションの許可を有効にしている。

営業担当者へのお問い合わせや詳細情報については、Data Shuttle Marketplace をご覧ください。

Smartsheet の Data Shuttle を使用すると、Smartsheet と独自の ERP、CRM、データベースとの間でデータのアップロードとオフロードができます。Data Shuttle を使用すると、データを自動的かつシームレスに信頼できる 1 つの情報源に一元化できるため、自信を持って意思決定を行うことができます。

Data Shuttle へのアクセス

Data Shuttle へは、Smartsheet アプリケーションの上部のナビゲーション バーにある [接続] メニューから、または次の [Data Shuttle にログイン] ボタンを選択することにより、アクセスできます。

Data Shuttle にログイン

Data Shuttle のワークフロー

Data Shuttle はワークフローで構成されています。ワークフローには、データのアップロードとオフロードの 2 つのタイプがあります。データのアップロードを使用すると、フィルタリングや変換を行える Smartsheet にスプレッドシート ファイルを自動的に取り込むワークフローを設定できます。データのオフロードでは、別のアプリケーションがプロセス中にインポートできるシートのコピーを自動的に保存するワークフローが設定されます。 

ワークフローは以下の作業に役立ちます。

  • データの送信元と送信先を定義する 
  • そのデータにフィルターを適用する 
  • データをその宛先にマッピングする 
  • ワークフローが自動的に実行されるようにオプションのスケジュールを作成する 

 

ワークフローを構築するときは、明確なエンドポイントがあることを確認してください。循環するワークフローは避けてください。そのようなワークフローは無限ループに陥り、データに問題を引き起こします。

基本的なワークフローのステップ

  1. データの互換性と権限を確認します。 
  2. datashuttle.smartsheet.com で Data Shuttle にサインインします。
  3. 左側のナビゲーション バーで [+] を選択して、新しいワークフローを作成します。 
  4. 作成、アップロードオフロードするワークフローのタイプを選択します。
  5. ワークフロー画面の指示に従って次のことを行います。
    • ソースを特定する 
    • ターゲットを設定する
    • フィルターを適用する 
    • 列をマッピングする 
  6. オプション: ワークフローが自動的に実行されるようにスケジュールを設定します。
  7. ワークフローを公開して保存します。ワークフローを確認、編集、アーカイブするには、ダッシュボードに戻ります。

データの互換性

Smartsheet Commercial アカウントを使用している場合、すべてのドライブが既定でオンになります。Smartsheet Gov アカウントを使用している場合、それらはオフになります。Smartsheet Gov アカウントで、Data Shuttle によるアクセスを許可するドライブを選択できますが、この機能をリクエストするには、サポートに連絡する必要があります。

Data Shuttle のインサイト

システム管理者は、管理センターからプラン インサイトに進み、Data Shuttle のインサイトを確認できます。このインサイト データには、作成したワークフロー数、更新された行数、実行数、アクティブ ユーザー数、エラー数、アーカイブしたアセット数などの合計が含まれます。プラン インサイトについての詳細をご覧ください。

 

 

 

 

Data Shuttle でワークフローを編集、実行、削除するには、以下の手順に従います。