Dynamic View

APPLIES TO

  • Smartsheet
  • Business
  • Enterprise
  • Smartsheet Advance Package
  • Smartsheet Gov

RELATED CAPABILITIES

Who can use this capability?

Dynamic View Admins have the highest level of view access.

Smartsheet Dynamic View を使用すると、ビジネス オーナーは適切なユーザーに適切なタイミングで、表示や編集に必要な情報を共有できます。ベンダーと作業している場合でも、内部と外部の混合チームの場合でも、組織をまたぐ場合でも、Dynamic View を使用すると、迅速に作業を遂行するために必要な共同作業を妨げることなく、ユーザーやベンダーがすべてのシートにアクセスできないようにして、プロセスの機密性を維持することができます。 

Dynamic View へのログイン

Dynamic View: データのビューの作成と管理

APPLIES TO

  • Smartsheet
  • Business
  • Enterprise
  • Smartsheet Advance Package
  • Smartsheet Gov

RELATED CAPABILITIES

Who can use this capability?

Dynamic View の管理者には、そのビューに対する最高レベルのアクセス権限が与えられます。

Dynamic View を使用すると、他のユーザーが表示および編集できる特定のデータを表示できます。  

Dynamic View でビューを作成する前に

  1. 必要な Dynamic View アプリがすべてそろっていることを確認します。
  2. プロセスを保持するためのソース シートおよびレポートを作成し、ビュー作成者用の権限を設定します。

新しいビューを開始する

シートまたはレポートの上部にある Dynamic View メニューから Dynamic View を作成してアクセスします。 

  1. Smartsheet の資格情報を使って Dynamic View にサインインします。
  2. 画面の右上部分で [ビューの作成] を選択します。
  3. ビューの作成に利用するアイテムを選択し、[作成] を選択します。 

ソース アイテムの選択を間違えた場合は、別の新しいビューを作成する必要があります。前のページに戻って別のソース アイテムを選択することはできません。

ビューに名前を付けて全体的な権限を設定する

ビューの名前を入力し、ユーザーが表示できる内容と、そのユーザーがソース シートに新しいアイテムを追加できるかどうかを設定します。

この手順での設定に関する特記事項を以下に示します。

広範囲のユーザーから情報を収集する場合、代わりにフォームを作成することが有益な場合もあります。フォームによりデータの整合性が確保されるため、全員がビューを正しく使用できることになります。

グリッド ビューに表示するフィールドを選択する

表示されるフィールド

  1. [使用可能なフィールド] セクションで、ビューに表示したいフィールドを選択します。
  2. 特定のフィールドでデータをフィルタリングするには、ソース データのドロップダウン フィールドまたは記号フィールドを追加します。 
  3. オプション: [添付ファイル/リンク] または [コメント] に以下の設定を追加します。
    • [添付ファイル/リンク]
      • [添付ファイル/リンクを表示]
      • [ユーザーが添付ファイル/リンクを追加可能]
    • [コメント]
      • [コメントを表示]
      • [ユーザーがコメントを追加可能]

この手順で選択するフィールドは、Dynamic View では列および行として表示されます。特定の条件に適合した場合のみフィールドを表示したい場合は、そのフィールドを [表示されるフィールド] セクションに追加するのではなく、[詳細パネル] タブで条件またはロジックを設定してください。

詳細ペインを設定する

詳細ペインを使用すると、ユーザーが Dynamic View で行を選択した後に表示される内容をカスタマイズできます。詳細ペインを使用して、情報を収集し、詳細を提示することができます。 

  1. [使用可能なフィールド] から、フィールドを [詳細パネルのレイアウト] セクションにドラッグします。
  2. (オプション) 詳細パネルの説明を切り替えて、ユーザーへの指示を入力します。ユーザーが Dynamic View から詳細ビューを開くと、メッセージが表示されます。 
  3. ユーザーが Dynamic View を開いた際に最初に表示されるタブを選択します (データ、添付ファイル/リンク、コメントなど)。 
  4. 設定するフィールドを選択します。 
  5. フィールド プロパティまたはフィールド ロジックを編集します。フィールド プロパティがフィールドを定義するものであるのに対し、フィールド ロジックはフィールドに条件ロジックを適用するためのものです。 
    • 右側のバーで、フィールド プロパティ アイコンを選択します。
      [詳細パネルのレイアウト] セクションでフィールドを選択すると、[フィールド プロパティ] ペインが表示されます。
    • フィールド ロジックを編集するには、右側のバーで、フィールド ロジック アイコンを選択します。

フィールド プロパティ

使用する項目

操作

備考

カスタム ラベル

フィールドのカスタム ラベルを作成します。 

カスタム ラベルを追加するには、[カスタム ラベル] ボックスを展開します。

フィールドのオプション:

  • 必須
  • 読み取り専用
  • 非表示

フィールドの重要性のレベルを設定します。

すべてのオプションをオフにした場合、フィールドは任意になり、編集可能になります。 

表示形式

フィールド サイズを微調整します。

オプションを選択:

  • Single Line (1 行)
  • Multiple Line (複数行)

初期値

フィールドの既定値を設定します。 

ビューへの新しい送信を許可する場合、このフィールドに追加する値が既定値になります。 

読み取り専用フィールド

データ タイプまたはセル内の情報により、一部のフィールドは編集できない場合があります。Dynamic View のフィールドは、次の場合に読み取り専用となります。

  • システム列のフィールドである
  • ガント チャート設定で「終了日の列」のフィールドである
  • プロジェクト設定の日付範囲表示の「終了日の列」のフィールドである
  • ガント チャート設定で「先行タスクの列」のフィールドである
  • ソース シートのセルに数式が含まれている
  • ソース シートのセルにインバウンド セルリンクが含まれている
  • ソース シートのセルにハイパーリンクが含まれている

     

フィールド ロジック

フィールド ロジックを追加すると、ビューではフィールドの表示と非表示が切り替わります。このロジックは、Smartsheet アイテムや Dynamic View での条件や変更に基づきます。

フィールド ロジックの設定には、ドロップダウン リストと記号列を使用します。フィールド ロジック ルールに名前を付けて保存するには、ソース シートにドロップダウンまたは記号列が必要です。

ソースが複数のシートからなるレポートである場合、特定の列に設定されたドロップダウンの値が、すべてのシートで一貫していなければなりません。列プロパティに値のないシートがあると、フィールド ロジックでその値を使用できない場合があります。

  1. [フィールド ロジック] ペインで、[+Logic (ロジック)] を選択します。 
  2. フィールド ロジックに名前を割り当てます。 
  3. [When (タイミング)] セクションで、列とロジック実行用の値を指定します。 
  4. [Action (アクション)] セクションで、ビューでトリガーが検出されたときの動作を選択します。次のことができます。
    • 選択したフィールドを非表示にする。
    • 選択したフィールドを読み取り専用として表示する。
    • 選択したフィールドを編集可能として表示する。
    • 選択したフィールドを必須として表示する。
  5. ビューに表示するフィールド、表示しないフィールドを選択し、[保存] を選択します。

ここで定義した表示権限が [詳細] ペインに表示されます。[詳細] ペインを開くには、ビューの列を選択します。

アクションが競合するルールを作成することは可能です。Dynamic View では、権限レベルが最も低いルールが優先されます。