Jira コネクタ

APPLIES TO

  • Business
  • Enterprise
  • Smartsheet Advance Package

RELATED CAPABILITIES

Who can use this capability?

  • System Admin

Smartsheet Jira コネクタを使用すると、Jira で追跡管理している IT プロジェクトやソフトウェア開発プロジェクトの進捗状況を確認できます。タスクや問題は、Smartsheet で編集しても Jira で編集しても自動的に同期されるため、レコードを常に最新の状態に保つことが可能です。

Smartsheet Jira コネクタの概要とよくある質問

APPLIES TO

  • Business
  • Enterprise
  • Smartsheet Advance Package

RELATED CAPABILITIES

Who can use this capability?

ワークフローを作成または編集するには、次の権限が必要です。

  • Smartsheet 環境では、ライセンス ユーザーである必要があります。これには、ワークフロー内でマッピングされたシートに対する編集者以上の権限が含まれます。
  • ワークフローを構築したい Jira プロジェクトへの十分なアクセス権を持つ、有効な Jira アカウントが必要です。
  • システム管理者に、Jira コネクタの [Restrict Users (ユーザーを制限)] 設定を有効にしてもらい、Smartsheet Jira コネクタ ユーザーの役割を割り当ててもらう必要があります。この役割は、Smartsheet 管理センターまたは Jira コネクタ インターフェイスのいずれかで割り当てることができます。

この記事では、Smartsheet Jira コネクタの概要とよくある質問をご紹介します。

以下に関する情報は、その他のヘルプ記事をご確認ください。


概要

Smartsheet Jira コネクタを使用すると、Jira で IT およびソフトウェア プロジェクトを追跡できます。Smartsheet と Jira 間で自動同期を実行し、時間を節約するとともに、データの正確性を確保します。開発者が Jira タスクに集中できる一方、アナリストやマネージャーは関係者に必要なインサイトを提供できます。

Jira コネクタを使用すると、以下のことが可能になります。

  • Jira と Smartsheet 間でデータを双方向または一方向に同期する
  • Smartsheet または Jira のいずれかで、Jira の新しい課題 (ストーリー、タスク、バグなど) を作成する
  • Smartsheet 内から Jira の情報を編集する
  • Smartsheet 内でメトリックの追跡、自動化の作成、グラフの作成を実行する

Jira コネクタに追加費用はかかりますか?

はい。Smartsheet Jira コネクタは、有料のプレミアム サービスとして提供されています。機能とメリットの詳細は、こちらをご覧ください。プランと価格に関する詳細は、弊社のセールス チームまでご連絡ください。

このコネクタは、Smartsheet のコア アプリケーションの一部ですか?

このコネクタはコア アプリケーションの一部ではありませんが、Smartsheet の他の部分と同じポリシー、手順、およびセキュリティ対策にて運営されています。また、同じセキュリティ プロトコル、稼働時間、サービス レベルの対象でもあります。

Jira コネクタは Smartsheet Gov や Smartsheet リージョン EU で使用できますか?

Smartsheet Jira コネクタは、Smartsheet Commercial US インスタンスで使用できます。Smartsheet Jira コネクタは、EU でホストされているバージョンの Smartsheet で利用できますが、Smartsheet Gov 内では使用できません。Jira データを Smartsheet Gov インスタンスにインポートするには、Data Shuttle をご確認ください。Smartsheet Commercial と Smartsheet Gov または Smartsheet リージョンの違いに関する詳細情報は、弊社の比較記事をご確認ください。

Jira コネクタをインストールするにはどうすればよいですか?

お使いのアカウント上で Smartsheet Jira コネクタを購入された場合、Jira 管理者の接続セットアップの手順に従い、Smartsheet と Jira インスタンス間の接続を初期化します。

このコネクタを使用するには Jira のライセンスが必要ですか?

Smartsheet と Jira のインスタンス、および Smartsheet と Jira の要素間のワークフローを接続する場合、ユーザーは Jira アカウントを保有している必要があります。ただし、Jira データがコネクタを介して Smartsheet に保存されると、その Jira データを使用するにあたって Jira アカウントは必要ありません。

Smartsheet Jira コネクタと互換性がある Jira のバージョンは何ですか?

Smartsheet Jira コネクタは Jira ソフトウェアと接続でき、Jira Cloud、Jira Server (v6.x - v9.x)、および Jira Data Center と互換性があります。Smartsheet Jira コネクタがお使いの Jira 環境をサポートしているかどうかの詳細は、セールス チームまでご連絡ください

Smartsheet Jira コネクタを使用して、複数の Jira インスタンスに接続できますか?

はい。複数の接続を作成して、さまざまな Jira インスタンス (本番インスタンスやテスト インスタンスなど) をサポートすることができます。接続を作成するユーザーは、接続先のインスタンスの Jira 管理者である必要があります。

複数の Jira コネクタ ワークフローを 1 つのシートにリンクできますか?または、複数の Jira プロジェクトを Smartsheet の 1 つのシートに同期できますか?

シートにリンクできるコネクタ ワークフローは 1 つのみですが、単一のワークフローに複数のプロジェクトの情報を含めることは可能です。各ワークフローは、すべてのプロジェクト、または個別に選択した最大 25 件のプロジェクトについて作成できます。どちらの場合も、ワークフロー ビルダーでは、Jira でアクセスできるプロジェクトしか選択できません。

接続を設定した後は、私の Smartsheet プランのユーザーなら誰でもワークフローを作成できますか?

はい。既定では、Jira コネクタを購入したプランのすべての Smartsheet ライセンス ユーザーが、アクセス可能な Jira プロジェクトでワークフローを作成できます。Smartsheet 管理者/コネクタ管理者は、コネクタ アプリのユーザー管理セクションを介して、それぞれのユーザーごとに環境や権限に関する詳細な制限を設定することができます。

Jira と Smartsheet の間で同期できるフィールドは何ですか?

Jira コネクタは標準的なカスタム フィールド タイプの大半をサポートしていますが、それらが Jira API を介して公開されている場合に限られます。ストーリー ポイント フィールドのサポートは、Jira のバージョンによって異なります。外部の Jira アプリやプラグインによって追加されたカスタム フィールドのサポートには制限があり、コネクタは課題のコメントや添付ファイル/リンクの同期をサポートしていません。

すべてのフィールドを双方向または自動的に同期させる必要がありますか?

いいえ。ワークフローの作成中に、どのフィールドを同期するか、それらを双方向の同期にするか一方向の同期にするか、およびその同期を手動にするか自動にするかを指定できます。

作成した Jira コネクタ ワークフローを表示するには、どうすればよいですか?

作成したワークフローは常に表示できます。また、Smartsheet Jira 管理者は、所属する組織/団体のユーザーが作成したワークフローを (作成者を問わず) すべて見ることができます。ワークフローを表示および管理する手順については、「Smartsheet Jira コネクタ: 同期ワークフローの作成と編集」をご覧ください。

サポートが必要な場合に利用できるリソースはありますか?

Smartsheet Jira コネクタがアクセスする Jira データはどれですか?

Smartsheet Jira コネクタは、ワークフローによって定義されたデータのみを取得し、Jira フィールドを Smartsheet のシートと列にマッピングします。また、選択した Jira プロジェクトの使用可能なフィールドやユーザー リストなどのメタデータも取得します。これにより、Jira におけるフィールドのマッピングや課題の割り当てを、Smartsheet から実行できます。

ワークフロー作成者の Jira における権限に準拠し、データとメタデータを取得する際は、その作成者の Jira OAuth 資格情報が使用されます。標準化された OAuth プロトコルにより、Smartsheet が Jira のユーザー名やパスワードにアクセスすることはありませんので、ご安心ください。

Jira コネクタを使用して Smartsheet 内から Jira で課題を作成できますか?

はい。Jira にデータを同期するワークフローを構成すると、Jira の課題 (ストーリー、タスク、バグ、サブタスク) を Smartsheet 内で作成できます。

ワークフローを構築する際は、[Sync new rows created in Smartsheet to JIRA (Smartsheet で作成した新しい行を JIRA に同期)] を必ず選択してください。必須フィールドを有するワークフローを作成したら、Smartsheet の新しい行 (またはフォーム) に情報を入力し、シートを保存します。サブタスクの課題を作成するには、親行の下の新しい行をインデントします。Jira コネクタ ワークフローが次回同期されると、新しく作成した課題により、親行の下の新しい行がインデントされ、その課題に対するサブタスクの課題が Jira で作成されます。

 

複数の Jira プロジェクトにマッピングされているシートで課題を作成する場合は、[Project Key (プロジェクト キー)] フィールドが必要になります。複数のプロジェクトにマッピングされたシートから新しい課題を作成し、[Project Key (プロジェクト キー)] を含めない場合、シートにエラーが表示されます。

 

 

Smartsheet と Jira の間で同期するデータを除外することはできますか?

はい。単一のプロジェクトを同期する場合は、コネクタ ワークフローの設定で組み込みのフィルターを使用できます。それ以外の場合でも、単一のワークフローで複数のプロジェクトを同期する場合は、JQL を使用してフィルターを適用できます。