グリッド、ガント、カード、およびカレンダー ビュー

Smartsheet のさまざまなビューを利用して異なる方法でデータを表示し、作業することができます。ビューは以下から選択できます。 

  • グリッド ビュー—スプレッドシート形式でデータが表示されます。
  • ガント ビュー—左にスプレッドシートのデータ、右にガント チャートが表示されます。
  • カード ビュー—レーンに整理されたカードのデータが表示されます。
  • カレンダー ビュー—イベントとして影響を受ける日付のタスクが週または月のカレンダーに表示されます。

左のツール バーの [ビュー] ボタンを使用してこれらのビューを切り替えます。 

左のツール バーが表示されていない場合は、非表示になっている可能性があります。シートの左下にある矢印をクリックして再表示できます。


グリッド ビュー

スプレッドシートのデータで作業するには、グリッド ビューに切り替えます。グリッド ビューでは、シートの列や行を素早く追加、移動、または更新できます (列を追加、削除、変更するには、シートの管理者権限を持つライセンス ユーザーである必要があります)。詳細については、「行の挿入と削除」をご覧ください。

グリッド ビュー

グリッド ビュー (およびガント ビュー) を使用してシートに数式を追加して値を計算します。この手順の詳細は、ヘルプ センターの「数式の使用」でご確認いただけます。


ガント ビュー

ガント ビューでは、左にグリッド ビューの情報、右に対応するガント チャートが表示されます。ガント ビューを使用するには、シートまたはレポートに少なくとも 2 つの日付列が必要です。日付列についての詳細は、「列タイプ」をご覧ください。

ガント ビュー

ガント チャートは、プロジェクト内のタスクの期間やタスク同士の関係を視覚的に分かりやすく追跡する上で、重要なプロジェクト管理リソースです。詳細は、ヘルプ センターの「ガント チャートを使った作業」をご覧ください。


カード ビュー

ガード ビューでは、「かんばん」ボードにデータが表示されます (主に迅速な作業が求められるプロジェクト管理に使用されます)。カード ビューの詳細は、「カードを使ったプロジェクトの可視化」をご覧ください。

カード ビュー

注: カード ビューを使用するには、シート内に少なくとも 1 つのドロップダウン リスト列が必要です。ドロップダウン リストの値は、カード ビューのヘッダーになります (レーンと呼ばれます)。ドロップダウン リストの使用についての詳細は、「列タイプ」をご覧ください。


カレンダー ビュー

カレンダー ビューを使用すると、プロジェクト内の 1 日あたりに存在するタスク数の把握や、週や月をまたぐタスクの確認ができます。少なくとも 1 つの日付列のあるシートやレポートであれば、カレンダー ビューで表示できます。日付列についての詳細は、「列タイプ」をご覧ください。

カレンダー ビュー

詳細は、ヘルプ センターの「カレンダーを使った作業」をご覧ください。

"/ja/articles
この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ