書式設定オプション

シートの数値や文字列に書式設定を適用するには、画面上部のツールバーのボタンを使用します。

一部のビューや画面サイズでは、一部表示されないツールバーのボタンがあります。必要なボタンが表示されていない場合は、「その他」 その他のボタンをクリックします。

 

ツールバーのその他のボタン

注: 書式設定ボタンで行うタスクの多くは、キーボード ショートカットを使用して行うことも可能です。キーボード ショートカットのリストは、「キーボード ショートカット」をご覧ください。

注:

  • 数値の桁区切り記号小数点は、[地域設定] の設定言語 (国) により設定されます。これらの設定を変更するには、「言語および日付形式の変更」で説明されている手順に従ってください。
  • 列ヘッダーの書式は、必ず灰色の背景色の上に白い太字です。このスタイルは変更できません。
  • 同じインデント レベルにあり、同じ書式設定が入っている 2 つのセルのすぐ上、すぐ下、またはその間のセルには、同じ書式設定が自動的に適用されます。詳細は、「数式と書式のオートフィル」をご覧ください。

データのグループの書式設定

データのグループの書式設定を一度に行うことができます。以下のガイドに従って設定します。

書式設定の適用先 書式設定アイコンをクリックする前に行うこと
行全体行番号を選択します。その行の既存のセルおよび新規追加されたセルに書式設定が適用されます。
列全体列ヘッダーを選択します。その列の既存のセルおよび新規追加されたセルに書式設定が適用されます。
シート全体一番左の列ヘッダーをクリックして右へスクロールし、Shift キーを押しながら一番右の列ヘッダーをクリックして、シート内のすべての列を選択します。マウスをリリースすると、シートの列と行すべてが選択されるので、希望の書式設定アイコンをクリックします。

日付形式

標準的な日付形式をシートに適用する」で説明されている手順に従って、異なる日付形式 (年月日の順序など) を適用することが可能です。 

インデントとインデント解除

行をインデントすると行に親子関係 (親行の下に子行) ができるため、整理されたシートを作ることができます。この親子関係 (階層) と数式を活用して、たとえば、子行のタスクにあるデータをもとに親行の完了率の加重割合を自動計算することも可能です。この手順の詳細は、「親行ロールアップ機能」をご覧ください。

階層用ボタン

親子関係 (階層) の作成の詳細は、階層に関する記事をご覧ください。

フォントとセルの書式設定

さまざまなフォントやセルの背景色を設定して、シートの特定の箇所を強調することができます。たとえば、親行に太字を設定して目立たせることもできます。

シートの強調したい部分を選択し、フォントのタイプやサイズ、背景色、文字列の配置、折り返しなどを設定します。

書式設定ツールバー

折り返し

テキストを折り返したいセルを選択し、「折り返し」「折り返し」アイコン アイコンをクリックします。

書式のクリア

「書式のクリア」 「書式のクリア」アイコンを使うと、選択したフォントやセルの背景色が既定値に戻ります。セルのデータを削除せずにシートの特定部分の書式設定を素早く削除する際に便利です。

    書式のコピー/貼り付け

    シート内の既存の書式をほかのセルにコピーするには、書式のコピー/貼り付けツールを使用します。

    1. 希望する書式の入ったセルを選択します。
    2. 「書式のコピー/貼り付け」 「書式のコピー/貼り付け」アイコンをクリックします。
    3. 書式設定のコピー先となる新しいセルを選択すると、すぐに書式設定がコピーされます。
      ヒント: 「書式のコピー/貼り付け」アイコン「書式のコピー/貼り付け」アイコンをダブルクリックすると、書式のコピーをロックできます。そうすることで、ロックした書式を複数のセルに連続して適用できるようになります。ロックを解除するには、もう一度「書式のコピー/貼り付け」アイコンをクリックするか、Esc キーを押します。

    自動書式設定

    書式を自動的に適用するには、条件付き書式ルールを作成するか、または変更の強調表示を使用します。

    条件付き書式

    「条件付き書式」アイコン 「条件付き書式」アイコン をクリックし、条件付き書式ルールを設定すると、セルの値に基づいてセルに自動的に書式設定が適用されます。

    条件付き書式ルールを活用して、たとえば、"割り当て先" という名前の「連絡先リスト」列に含まれるユーザーにより行の背景色を変えることができます。書式設定を自動適用する際の条件の設定方法については、「条件付き書式」をご覧ください。

    変更の強調表示

    「変更の強調表示」変更の強調表示 を有効にすると、シートに行われた編集を視覚化できます。詳細は、「変更の強調表示」をご覧ください。

    数値の書式

    数値の書式設定を行うボタンはまとめられています。
    上部のツールバーの数値の書式オプション

    これらのボタンがツールバーに表示されていない場合は、「その他」その他のボタン をクリックします。

    「通貨形式」 通貨 をクリックすると、その通貨に適した記号や小数点といった書式を自動的に設定できます。

    「パーセント形式」 「パーセント形式」アイコン を使用すると、1=100% として数値が表示されます。たとえば、セルをパーセント形式に設定した場合、0.95 と入力すると 95% と表示されます。95 と入力した場合は、9,500% と表示されます。

    「桁区切り形式」「桁区切り形式」アイコン を有効にすると、桁区切り記号と小数点が表示されます。 

    注:

    • Smartsheet では、ほかの文字 (文字、句読点) と組み合わさった数値は文字列とみなされます。文字列の値には、数値ツールは使用できません。
    • 通貨や数値形式の小数点桁区切りの記号は、アカウントの [地域設定] により設定されます。詳細は、「言語および日付形式の変更」をご覧ください。
    この記事はお役に立ちましたか?
    はいいいえ