ガント チャートを使った作業

  次の解説ビデオへ移動する: ガント チャート ビュー

ガント チャートでは、各タスクをタイムラインにバーとして表示することで、タスクの視覚的理解を助けます。バーの長さはそのタスクの開始日から終了日までを示します。



少なくとも 2 つの日付列を含むシートまたはレポートでガント ビュー に切り替えると、ガント チャートが表示されます。

ガント チャートの作成方法には、次の3通りがあります。
ガント ビューでは、グリッド列とガント チャートの間の区切り線が画面を分割します。この区切り線を左右にドラッグすると、いずれかのセクションの幅を広げることができます。

ガント チャートの一番上のプライマリおよびセカンダリ タイムラインを調整することで、異なる時間単位を使ってタスクを表示できます。タイムラインの下の拡大または縮小アイコンをクリックしてタイムライン表示を切り替えます。



ヒント: ガント チャートの左上のギア アイコン をクリックして、[プロジェクト設定] を開き、タイムライン表示を編集できます。ここから、プライマリまたはセカンダリ ヘッダー (日付や週の名前の形式など) を変更したり、表示ラベルのドロップダウン メニューから列を選択してガント チャートのタスクバーの隣に表示するテキスト列を設定したり、チャートを本日の日付で開くかどうかを選択したりすることもできます。

ガント チャートの左にあるグリッド部分には、以下のようなプロジェクト シート固有の列が表示されます。
  • 開始日
  • 終了日
  • % 完了 (オプション)
  • 期間 (オプション)
  • 先行タスク (オプション)
    : オプション列はガント チャートを表示する際には必要ありませんが、シートの依存関係を有効にする場合は使用されます。
各列は、タイムラインと、自動設定された依存関係機能をサポートするようにプログラムされています。シートの [プロジェクト設定] では、依存関係を有効にしたり、非稼働日や祝祭日を設定したり、1 日の長さ (時間) を設定したりできます。これらのオプションはレポートでは使用できません。

ヒント: 依存関係を有効にすると、プロジェクトのクリティカル パスを確認できます。

シートのプライマリ列では、階層を使用することで、データをインデントしてセクションに分けることができます。各セクションは展開と折りたたみが可能で、これによりセクション内のタスクの表示/非表示を切り替えます。子行は開始日と終了日に基づいて、ガント チャートの個別タスク バーとして表示されます。そのシートで依存関係が有効になっている場合は、各親行には子行のサマリーが表示されます。プロジェクト シートの列では、親行の値は自動計算されるため、編集できません。依存関係が有効でなければ、親行のデータは編集可能です。
: 行の階層はレポートには表示されません。

シートのガント チャートのバーを右クリックして、[色設定] を選択すると、バーの色を変更できます。また、条件付き書式を使ってタスク バーの色を自動的に変更することも可能です。 レポートでは、関連付けられたシートに適用された形式がガント バーの背景色に反映されています。シートからバーの色を変更すると、レポートのバーの色も更新されます。

[プロジェクト設定][% 完了] 列を設定している場合、この列に値が入力されると、そのタスクのガント バーの表示にも反映されます。



ガント チャートを印刷するには、PDF、画像、または Microsoft Project (.xml) 形式にてエクスポートします。

 Smartsheet ブログのサポート ヒントをご覧ください。ガント チャートを印刷するには
 
基本的なガント チャートの作成方法については、以下のビデオをご覧ください。


さらに高度なガント チャートの機能については、以下のビデオをご覧ください。

YouTube にアクセスできない場合は、こちらをクリックしてビデオを視聴することもできます。

 Smartsheet ブログのサポート ヒントをご覧ください。セル リンクを使ってマスター ガント チャートを作成するには

トップに戻る  
この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ