プロジェクト設定の変更

シートのプロジェクト設定では、稼働日と非稼働日、ガント チャートの表示設定、およびリソース管理など、シートの各要素をカスタマイズすることができます。

注: シートのプロジェクト設定を変更するには、シートの所有者であるか、または管理者レベルの共有権限が必要です。

シートのプロジェクト設定で管理できる機能については、以下のそれぞれのセクションをご覧ください。


シートのプロジェクト設定を開く

グリッド ビューおよびガント ビューのときに任意の列ヘッダーを右クリックし、[プロジェクト設定の編集] を選択します。

[プロジェクト設定] ウィンドウが開きます。
 
プロジェクト設定
 

注:

  • シートをガント ビューに切り替えた場合は、[タイムライン表示] 設定のみが表示されます。
  • [リソース管理] のセクションは、マルチユーザー プランのお客様のみ利用可能です。ご利用のプランのタイプが不明な場合は、「Smartsheet のプランとユーザー タイプを特定する」を参照してください)。

トップに戻る


依存関係設定と稼働日の編集

日付範囲表示  

開始日および終了日の列—日付列を複数使用している場合、開始日および終了日を追跡するために使用すべき列を選択します。シートにガント チャートを追加する場合も、依存関係機能を使用する場合も、これらの列が必要です。

オプション  

% 完了の列—ガント チャートのタスク バーに「% 完了」表示をオーバーレイしたい場合や、親行 (サマリー) に「% 完了」の計算結果を表示させたい場合は、「% 完了」の情報が入っている列を選択します。

注: 親行の「% 完了」は、子行に手動で追加された「% 完了」および子行のタスクの期間に基づいて自動で計算されます。

依存関係

有効[依存関係の有効化] のチェックボックスをオンにすると、シートに自動の依存関係機能が追加されます。依存関係機能では、先行タスクの列および期間の列を使用します。この機能ではスケジュールから非稼働日を除外できるほか、1 日の長さ (時間) を変更することも可能です。また、親行の「期間」、「開始日」、「終了日」、「% 完了」の各列には自動計算が設定されるため、親行にはインデントされた子行のサマリーが自動的に反映されます。

先行タスクの列—先行タスクの列として設定したい列をシートから選択します。その列が基準となってタスク間に依存関係が設定されます。

期間の列—選択した期間の列は、稼働日と組み合わせてタスクの開始日/終了日の自動設定に使用されます。

稼働日  

稼働日と非稼働日—シートにて依存関係を有効にした後、[編集] をクリックすると、プロジェクトに対する非稼働日を曜日で選択できます。この設定はグローバルなアカウント設定より優先されます。これらの設定によってスケジュールの自動化がどのように変わるのかについては、「プロジェクト シートで稼働日、非稼働日、祝祭日を設定」をご覧ください。

1 日の長さ (時間)—プロジェクト シートの 1 日の長さ (時間) を指定します。既定では、1 日の長さは 8 時間に設定されています。稼働日の長さはタスクの日数を計算するときに影響します。たとえば、開始日を入力し、期間を 9 時間に設定した場合、終了日には開始日の翌日の日付が自動挿入されます。このとき、1 日の長さを 9 時間に変更すると、終了日は開始日と同じ日付になります。


ガント チャートの表示と動作のカスタマイズ

[プロジェクト設定] ウィンドウの [タイムライン表示] セクションでは、ガント チャートのタイムラインの間隔と表示形式、会計年度の開始月、およびガント チャートのガント バーの右側に表示される列情報を変更できます。たとえば表示ラベルに「連絡先リスト」列を設定すると、タスクに割り当てられたユーザーのリストが各ガント バーの隣に表示されます。

   タイムライン表示

ヒント: [今日の日付から開く] にチェックを付けると、シートを開いたときに現在のタスクにすばやく移動できます。