ガント バーやカレンダー バーの色を変更する

シートの所有者と、シートへの編集者権限または管理者権限を持つ共同作業者は、カレンダー ビューまたはガント チャートのバーの色を手動で変更できます。

カレンダー バーまたはガント バーの色を変更するには、バーを右クリック (Mac ユーザーの場合は、キーボード ショートカットで Ctrl キーを押しながらクリック) し、[色設定] を選択します。カラー パレットが表示され、色を選択できます。



注:
  • これらのオプションはレポートのガント/カレンダー ビューでは使用できません。レポートの色には、関連付けられたシートのガント/カレンダーの色が反映されています。
  • Ctrl キーまたは Shift キーを押して、複数のカレンダー バーまたはガント バーを選択し、新しい場所に移動することができます。こうすることで、列の日付はカレンダーやガント チャートの新しい場所を反映したものに変更されます。
  • カレンダー バーやガント バーの既定の色は、[色設定とロゴ] ウィンドウで設定できます。既定色の設定後にシートを新たに作成すると、設定した色が最新のブランドとして自動的に適用されます。
  • 左ツールバーの条件付き書式アイコン を使ってルールを設定し、そのルールに基づいた色を自動的にガント バーとカレンダー バーに適用できます。
  • 依存関係が有効になっている場合、ガント バーとカレンダー バーの親行の色は常に灰色で表示され、変更できません。
  • クリティカル パスの機能が有効になっている場合、ガント バーの周囲に赤色の境界線が表示され、プロジェクトを期限内に完了させるために必要なタスクのつながりが可視化されます。境界線の色は変更できません。

トップに戻る