プロジェクト シートで稼働日、非稼働日、祝祭日を設定

適用対象

Smartsheet
  • Pro
  • Business
  • Enterprise

依存関係が有効なプロジェクト シートでは、シート所有者とシートへの管理者権限を持つ共同作業者が、稼働日の長さ (時間) をはじめ、プロジェクトの非稼働日や祝祭日を設定できます。

Smartsheet で非稼働日および祝祭日を設定する際は、以下の点に注意してください。

  • ガント チャート タイムラインが日単位で表示されているときは、非稼働日は灰色で、祝祭日はピンク色で強調表示されます。
  • 非稼働日や祝祭日をタスクやマイルストーンの開始日として手動でスケジュールすることは可能ですが、非稼働日や祝祭日を終了日として設定することはできません。
  • 非稼働日と祝祭日は期間の計算から除外されます。

ビジネス プランまたはエンタープライズ プランのシステム管理者は、アカウント レベルで稼働日、非稼働日、および祝祭日を設定することも可能です。 設定した稼働日、非稼働日、および祝祭日は、アカウント内のライセンス ユーザーが新たに作成する、依存関係が有効なすべてのシートに適用されます。 (ご利用中のプラン タイプがわからない場合は、 「Smartsheet プランとユーザー タイプを特定する」をご覧ください)

ヒント: アカウント内のライセンス ユーザーを一覧表示するには、[ユーザー 管理] 画面を開きます。


シート レベルの稼働日、非稼働日、祝祭日

シートの [プロジェクト設定] フォームを使用して、稼働日の長さ (時間) を設定したり、非稼働日や祝祭日を指定したりできます。 非稼働日と祝祭日は、期間の計算から除外され、各プロジェクト シートに応じて別々に設定できます。

注: これらの設定を行うには、まずそのシートで依存関係を有効にする必要があります。 依存関係を有効にする方法については、「依存関係の有効化および先行タスクの使用」をご覧ください。

  1. ガント チャート のヘッダーにて [プロジェクト設定] アイコンをクリックするか、任意の列ヘッダーを右クリックして [プロジェクト設定の編集] を選択すると、[プロジェクト設定] ウィンドウが表示されます。
    [プロジェクト設定] ウィンドウ
  2. [稼働日] セクションの[編集] をクリックすると、[稼働日] ウィンドウが表示されます。
  3. そのプロジェクトにおいてチームが稼動する曜日のチェックボックスをオンにします。
  4. チームの 1 日の稼働時間が 8 時間ではない場合は、[1 日の長さ (時間)] フィールドに稼働日の正しい時間数を入力します。
  5. [非稼働日 (祝祭日、例外日)] セクションに、非稼動日や祝祭日を入力します。
    ヒント: キーボード ショートカットを使って、日付をコピーすることも可能です。また、そのフィールドの右にある [カレンダー] アイコンをクリックして、カレンダー ピッカーから日付を選択する方法もあります。
     
  6. [OK] をクリックして [プロジェクト設定] フォームを閉じます。

アカウント レベルの稼働日、非稼働日、祝祭日

ビジネス プランまたはエンタープライズ プランのシステム管理者は、アカウント レベルで稼働日を設定できます。 設定した稼働日、非稼働日、休日は、アカウント内のライセンス ユーザーが新たに作成する、依存関係が有効なシートに適用されます。 テンプレートから新規作成されるシートには、アカウントレベルで稼働日が設定されていても、常にテンプレートの稼働日が自動的に適用されます。 独自のテンプレートを作成する方法については、「テンプレート: 独自のテンプレートの作成やソリューション センターのテンプレートの使用」をご覧ください。

  1. 左上の[アカウント] をクリックし、[アカウント管理] を選択します。 [アカウント管理] ウィンドウが表示されます。 左側の [アカウント設定] をクリックします。
  2. [稼働日] の下の [編集] ボタンをクリックして設定を行います。
  3. そのプロジェクトにおいてチームメンバーが稼動する曜日のチェックボックスをオンにします。
  4. チームの 1 日の稼働時間が 8 時間ではない場合は、[1 日の長さ (時間)] フィールドに稼働日の正しい時間数を入力します。
  5. [非稼働日 (祝祭日、例外日)] セクションに、非稼動日や祝祭日を入力します。
  6. [OK] をクリックして変更を保存します。