プロジェクト シートにベースラインを設定する

適用対象

Smartsheet
  • Pro
  • Business
  • Enterprise

機能

この機能を使用できるユーザー

シート所有者および管理者はベースラインを作成できます。 シートにアクセスできるユーザーはベースラインを表示できます。

ベースラインを使用すると、プロジェクト シートの個々のタスクと行の開始日、終了日、および日付の差異を設定できます。 有効にすると、プロジェクト ベースライン サマリーが表示され、プロジェクト全体のステータスを確認することもできます。

ベースラインを有効にすると、編集不可能な 3 つの列がシートに追加されます。

  • ベースライン開始日 - 開始列の日付。
  • ベースライン終了日 - 終了列の日付。
  • 差異 - 実績終了日ベースライン終了日の差異。

ベースラインの列

さらに、ベースラインの日付と実際の日付に対する視覚的なガント バーが表示されます。 ガント ビューでベースライン バーを表示または非表示にするように設定を変更した場合、変更は自分のユーザーに対してのみ保存され、他のユーザーには影響しません。

ベースラインは読み取り専用のセル データとして表示されます。 このため、ベースラインはレポート、ダッシュボード、その他の Smartsheet アイテムに表示されますが、変更はできません。

注: 

  • プロジェクト シートに追加できるベースラインは 1 つのみです。 複数の開始日列と複数の終了日列がある場合、ベースラインに関連付けることができるのは、1 つの開始日列と終了日列のセットのみです。
  • ベースラインは、開始日と終了日がない行、または開始日が終了日より後の行には追加されません。 セル データも、使用可能な日付形式である必要があります。 たとえば、「TBD」や「7 月」などの文字列の値は使用できません。
  • ベースラインの変更履歴はアクティビティ ログには記録されませんが、セルの履歴で確認できます。

ベースラインを使用するようにプロジェクト シートを設定する

プロジェクト シートでベースラインを有効にするには:

  1. プロジェクト シートにまだ開始日列と終了日列がない場合は、それらを追加する必要があります。 ベースラインは、シートに開始/終了日列がある場合にのみ作成できます。
    プロジェクト シートの設定の詳細については、「プロジェクト設定の変更」をご覧ください。
  2. ガント ビューに切り替えて、ツールバーの [ベースライン] ボタンをクリックします。 シートの開始日と終了日に、それぞれ現在の最も早い日付と最も遅い日付が表示されます。
    ベースラインのボタン
  3. 有効にするには、[設定] ボタンをクリックします。
    ベースラインの設定

以上です。 これで、シートでベースラインが有効になりました。

ベースライン サマリーを表示する

プロジェクト シートで有効にすると、ベースライン サマリーを使用してベースライン情報を表示、編集、削除できます。

ベースライン サマリーを開くには、ガント ビューに切り替えて、ツールバーの [ベースライン] ボタンを再度クリックします。

ベースライン サマリー

ベースライン サマリー ビューでは、次のように表示されます。

  • ガントにベースラインを表示 - ガント ビューでベースラインを有効にできます。
  • 実績 - 列内の最も早い実績開始日と最も遅い実績終了日。
  • ベースライン - ベースラインを最初に有効にしたときに設定された、列内の最も早いベースライン開始日と最も遅いベースライン開始日。
  • 差異 - プロジェクトに対して定義された作業スケジュールに基づいて、10 進数の日数で計算された実績終了日ベースライン終了日の差。 差異は、プロジェクトの全体的なステータスを、予定より遅れている日数予定より進んでいる日数、または予定どおりとして表示します。
  • リセット - 新しいベースライン開始日とベースライン終了日を設定します。
  • 削除 - シートからベースラインを削除します (詳細については、「シートからベースラインを編集または削除する」セクションをご覧ください。)

シートからベースラインを編集または削除する

ベースラインを表示、編集、削除するには、ガント ビューに切り替えて、ベースライン アイコンを選択します。

日付が変更されると、差異の値は自動的に更新されます。 ベースライン サマリー ビューで差異を完全に表示できます。

ベースライン開始日とベースライン終了日は変更できません。 実際のプロジェクトの日付を更新すると、差異列の再計算がトリガーされます。

ガントからベースライン バーを削除する場合は、オンとオフを切り替えます。 差異ベースライン開始日、およびベースライン終了日の列はレポートに表示されますが、ガント ビューのベースライン バーはレポートまたはダッシュボード ウィジェット レポートには表示されません。

ベースラインを削除するには [削除] を選択し、選択内容を確認します。 これによりベースラインは削除されますが、カスタムのベースライン列は削除されません。 これらの列は、日付 (ベースライン開始日およびベースライン終了日) および文字列/数値 (差異) 列に変換されます。 セル データは変更されません。

ベースラインをリセットするには、[リセット] を選択します。 これにより、差異が 0 にリセットされ、ベースライン列の値が開始日列と終了日列の現在の値に設定されます。
これにより、プロジェクトの日付の新しいスナップショットが作成され、差異が [予定どおり] と表示されます。