ダッシュボードとポータル

ダッシュボードおよびポータルを使用すると、設定しやすいビューにて、重要なデータや必要なリソースをリアルタイムで可視化することができます。ダッシュボードおよびポータルは、共有対象となるデータのタイプに関連したさまざまなウィジェットで構成されています。これらは誰にでも共有でき、モバイル アプリでも簡単に見ることができます。

ダッシュボードとポータルは機能としては同じですが、使用目的が異なります。

ポータルは、チームにとっての重要な情報を一元化するために使用します。これには一般的に、リッチ テキスト、ショートカット、および画像ウィジェットが含まれます。良い使用例としては、チームおよび部門のリソースを蓄積し、正しいデータの提供元となるチーム ポータルなどがあります。  

一方でダッシュボードは、事業のステータスをリアルタイムで可視化するものです。メトリック、チャートおよびグラフ、およびレポート ウィジェットにて重要な KPI を提供し、迅速かつより良い意思決定の実現に貢献します。良い使用例としては、タスクや機会などの重要なメトリックを目立たせて、パイプラインやパフォーマンスを追跡できるセールス パイプライン ダッシュボードなどがあります。

ダッシュボードの概要

ダッシュボードを使用することで、適切なときに適切な情報を入手して、より良い意思決定をすばやく行うことができます。 

「ダッシュボード」機能は、Smartsheet のビジネス プランまたは対象のエンタープライズ プランのお客様向けとなっています。個人プランまたはチーム プランをご利用のお客様で、プランのアップグレードをご検討の場合は、Smartsheet までお気軽にご連絡ください。

ステップ バイ ステップの手順に従ってダッシュボードまたはポータルを作成します。

Smartsheet のダッシュボードまたはポータルの作成と編集

ダッシュボードまたはポータルは、作業に関する重要なデータを可視化してサマリー表示するのに最適なツールで、プロジェクト ステータスの共有や KPI (重要業績評価指標) の追跡などに役立ちます。 また、ダッシュボードを作成して関連シートやレポートを 1 か所に集めることにより、必要なデータにすばやくアクセスできる情報ハブとして使用することも可能です。

ダッシュボードの例

はじめに、新しいダッシュボードを作成し、ニーズに応じたインタラクティブなウィジェットを追加します。作成したダッシュボードは、後で変更を加えることも可能です。ダッシュボードの共有に関する詳細は、「Smartsheet ダッシュボードの共有」をご覧ください。


新しいダッシュボードの作成

  1. [メニュー] アイコン (Smartsheet の画面左上) をクリックし、続いて [ソリューション センター] (プラス マーク) アイコンをクリックします。
  2. 左パネルで [作成] をクリックし、[ダッシュボード] タイルを選択します。
  3. ダッシュボードの名前を入力し、[OK] をクリックします。

    新しい空白のダッシュボードが表示されます。

  4. パネル上部の [+ ウィジェットの追加] をクリックし、ダッシュボードにデータを追加します (ウィジェットのタイプと設定方法については、ダッシュボード ウィジェットに関する記事をご覧ください)。
     
  5. ウィジェットは、作成後にそのサイズや位置を変更することも可能です。
    • ウィジェットをクリックしてドラッグすると、新しい位置に移動できます。
    • ウィジェットのサイズを変更するには、該当するウィジェットの右下をクリックしてドラッグします
       
  6. ダッシュボード左上の [保存] をクリックします。

ダッシュボードの背景色の調整

Smartsheet でダッシュボードを開いている時に、該当するダッシュボードの背景色を灰色または白地に設定できます。

ダッシュボードの背景色を変更するには

  1. ダッシュボード左上の [編集] をクリックします。

  2. ダッシュボード右上の [設定] をクリックし、[ダッシュボードの設定] ウィンドウで好きな背景色を選択します。

    変更はすぐに反映されます。


     
  3. [保存] をクリックして変更を適用します。

既存のダッシュボードの変更

  1. 変更を加えるダッシュボードを開き、ダッシュボードの左上の [編集] ボタンをクリックします。
    • ウィジェットを追加する場合は、[+ ウィジェットの追加] をクリックします。
    • 既存のウィジェットを変更するには、該当するウィジェットをダブルクリックします。該当するウィジェットの左下にマウスオーバーし、[ウィジェットの編集] をクリックすることもできます。 ウィジェットの編集
    • 既存のウィジェットを削除するには、該当するウィジェットの左下にマウスオーバーし、[ウィジェットの削除] をクリックします。
    • ウィジェットを複製するには、該当するウィジェットの左下にマウスオーバーし、[ウィジェットの複製] をクリックします。 複製
  2. ダッシュボードの編集が終了したら、[保存] をクリックします。

ダッシュボードに現在のシートおよびレポートのデータを追加

グラフメトリック、およびレポート ウィジェットでは、シートやレポートの現在のデータをダッシュボードに追加できます。これらのウィジェットを使ったデータの追加ができるかどうかは、該当するシートまたはレポート、そしてダッシュボードに対する共有権限により異なります。

  • メトリック ウィジェットを使ってシートからダッシュボードにデータを追加するには、そのシートに対するアクセス権限が必要です。Smartsheet のシートに関する詳細は、シートの作成に関する記事をご覧ください。
  • グラフ ウィジェットを使ってシートからダッシュボードにデータを追加するには、そのシートに対するアクセス権限が必要です。Smartsheet のシートに関する詳細は、「シートの作成」をご覧ください。
  • レポート ウィジェットを使ってシートからダッシュボードにデータを追加するには、そのシートに対するアクセス権限が必要です。Smartsheet のレポートに関する詳細は、レポートの作成に関する記事をご覧ください。
  • Web コンテンツ ウィジェットを使ってダッシュボードにデータを追加するには、そのデータが存在するアプリケーションへのアクセス権が必要です。 

以下はダッシュボードにデータを追加する際に必要となる権限の一覧表です。

追加するウィジェットダッシュボードで必要な権限元のアイテムに対して必要な権限
レポート ウィジェット所有者または管理者*レポート: 所有者または管理者
メトリック ウィジェット所有者または管理者*シート: 所有者、編集者、または管理者
グラフ ウィジェット所有者または管理者*シート: 所有者、編集者、または管理者
Web コンテンツ ウィジェット所有者または管理者*データ ソースのアプリケーションによって異なります

*Smartsheet のライセンスも必要です。ライセンス ユーザーに関する詳細は、ユーザーのタイプに関する記事をご覧ください。

レポート ウィジェット: 閲覧者と表示内容

ユーザーがレポート ウィジェットのデータを閲覧する場合、元のシートを共有される必要はありません。レポート ウィジェットには作成したユーザーの視点に基づいたデータが表示されます。つまり、作成者が共有されているデータや共有権限を持つデータが含まれます。ウィジェットのデータの内容が、ダッシュボードの閲覧者によって変わることはありません。 

たとえば次のような状況になります。

  1. 自分だけがアクセス権を持つシートのレポートを作成するとします。

  2. そのレポートを別のユーザーに共有します。そのユーザーが直接レポートを見ようとすると、その元のシートに対するアクセス権がないため空白のデータが表示されます。

  3. 今度は、そのレポートをレポート ウィジェットを使ってダッシュボードに追加し、そのダッシュボードを先ほどのユーザーに共有します。ダッシュボードのレポート ウィジェットは空白にはならず、レポート作成時に自分が見ていたものと同じ情報がほかのユーザーにも表示されます。


ダッシュボードの現在のユーザーのレポート条件

上記の例は、レポート ウィジェットを使ってダッシュボードに追加したレポートの現在のユーザーの条件にも適用されます。ダッシュボードにレポート ウィジェットを追加したユーザーは、ダッシュボードを閲覧するユーザーから現在のユーザーとして扱われます。現在のユーザー レポート条件の詳細は、レポートの作成に関する記事をご覧ください。

ダッシュボードまたはポータルを構成するウィジェットのタイプをご確認ください。 

Smartsheet ダッシュボードで使用できるウィジェットのタイプ

ダッシュボードでは、厳選したデータやリソースのコレクションを視覚的効果の高い方法で共有することができます。各コレクションはウィジェットを使って作成します。

ウィジェットのタイプとその機能については、以下のリンクからご確認ください。

ダッシュボードの作成および編集方法については、「Smartsheet ダッシュボードの作成と編集」をご覧ください。

なお、ダッシュボードはビジネスまたはエンタープライズ プランのお客様のみご利用いただけます。詳細は、「プランと価格」 ページをご覧いただくか、Smartsheet へお問い合わせください。

メトリック

メトリック ウィジェットでは、同じシートにある 1 つ以上のセルのデータを表示できます。このウィジェットを選択し、[データの追加] をクリックして、表示したいデータの入ったシートとセルを選択したら、最後に [OK] をクリックします。

メトリック ウィジェットを使ってシートからデータを追加するには、そのシートの閲覧者以上の権限が必要です。

注: グリッド形式にてデータを表示したい場合は、まずレポートを作成し、レポート ウィジェットを使用してください。

表示するデータを選択したら、以下のステップにてウィジェットの外観を整えます。

目的 必要なステップ

ウィジェット内のデータの揃え方を変更する

配置ボタンをクリックして、ウィジェットに表示するデータを左揃えや中央揃えにします。

ダッシュボード ウィジェットの配置ボタン

ウィジェットにタイトルを付ける

[タイトルの表示] の隣のチェックボックスをオンにします。自動的にシートのタイトルが表示されますが、そのフィールドをクリックすれば新しいタイトルを入力できます。

ウィジェットの各フィールドの書式を設定する

ウィジェットのフィールドをクリックし、利用できる書式の一覧から書式を選択します。

元のシートの書式をフィールドに表示する

そのフィールドをクリックし、以下の [セル書式を使用] ボタンをクリックします。

セル書式を使用 

ウィジェットの動作を編集する (ウィジェットをクリックしたときの動作)

[動作の編集] をクリックし、以下のいずれかを選択します。

  • 何もしない (アクションなし)

  • 元のシートを開く

  • URL 先に移動する

  • Smartsheet アイテムを開く

ウィジェットの編集が完了したら [終了] をクリックしてウィンドウを閉じます。

トップに戻る


グラフ

シートに表形式で表示されているデータを基にライブ グラフを追加します。 

ダッシュボード用グラフ ウィジェットの作成方法については、「グラフにてライブ データを視覚的に比較」をご覧ください。

目的必要なステップ
グラフ化される行と列を入れ替える[行列を入れ替える] をクリックします。
グラフ タイプを変更する 使用したいグラフ タイプのタイトルをクリックします。
グラフや軸にタイトルを追加する[タイトルと凡例] セクションを開き、必要なタイトルを入力します。
  • タイトルを追加するときは、必ず [グラフ タイトル] のチェックボックスがオンになっていることを確認してください。
  • タイトルの書式を変更するには、そのタイトルのテキスト ボックスをクリックし、書式設定ボタンを使ってタイトルの書式を変更します。
グラフに凡例を追加または凡例を移動する

[タイトルと凡例] セクションを開き、以下のいずれかを選択します。

  • なし
グラフにグリッド線を追加する (円グラフ以外)[横軸] または [縦軸] セクションを開き、[グリッド線] チェックボックスをオンにします。
円グラフの各スライスにパーセンテージまたは実際の数値をラベルとして挿入する[円グラフ] セクションを開き、[スライス ラベル] チェックボックスがオンになっていることを確認してから、ドロップダウンにて以下のいずれかを選択します。
  • パーセンテージ
データの色を変更する、またはデータにレベルを追加する

[シリーズ] セクションを開き、書式を設定するアイテムを選択します。 

注: グラフのすべてのデータには既定のオプションが適用されます。

表に入力されているテキスト ラベルを使用しない[列名をラベルとして使用する] のチェックボックスをオンにします。
ウィジェットの動作を編集する (ウィジェットをクリックしたときの動作)[動作の編集] をクリックし、以下のいずれかを選択します。
  • 何もしない (アクションなし)
  • 元のシートを開く
  • URL 先に移動する
  • Smartsheet アイテムを開く

ウィジェットの編集が完了したら [終了] をクリックしてウィンドウを閉じます。

トップに戻る


ショートカット

ショートカット ウィジェットでは、特定の URL、ファイル、または Smartsheet アイテムへのリンクを設定できます。このウィジェットを選択し、[ショートカットの追加] をクリックします。[ショートカット タイプの選択] にて以下のいずれかを選択します。

  • URL: リンク先を指定してテキストを表示させます。 リンク先には、内部サイト、外部サイト、Web フォームなど、あらゆるタイプを指定できます。
  • ファイル: [添付] をクリックし、添付したいファイルを選択します。
  • Smartsheet アイテム: リンク先となるシート、レポート、またはダッシュボードを選択します。

    注: ほかのユーザーがダッシュボードを閲覧する場合、アイテムにアクセスできるのは、そのアイテムを共有されているユーザーのみになります (詳細については、「ダッシュボードの共有」をご覧ください)。

ショートカット先を指定したら、以下のステップにてウィジェットの外観を整えます。

目的

 必要なステップ

ウィジェット内のショートカットの揃え方を変更する

配置ボタンをクリックして、ウィジェットに表示するデータを左揃えや中央揃えにします。

ダッシュボード ウィジェットの配置ボタン

ウィジェットにタイトルを付ける

[タイトルの表示] の隣のチェックボックスをオンにします。 [カスタム タイトルの編集] をクリックし、ウィジェットのタイトルを入力します。

ウィジェットの各リンクの書式を設定する

ウィジェットのフィールドをクリックし、利用できる書式の一覧から書式を選択します。

ウィジェットの編集が完了したら [終了] をクリックしてウィンドウを閉じます。

トップに戻る

 


リッチ テキスト

リッチ テキスト ウィジェットでは、自由にテキストを入力することができます。これにより、タイトル、指示、更新内容など、さまざまなタイプの文書を入力できるようになります。

テキストを追加した後、以下の作業を行います。

  • ウィジェットにタイトルを付けます。[タイトルの表示] の隣のチェックボックスをオンにします。[カスタム タイトルの編集] をクリックし、ウィジェットのタイトルを入力します。
  • テキストの書式を設定します。テキストを選択し、利用できる書式の一覧から書式を選択します。

ウィジェットの編集が完了したら [終了] をクリックしてウィンドウを閉じます。

トップに戻る


レポート

レポート ウィジェットでは、ダッシュボードにレポートを表示できます。これにより、ダッシュボードを共有されたユーザーは、元のシートにアクセスしなくても、レポートのデータを見ることができるようになります。ウィジェットをクリックし、[レポートの選択] をクリックしてレポートを選択します。

レポート ウィジェットを使用してダッシュボードにレポートを追加するには、そのレポートに対する管理者以上の権限が必要です。

ヒント: (上の図のように) レポートにガント チャートを含める方法については、「レポートのガント ビュー」を参照してください。

レポートを選択したら、以下のステップにてウィジェットの外観を整えます。

目的

 必要なステップ

ウィジェットにタイトルを付ける

[タイトルの表示] の隣のチェックボックスをオンにします。
自動的にレポートのタイトルが表示されますが、そのフィールドをクリックすれば新しいタイトルを入力できます。

ウィジェットのタイトルの書式を設定する

タイトル フィールドをクリックし、利用できる書式の一覧から書式を選択します。

レポートから書式を削除する

[書式の削除]書式の削除ボタン をクリックします。

ウィジェットの動作を編集する (ウィジェットをクリックしたときの動作)

[動作の編集] をクリックし、以下のいずれかを選択します。

  • 何もしない (アクションなし)
  • 元のシートを開く
  • URL 先に移動する
  • Smartsheet アイテムを開く

レポート ウィジェットを使用するときは以下に留意してください。

  • レポートから表示される行数は、最大で 150 行です。それ以上をダッシュボードに表示する必要がある場合は、複数のレポートとレポート ウィジェットを作成することをご検討ください。
  • レポートにて条件に現在のユーザーを使用している場合、レポート ウィジェットでは、ダッシュボードにそのウィジェットを追加したユーザーに割り当てられているタスクが常に表示されます。レポートにて「現在のユーザー」を使用する際の詳細については、「自分に割り当てられたタスクを表示」をご覧ください。
  • レポートの添付ファイル/リンク列およびコメント列はウィジェットに表示されません。
  • ウィジェットに表示できるビューは、グリッド ビューとガント ビューのみです。

ウィジェットの編集が完了したら [終了] をクリックしてウィンドウを閉じます。

注: レポートまたはグラフ ウィジェットを作成したユーザーが、ダッシュボードまたはウィジェットのソースとなるレポートから共有解除された場合、そのレポートのデータは表示されなくなり、ウィジェットにはエラー メッセージが表示されます。

これを解決するには、以下のいずれかの調整を行ってください。

  • ダッシュボードのコピーを作成する
  • ウィジェットを編集し、必要なシートまたはレポートを再選択する (ダッシュボードの管理者で、さらにシートまたはレポートの閲覧者である必要があります)

トップに戻る


画像

画像ウィジェットでは、ダッシュボードに会社のロゴや従業員の写真などの画像を表示できます。ウィジェットをクリックし、[画像の挿入] をクリックして画像を選択します。コンピューターから画像をアップロードしたり、Google ドライブ、OneDrive、Box、または Dropbox の画像を挿入したりすることが可能です。画像ウィジェットに使用できる画像のタイプは jpg、gif、または png です。 

画像を挿入したら、以下のステップにてウィジェットの外観を整えます。

目的

 必要なステップ

ウィジェットにタイトルを付ける

[タイトルの表示] の隣のチェックボックスをオンにします。自動的にその画像のファイル名が表示されますが、そのフィールドをクリックすれば新しいタイトルを入力できます。

ウィジェットのタイトルの書式を設定する 

タイトル フィールドをクリックし、利用できる書式の一覧から書式を選択します。

ウィジェットの動作を編集する (ウィジェットをクリックしたときの動作)

[動作の編集] をクリックし、以下のいずれかを選択します。

  • 何もしない (アクションなし)
  • 元のシートを開く
  • URL 先に移動する
  • Smartsheet アイテムを開く

ウィジェットの編集が完了したら [終了] をクリックしてウィンドウを閉じます。


タイトル

タイトル ウィジェットでは、ダッシュボードに名前を付けたり、組織で使用するウィジェットを整理したりすることができます。

タイトル ウィジェットは以下のステップにて作成します。



  1. タイトルを入力し、適切な書式を設定します。タイトルは一行で表示されることが一般的ですが、このウィジェットでは入力されたテキストの分量に合わせて自動的に複数行に調整します。



  2. 画面右下の [終了] をクリックすると、ダッシュボードにウィジェットが表示されます。

Web コンテンツ

Tableau のグラフ、Smartsheet のフォーム、YouTube の動画など、インタラクティブ コンテンツをダッシュボードに追加します。ウィジェット タイプの詳細は、「Web コンテンツ ウィジェットを使用して、ダッシュボードにインタラクティブ コンテンツを追加する」をご覧ください。