Smartsheet ダッシュボードで使用できるウィジェットのタイプ

ダッシュボードでは、厳選したデータやリソースのコレクションを非常に見やすい画面で共有することができます。 各コレクションはウィジェットを使って作成します。

ダッシュボードを作成および編集する基本的な方法については、Smartsheet ダッシュボードの作成と編集に関する記事をご覧ください。

ウィジェットのタイプとその機能の詳細については、以下のリンクからご確認ください。

この機能を使用できるユーザー

権限要件アイコン シートの所有者または管理者権限を持つライセンス ユーザーは、ダッシュボード ウィジェットの追加や編集ができます。


使用可能プラン アイコン すべてのプラン タイプ


ダッシュボードの所有者または管理者としてグラフ ウィジェット、メトリック ウィジェット、およびレポート ウィジェットを使用すると、シートおよびレポートからダッシュボードにライブ データを追加できます。 これらのウィジェットを使ってデータの追加ができるかどうかは、ダッシュボードだけでなく、シートまたはレポートへの共有権限によって異なります。

  • メトリック ウィジェットまたはグラフ ウィジェットを使用してダッシュボードにデータを追加するには、まず参照するシートへのアクセス権限が必要です。 シートの詳細については、シートの作成に関する記事を参照してください。
  • レポート ウィジェットを使用してダッシュボードにデータを追加するには、レポートへのアクセス権限が必要です。 レポートの詳細については、レポートの作成に関する記事を参照してください。
  • Web コンテンツ ウィジェットを使用してダッシュボードにデータを追加するには、データが存在する元のアプリケーションへのアクセス権限が必要です。

ダッシュボードにデータを追加するために必要な権限は、以下の表の通りです。

追加したいウィジェット 元のアイテムに必要な権限
レポート レポート: 所有者または管理者
メトリック シート: 所有者、編集者または管理者
グラフ シート: 所有者、編集者または管理者
Web コンテンツ 元のアプリケーションによって異なる

 


メトリック

メトリック ウィジェットでは、1 つ以上のセルのデータを表示できます。

注: メトリック ウィジェットを使用してシートからデータを追加するには、そのシートに対して閲覧者以上の権限が必要です。

このウィジェット タイプを選択し、[データの追加] をクリックして、表示したいデータの入ったシートとセルを選択します。

データ ソースとしてグリッド データまたはシート サマリー データを選択するオプションがあります。

  • グリッド データを選択した場合、メトリック ウィジェットに表示したいセルを選択し、[OK] をクリックします。
  • シート サマリー データを選択した場合、表示したいシート サマリー フィールドのボックスにチェックを入れ、[OK] をクリックします。

メトリック ウィジェットのソース

  • データをグリッド形式で表示したい場合は、最初にレポートを作成し、レポート ウィジェット タイプを使用する必要があります。
  • 元のシートに追加された新しいフィールドまたは元のシートから削除されたフィールドを表示したい場合は、メトリック ウィジェットでも手動でフィールドを追加または削除する必要があります。

表示するデータを選択したら、以下の手順を実施してウィジェットの外観を整えます。

使用目的

次の手順を実行します

ウィジェット内のデータの配置方法を変更する

配置ボタンをクリックして、ウィジェットに表示するデータを左揃えや中央揃えにします。

ウィジェットの配置

ウィジェットにタイトルを付ける

[タイトルの表示] の隣のチェックボックスをオンにします。 自動的にシートのタイトルが表示されます。 タイトルのフィールドをクリックして、新しいタイトルを入力します。

ウィジェットの各フィールドの書式を設定する

ウィジェットのフィールドをクリックし、利用できる書式の一覧から書式を選択します。

元のシートの書式設定を有効にしてフィールドに表示する

フィールドをクリックし、[セルの書式設定の使用] をクリックします。

セルの書式設定の使用

ウィジェットの動作 (ウィジェットをクリックしたときの動作) を編集する

メトリック ウィジェットを編集し、[詳細オプション] をクリックします。 [このウィジェットがクリックされた場合] で、以下の操作オプションのいずれかを選択します。

  • 何もしない (アクションなし)

  • 元のシートを開く

  • URL 先に移動する

  • Smartsheet アイテムを開く

 

ウィジェットの編集が完了したら [終了] をクリックしてウィンドウを閉じます。


グラフ

シートのデータのテーブルに基づいてライブ グラフを追加します。

ダッシュボード用のグラフ ウィジェットの作成の詳細については、「ライブ データとグラフを比較する」をご覧ください。

注: レポートのデータに基づいてグラフを作成する場合は、希望の方法でデータが表示されるようにウィジェットが構成されていることを確認する必要があります。 詳細については、「ソースがレポートにある場合のウィジェット コンテンツの制御」をご覧ください。

使用目的

次の手順を実行します

グラフで列と行をプロットする方法を切り替える

 

[行/列を切り替え] をクリックします

グラフ タイプを変更する

 

使用するグラフ タイプのタイルをクリックします

グラフや軸にタイトルを追加する

[タイトル & 凡例] セクションを展開し、必要に応じてタイトルを入力します

  • タイトルを追加する際、[グラフ タイトル] のチェックボックスがオンになっていることを確認します
  • タイトルの書式を変更するには、そのタイトルのテキスト ボックスをクリックし、書式設定ボタンを使用してそのタイトルを変更します

グラフに凡例を追加または移動する

 

[タイトル & 凡例] セクションを展開し、次のオプションのいずれかを選択します。

  • なし

グラフにグリッド線を追加する (円グラフを除く)

 

[横軸] または [縦軸] セクションを展開し、[グリッド線] のチェックボックスをオンにします

円グラフのスライスに、全体の割合または実際の値でラベルを付ける

[円グラフ] セクションを展開し、[スライス ラベル] がオンになっていることを確認して、ドロップダウン リストを使用して次のいずれかを選択します。
  • パーセント

データの色を変更するか、グラフにプロットされるデータにラベルを追加する

 

[系列] セクションを展開し、書式を適用するアイテムを選択します。

注: 既定のオプションは、グラフ内のすべてのデータに適用されます。

テーブルのセルに入力したテキスト ラベルを無視する

 

[列名をラベルとして使用] のチェックボックスをオンにします

ウィジェットの動作 (ウィジェットをクリックしたときの動作) を編集する

 

グラフ ウィジェットを編集し、[詳細オプション] をクリックします。 [このウィジェットがクリックされた場合] で、以下の操作オプションのいずれかを選択します。
  • 何もしない (アクションなし)
  • 元のシートを開く
  • URL 先に移動する
  • Smartsheet アイテムを開く

 

ウィジェットの編集が完了したら [終了] をクリックしてウィンドウを閉じます。


ショートカット

ショートカット ウィジェットを使用すると、特定の URL、ファイル、または Smartsheet アイテムへのリンクまたはリンクのリストを作成できます。 このウィジェットを選択し、[ショートカットの追加] をクリックします。 [ショートカット タイプの選択] にて以下のいずれかを選択します。

  • URL: 宛先リンクを指定し、テキストを表示します。内部サイト、外部サイト、フォームなど、あらゆるタイプのリンクを使用できます。
  • ファイル: [添付] をクリックして、オンラインで保存されている添付したいファイルを選択します。

    注: サポートされているオンライン ストレージ ドライブ (Google ドライブ、OneDrive、Box、Dropbox、Evernote、Egnyte) でホストされているファイルのみを添付できます。
     
  • Smartsheet アイテム: リンク先となるシート、フォルダー、レポート、ワークスペース、またはダッシュボードを選択します。

    注: そのアイテムを共有されているユーザーのみ、ダッシュボードからそのアイテムにアクセスできます (詳細については、ダッシュボードの共有に関する記事をご覧ください)。

ショートカットを指定したら、以下の手順を実施してウィジェットの外観を整えます。

使用目的

次の手順を実行します

ウィジェットのショートカットの配置方法を変更する

配置ボタンをクリックして、ウィジェットに表示するデータを左揃えや中央揃えにします。

ウィジェットの配置

ウィジェットにタイトルを付ける

[タイトルの表示] の隣のチェックボックスをオンにします。[カスタム タイトルの編集] をクリックし、ウィジェットのタイトルを入力します。

ウィジェットの各リンクの書式を設定する

ウィジェットのフィールドをクリックし、利用できる書式の一覧から書式を選択します。

 

ウィジェットの編集が完了したら [終了] をクリックしてウィンドウを閉じます。

 


リッチ テキスト

リッチ テキスト ウィジェットを使用すると、タイトル、説明、更新、またはその他のタイプのテキストで使用したいテキスト文字列を入力できます。

テキストを追加したら、以下の作業を行います。

  • ウィジェットにタイトルを付ける. まず、[タイトルの表示] の隣のチェックボックスをオンにします。 [カスタム タイトルの編集] をクリックし、ウィジェットのタイトルを入力します。
  • テキストの書式を設定する: テキストを選択し、利用できる書式の一覧から書式を選択します。

ウィジェットの編集が完了したら [終了] をクリックしてウィンドウを閉じます。

 


レポート

レポート ウィジェットでは、ダッシュボードにレポートを表示できます。 これにより、ダッシュボードを共有されたユーザーは、元のシートにアクセスしなくても、レポートのデータを見ることができるようになります。 閲覧者がレポートで表示できるものを制御できます。 詳細については、「ソースがレポートにある場合のウィジェット コンテンツの制御」をご覧ください。

ウィジェットをクリックし、[レポートの選択] をクリックしてレポートを選択します。

レポート ウィジェットを使用してダッシュボードに追加するには、元のレポートで管理者レベル以上の共有権限が必要です。

レポートを選択したら、以下の手順を実施してウィジェットの外観を整えます。

使用目的

次の手順を実行します

ウィジェットにタイトルを付ける

[タイトルの表示] の隣のチェックボックスをオンにします。
自動的にレポートのタイトルが表示されます。 タイトルのフィールドをクリックして、新しいタイトルを入力します。

ウィジェットのタイトルの書式を設定する

タイトルのフィールドをクリックし、利用できる書式の一覧から書式を選択します。

レポートから書式設定を削除する

[書式設定の削除] 書式設定の削除 をクリックします。

ウィジェットの動作 (ウィジェットをクリックしたときの動作) を編集する

レポート ウィジェットを編集し、[詳細オプション] をクリックします。 [このウィジェットがクリックされた場合] で、以下の操作オプションのいずれかを選択します。

  • 何もしない (アクションなし)
  • 元のシートを開く
  • URL 先に移動する
  • Smartsheet アイテムを開く
ガント チャートの表示または非表示 レポート ウィジェットを編集し、[ガントの表示/非表示] [ガントの表示/非表示] を選択します。

 

レポート ウィジェットを使用する際には、以下の点に留意してください。

  • レポートから最大で 150 行が表示されます。 ダッシュボードにそれ以上を表示する必要がある場合は、複数のレポートとレポート ウィジェットの作成を検討する必要があります。
  • 既定では、ウィジェットのデータウィジェット編集者を対象範囲とします。 つまり、レポート ウィジェットには、ウィジェット編集者のレポート結果が表示されます。 レポート ウィジェットに、ダッシュボード閲覧者がアクセスできるデータとその結果を表示したい場合、特に現在のユーザー条件が元のレポートに適用される場合は、ウィジェットのデータの対象範囲ダッシュボード閲覧者に変更します。レポートでの現在のユーザーの使用に関する詳細については、「割り当てられているタスクの表示」をご覧ください。
    ダッシュボードを公開し、ウィジェットがダッシュボード閲覧者として実行されるように設定されている場合、ウィジェットは空白になり、その理由を説明するメッセージが表示されます。
  • レポートで現在のユーザーの条件を使用している場合、レポート ウィジェットには、ダッシュボードにそのウィジェットを追加したユーザーに割り当てられているタスクが常に表示されます。 レポートでの現在のユーザーの使用に関する詳細については、「割り当てられているタスクの表示」をご覧ください。
  • レポートの [添付ファイル/リンク] および [コメント] 列はウィジェットに表示されません。
  • ウィジェットに表示できるビューは、グリッド ビューとガント ビューのみです。

ウィジェットの編集が完了したら [終了] をクリックしてウィンドウを閉じます。

注: レポートまたはグラフ ウィジェットを作成したユーザーがダッシュボードまたはウィジェットの元のレポートの共有を解除されると、レポート データは表示されなくなり、代わりにウィジェットにエラー メッセージが表示されます。

これを解決するには、次のいずれかの調整を実施してください。

  • ダッシュボードのコピーを作成する
  • ウィジェットを編集して、目的のシートまたはレポートを再選択する (ダッシュボードでは管理者、シートまたはレポートでは閲覧者である必要があります)。

 


画像

画像ウィジェットを使用すると、会社のロゴ、従業員の写真、またはその他の画像をダッシュボードに追加できます。 ウィジェットをクリックし、[画像の挿入] をクリックして画像を選択します。 コンピューターから画像をアップロードしたり、Google ドライブ、OneDrive、Box、または Dropbox の画像を挿入したりすることが可能です。 画像ウィジェットに使用できる画像のタイプは jpg、gif、または png です。

画像を挿入したら、以下の手順を実施してウィジェットの外観を整えます。

使用目的

次の手順を実行します

ウィジェットにタイトルを付ける

[タイトルの表示] の隣のチェックボックスをオンにします。 自動的にその画像のファイル名が表示されます。 タイトルのフィールドをクリックして、新しいタイトルを入力します。

ウィジェットのタイトルの書式を設定する

タイトルのフィールドをクリックし、利用できる書式の一覧から書式を選択します。

ウィジェットの動作 (ウィジェットをクリックしたときの動作) を編集する

[動作の編集] をクリックし、次の動作オプションのいずれかを選択します。

  • 何もしない (アクションなし)
  • 元のシートを開く
  • URL 先に移動する
  • Smartsheet アイテムを開く

 

ウィジェットの編集が完了したら [終了] をクリックしてウィンドウを閉じます。


タイトル

タイトル ウィジェットを使用すると、ダッシュボードに名前を付けて、ウィジェットをより効果的に整理できます。

タイトル ウィジェットを使用するには、以下の手順を実行してください。

  1. タイトルのテキストを入力し、好みの書式を設定します。 通常、タイトルのテキストは 1 行で表示されますが、このウィジェットでは入力されたテキストの分量に合わせて自動的に複数行に調整します。
  2. 右下の [終了] を選択して、ダッシュボードにウィジェットを配置します。

Web コンテンツ

Tableau グラフ、Smartsheet フォーム、YouTube 動画などのインタラクティブなコンテンツをダッシュボードに追加できます。 このウィジェット タイプの詳細については、「Web コンテンツ ウィジェットを使用してインタラクティブなコンテンツをダッシュボードに追加する」を参照してください。