シートまたはその他の Smartsheet アイテムを作成または名前を変更する

適用対象

Smartsheet
  • Pro
  • Business
  • Enterprise

Smartsheet では、ほとんどのソリューションがシートから始まります。 シートは、情報が保存されるメインの場所です。 タスクやプロジェクトの期限、パンチ リスト、在庫、顧客情報など、さまざまなワークフローを追跡するようにシートを設定することが可能です。

ただし、必ずしもゼロから始める必要はありません。 ほかのプログラムで開始した既存のシートまたはプロジェクトをインポートして、それをもとに新しいシートを作成する方法については、「ファイルをインポートして新しいシートを作成」をご覧ください。 または、テンプレートから始めるには、「テンプレート: 独自のテンプレートの作成やソリューション センターのテンプレートの使用」をご覧ください。

必要なライセンスと権限

新しいシートまたはその他の Smartsheet アイテムを作成するには、ライセンス ユーザーである必要があります。(ダッシュボードなど、特定のプランタイプでのみ使用できるアイテムもあります。 詳細は、「Smartsheet のプランと価格」をご覧ください。)

アイテムの所有者のみが、アイテムの名前を変更できます。


新しいアイテムの作成

  1. 画面左側のナビゲーション バーで、[ソリューション センター] (プラス) アイコンをクリックします。
     
  2. 左パネルで [作成] をクリックし、作成するアイテムに必要なタイルを選択します。

    ソリューション センター タイル

    ヒント: ソリューション センター パネルでは、検索フィールドとカテゴリを使用してテンプレートを検索することもできます
     
  3. アイテムの名前を入力して、[OK] をクリックします。

    注: アイテム名に使用できる文字数は 50 文字までです。

画面が最新の情報に更新され、新しいアイテムが表示されます。これで、作業を開始する準備が整いました。

注: 作成したシートやその他のアイテムは、他の人と共有しない限り、自分のみに表示されます。 共有の詳細については、「シート、レポート、およびダッシュボードの共有」をご覧ください。


アイテムの名前を変更する

名前を変更するには、アイテムの所有者である必要があります。

  1. 左パネルの [参照] でアイテムの名前を右クリックして、[名前の変更] を選択します。
  2. 新しいアイテム名を入力し、[OK] をクリックします。

    注: 項目名に使用できる文字数は 50 文字までです。

Smartsheet アイテムの概要

グリッド—事前に定義された列はなく、まっさらな状態です。 ゼロから始めたいときにこれを使用します。

プロジェクト—プロジェクトを作成し、ガント チャート機能を有効にするために必要な共通の列が含まれています。

カード—カード ベースのかんばんスタイルのプロジェクトを開始するために必要なものを提供します。 カード ビューに関する詳細は、「カード ビューを使ったプロジェクトの可視化」をご覧ください。

[タスク リスト]—あらかじめ定義された列 ([タスク名]、[期日]、[割り当て先]、[終了]、および [コメント]) が含まれています。

フォーム—フォームが添付された基本的な 3 列のシートを作成します。フォームを使用して他のユーザーから情報を収集したい場合にこれを使用します。フォームの詳細については、「フォームを作成してシートに情報を取り込む」をご覧ください。

レポート—ここから開始して、レポートを作成します。 レポートに関する詳細は、「レポートの作成」に関する記事をご覧ください。

[ダッシュボード/ポータル]—シートのデータをわかりやすく可視化したり、情報ハブとして使用したりすることができます。 ダッシュボードの詳細については、「Smartsheet ダッシュボードの作成と編集」をご覧ください。