ファイルをインポートして新しいシートを作成

既存の Microsoft Excel ファイル、Microsoft Project ファイル、Google スプレッドシート、または Atlassian Trello ボードをインポートして、Smartsheet の新しいシートを作成できます。

ファイルをインポートするには、[ホーム] タプをクリックし、[インポート] をクリックして、インポートするファイル タイプを選択します。

インポートについての詳細は、インポートの対象となるファイルやプログラムの手順を確認してください。

注: インポートすると常に新しいシートが作成されます。ほかのプログラムから既存のシートにデータをインポートする場合は、コピー/貼り付けで対応します。

インポート条件および制限

インポートの条件は以下の通りです。

  • ファイルサイズが 10 MB 以下であること
  • 一度にインポートできるのは、最大 5,000 行、200 列、または 200,000 セルまで
  • Microsoft Excel ファイルは、xls、xlsx、または csv 形式であること
  • Microsoft Project ファイルは、バージョンが 2007、2010、2013、または 2016 で、形式が mpp、mpx、mspdi、または xml であること

以下は制限の一例です。

  • インポートするファイルにて Smartsheet にない機能 (セルの接合、ワークブック内の複数シート、またはセルの罫線など) が使用されている場合、それらはシートに含まれません。シートの外観については、インポートした後に手作業にて調整が必要な場合があります。
     
  • インポートする Excel シートまたは Google スプレッドシートに Smartsheet でサポートされていない数式が含まれている場合、その数式に解析不可能であることを示す #UNPARSEABLE エラー メッセージが表示されます。数式に関する詳細は、「数式エラー メッセージ」をご覧ください。

トップに戻る


Microsoft Excel ファイルのインポート

  1. [ホーム] タプをクリックし、[インポート] をクリックしてインポートするファイル タイプを選択します。
  2. [選択] をクリックしてインポートするファイルを選択します。[開く] をクリックして [続行] をクリックします。

    すると、[インポート設定] ウィンドウが開きます。

    インポート設定

  3. [シート名] ボックスにシート名 (50 文字以内) を入力します。
  4. [列ヘッダー] セクションで、Smartsheet の列ヘッダーとなる行を選択します。
  5. [プライマリ列] セクションで、プライマリ列にする列を選択します。この列は「文字列/数値」列である必要があります (詳細は、「列タイプ」をご覧ください)。

    注: プライマリ列は、階層を指定できる唯一の列です。詳細については、「階層: 行のインデントおよびインデント解除」をご覧ください。
     
  6. シートに数式が含まれている場合、その数式をインポートするシートに含めるかどうかを指定することができます。数式をインポートしない場合は、[インポート時に数式を含める] のチェックボックスをオフにします。
  7. [インポート] をクリックします。

インポートしたデータの入ったシートが Smartsheet に新たに作成されます。

Microsoft Excel のワークブックから複数のシートをインポート

Excel ワークブックでは、最初 (一番左) のワークシート タブのみがインポートされます。ワークシート タブが複数あるかどうかは、ワークブックの最下部で確認できます。

複数のタブ

Smartsheet にインポートしたいタブが複数ある場合

  • まず、上記の手順に従って、ワークブックを Smartsheet にインポートして新しいシートを作成します。
  • Excel ファイルに戻り、別のタブをドラッグしてそれを一番左に移動させます。
  • Excel ファイルを保存し、再び Smartsheet にインポートします。すると、一番左に移動したタブのデータを使った新しいシートが作成されます。
  • インポートしたいタブの分だけシートが作成されるまで、この作業を繰り返します。
  • Smartsheet 上で、目的に合わせてすべてのシートをフォルダーまたはワークスペースに移動します。

トップに戻る


Microsoft Project ファイルのインポート

  1. [ホーム] タプをクリックし、[インポート] をクリックしてインポートするファイル タイプを選択します。
  2. [選択] をクリックしてインポートするファイルを選択します。[開く] をクリックして [続行] をクリックします。

選択した Microsoft Project ファイルのデータが入ったシートが Smartsheet に新たに作成されます。

トップに戻る


Google スプレッドシートのインポート

  1. [ホーム] タプをクリックし、[インポート] をクリックしてインポートするファイル タイプを選択します。
  2. インポートするファイルを選択し、[選択] をクリックします。

    すると、[インポート設定] ウィンドウが開きます。

    インポート設定

  3. [シート名] ボックスにシート名 (50 文字以内) を入力します。
  4. [列ヘッダー] セクションで、Smartsheet の列ヘッダーとなる行を選択します。
  5. [プライマリ列] セクションで、プライマリ列にする列を選択します。この列は「文字列/数値」列である必要があります (詳細は、「列タイプ」をご覧ください)。

    注: プライマリ列は、階層を指定できる唯一の列です。詳細については、「階層: 行のインデントおよびインデント解除」をご覧ください。
  6. シートに数式が含まれている場合、その数式をインポートするシートに含めるかどうかを指定することができます。数式をインポートしない場合は、[インポート時に数式を含める] のチェックボックスをオフにします。
  7. [インポート] をクリックします。

インポートしたデータの入ったシートが Smartsheet に新たに作成されます。

トップに戻る


Atlassian Trello ボードのインポート

Atlassian Trello ボードをインポートする場合、最大 5,000 枚のカードまたは 50 のリストのインポートが可能です。カードに画像が含まれている場合は、インポートする画像ファイルの合計は最大 10 MB に制限されています。

インポートするボードを選択し、[OK] をクリックします。インポートしたデータの入ったシートが Smartsheet に新たに作成されます。既定では、シートはカード ビューで表示されます。

Atlassian Trello ボードをインポートすると、Smartsheet には次の列が常に作成されます (これらの列はグリッド ビューで表示されます)。

  • [タスク名] この列のフィールドには Trello のカードで使用していた名前が表示されます。また、「文字列/数値」列として設定されます。
  • [リスト] この列には Trello ボードのリスト名がすべて表示されます。リスト名は Smartsheet のカード ビューの列セット名として表示されます。
  • [メンバー] この列のドロップダウン リストには、Trello ボード メンバーの名前 (Trello ボードを共有している人々) がすべて表示されます。
  • [期日] カードの期日を設定している場合は、「日付」列のフィールドに表示されます。この列はデータ列形式に設定されます。
  • [説明] Trello ボードの説明文がここに表示されます。この列は「文字列/数値」列に設定されます。

Trello ボードに含まれている内容により、カードの列や情報が追加されます。

注: アーカイブ済みのカードは Trello からインポートされません。

トップに戻る

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ