テンプレート: 自分のテンプレートの作成またはソリューション センターのテンプレートを使用

プロジェクトをテンプレートから開始すると時間の節約になり、列名、列タイプ、および条件付き書式ルールといった基本要素の一貫性を保つことができます。このように基本要素を揃えておくと、複数のシートのロールアップ レポートやダッシュボードを作成する際の手助けになります。

このページの内容:


Smartsheet ソリューション センターのテンプレートを使用

シートを編集するのと同様に、既成のテンプレートをカスタマイズできます。たとえば、必要に応じてセル データを編集したり、列タイプを変更したり、または添付ファイル/リンクを含めたりできます。

テンプレートを探すには、Smartsheet を開きます。

  1. Smartsheet 画面上部の [新規作成] をクリックします。
     新規作成 
  2. 左パネルで [すべてのソリューションを見る] または特定のカテゴリーを選択して検索内容を絞り込みます
  3. 該当するテンプレート名をクリックして [使用] をクリックすると、そのテンプレートから自分用の新しいシートが作成されます。新しいシートには元のテンプレートと同じ名前が付けられますが、必要に応じて名前を変更できます (シート名の変更についての詳細は、「シートの作成と名前の変更」をご覧ください)。

Smartsheet の Web サイトで人気のテンプレートを閲覧することもできます。


自分のテンプレートを作成

どの既存のシートからでもテンプレートを作成できます。元のシートの列および条件付き書式のルールは常に新しいコピーに保存されます。通知設定に加え、行のデータ、手動の書式設定、添付ファイル/リンク、ディスカッションおよびフォームといった特定のデータと形式オプションを選択して含めることも可能です。

  1. テンプレートとして保存するシートを開きます。
  2. [ファイル] > [テンプレートとして保存] をクリックすると、[テンプレートとして保存] ウィンドウが開きます。
  3. テンプレートの名前と説明を入力します。
  4. [通知のオプション] および [データと書式設定のオプション] をクリックして、テンプレートに保存するオプションを指定します。

    列名と列のタイプのみを保持するには、[シートのデータと書式設定] のチェックボックスをオフにします。
  5. [保存] をクリックします。

テンプレートは、元のシートの保存先と同じフォルダーまたはワークスペースに保存されます。必要に応じて、テンプレートを [ホーム] タブからドラッグ アンド ドロップしてほかのフォルダーまたはワークスペースに移動できます。

注:

  • 作成したテンプレートは、すべての Smartsheet ユーザーに公開されるソリューション センターからはアクセスできません
  • 作成したテンプレートは、作成したユーザーのみ閲覧・使用可能です。ほかのユーザーがアクセスできるようにするには、このページの「テンプレートを共有」をご覧ください。
  • テンプレートを直接編集することはできません。テンプレートを変更するには、元のシートを編集して、新しいテンプレートとして再度保存する必要があります。

トップに戻る


作成したテンプレートを使用

自分のテンプレートから新しいシートを作るには

  1. テンプレートを探します。

    作成したテンプレートは、元のシートの保存場所と同じフォルダーまたはワークスペースに保存されます。[ホーム] タブから、左サイドバーのフォルダーやワークスペースの名前をクリックします。
     
  2. テンプレート名をクリックします。
    テンプレートのプレビューが表示されます。
  3. 画面右下の [テンプレートの使用] ボタンをクリックすると、[テンプレートの使用] ウィンドウが表示されます。
  4. シートに名前を付け、テンプレートに保存されている機能のうち新しいシートに含めるもの (データと書式設定、添付ファイル/リンク、ディスカッション、およびフォーム) を選択します。別のフォルダーやワークスペースにシートを保存することもできます。
  5. [保存] をクリックします。

トップに戻る  


テンプレートを共有

テンプレートを個別に共有することはできませんが、共有されたワークスペースに移動することができます。Smartsheet のライセンス ユーザーで、そのワークスペースを管理者権限付きで共有されているユーザーであれば、あなたのテンプレートから新しいシートを作成できます。

詳細については、「ワークスペースのアイテムを管理 (追加、移動、削除)」の「ワークスペースに既存のアイテムを移動」をご覧ください。

トップに戻る  

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ