モバイル アプリ

iOS 用の Smartsheet モバイル アプリまたは Android 用の Smartsheet モバイル アプリを使えば、どこにいても Smartsheet データにリアルタイムにアクセスできます。会議中でも外出中でも、編集可能なグリッドの情報を簡単に更新し、ダッシュボードでリアルタイムな進捗状況を把握し、データ収集のためのフォームを記入することができます。スマートフォンから、写真の添付、添付ファイル/リンクの表示、アラートへの対応、バーコードのスキャン、リクエストの更新、または承認の送信なども可能です。

デスクトップ アプリとモバイル アプリの違い

iOS および Android 用の Smartsheet モバイル アプリを使用すると、外出中に Smartsheet を確認してアクションを実行することができます。 

モバイル アプリ独自の機能

モバイル アプリとデスクトップ アプリには多くの類似点がありますが、モバイル アプリからのみ利用できる機能もいくつかあります。 そのような機能には、次のものがあります。

  • GPS を使用して位置情報をシートまたはフォーム フィールドに入力する
  • デバイスで写真を撮って編集し、シートまたはフォームの送信に直接アップロードする
  • バーコードや QR コードをスキャンして、シート データを検索または更新する
  • [ホーム] または [最近] 画面からフォームにすばやくアクセスする

上記の機能を念頭に置いて、チーム メンバーが外出先や現場で作業するためのプロセスを作成できます。 たとえば、建設チームが進捗状況の写真と現場の位置情報へのリンクをアップロードしたり、IT チームがバーコード スキャナーを使用してハードウェアやその他の事務用品の在庫を取得したりできます。

上記の機能の詳細などについては、iOS および Android の各記事を参照してください。

デスクトップで Smartsheet を使用する必要がある場合

モバイル アプリは堅牢ですが、いくつかの制限があります。 次のいずれかを実行する場合は、デスクトップ アプリを使用してください。

新規レポートの作成またはレポート ビルダーの編集 (一度構成したら、モバイル アプリからレポートのデータを編集できます)

これらの説明に従って、iOS 用の Smartsheet アプリを使用してください。