シート、レポート、またはダッシュボードの公開

シート、レポート、またはダッシュボードを公開すると、Smartsheet にログインしなくても誰でもアクセスできる独自の URL と、Web サイトのソース コードに埋め込んでシートやレポートを表示できる iFrame コードが生成されます。

この機能は、ビジネス プランおよびエンタープライズ プランのみで使用できます。ご利用のプランのタイプが不明な場合はこちらを参照してください。

公開をするには、サイドバーの「公開「公開」 をクリックします。

サイドバー

公開されたアイテムは動的です。つまり、公開時のデータが固定されて表示されるのではなく、常にリアルタイムのデータが表示されます。いつでも-ERR:REF-NOT-FOUND-公開を中止できます。公開を中止すると、そのシート、レポート、またはダッシュボードの公開バージョンには誰もアクセスできなくなります。

このページの内容:

必要な権限

シート、レポート、またはダッシュボードの所有者と管理者権限を持つ共同作業者は、「公開」機能を使用できます。

マルチユーザー アカウントのシステム管理者は、アカウント内のユーザー全員に対し、公開機能を制限または無効化できます。その方法については、グローバル アカウント設定に関する記事をご覧ください。

警告: この機能を使用すると、機密データが社外の人の目にさらされる危険性が伴います。公開アイテムへのリンクの共有先をより限定的にするには、アクセス制御のオプション (以下を参照) を使用するか、[シートのプロパティ]、[レポートのプロパティ]、または [ダッシュボードのプロパティ] ウィンドウから取得できるリンクをコピーして共有します。これらのプロパティ ウィンドウから取得できるリンクは、共有された共同作業者のみがアクセスできる安全なリンクです。


シートの公開

  1. サイドバーの「公開「公開」」をクリックし、[公開オプション] ウィンドウを開きます。

    注: マルチユーザー アカウントのメンバーで、そのシステム管理者が公開を無効にしている場合は、公開オプションは利用できません (詳細はグローバル アカウント設定に関する記事をご覧ください)。
  2. 1 つまたは複数の公開オプションでスライダーを [オン] にします。

    スライダーを [オン] にすると、そのシートへのリンクが生成され、公開の詳細をさらに設定できるウィンドウが表示されます

    シートの公開には以下のようにさまざまなオプションがあります。
     
    • 読み取り専用 - HTML: 軽く、読み込みの速いシートをご希望の場合は、このオプションが最適です。 カレンダー ビューやガント ビューへの切り替えオプションのない、シンプルな読み取り専用のシートが公開されます。添付ファイル/リンクやコメントは含まれず、インデントされている行を折りたたみ/展開することもできません。

      公開用リンクの URL を使用してシートを "https://" が必要な社内アプリケーションに埋め込む場合は、[SSL を使用する] のチェックボックスをオンにします (ほかの公開オプションでは、既定で SSL が使用されます)。

    • 読み取り専用 - 完全: このオプションは [読み取り専用 - HTML] よりユーザー インターフェースが豊富で、ユーザーは行の添付ファイル/リンクやコメントの表示、さらにはインデントされている行の展開や折りたたみができます。

      アクセス制御のオプションを使用して、誰でもアクセス可能にするか、シート所有者のアカウントのユーザーのみがアクセスできるようにするかを設定できます。

      公開設定オプションを使用して、既定のビューをグリッド (ガント) ビューやカレンダー ビューに設定することができます。公開されたシートにアクセスするユーザーが、必要に応じてビューを切り替えることも可能です。

    • 誰でも編集可能:編集者レベルの共有権限を持っているユーザーであれば誰でも、シートを開いて変更できます。

      アクセス制御のオプションを使用して、誰でもアクセス可能にするか、シート所有者のアカウントのユーザーのみがアクセスできるようにするかを設定できます。

      公開設定オプションを使用して、既定のビューをグリッド (ガント) ビュー、カード ビュー、またはカレンダー ビューに設定することができます。公開されたシートにアクセスするユーザーが、必要に応じてビューを切り替えることも可能です。

    • iCal (カレンダー): 誰でも予定をシートから自分の Smartsheet 以外のカレンダーに追加できるようになります。詳細は、「Smartsheet カレンダーを iCal に公開」をご覧ください。
       
  3. シートの公開用 URL や埋め込みコードを共有するには、キーボードを使用してウィンドウから URL またはコードをコピーし、電子メールや Web ページに貼り付けます (Smartsheet でのコピー/貼り付けについては、コピー/貼り付けの使用に関する記事をご覧ください)。

レポートの公開

公開オプションを使用するとレポートは読み取り専用で表示されますが、閲覧者は行の添付ファイル/リンクやコメントを開いたり、変更を強調表示したり、レポートを印刷したりできます。

レポートを公開するには

  1. サイドバーの「公開「公開」 をクリックし、[公開オプション] ウィンドウを開きます。

    注: マルチユーザー アカウントのメンバーで、そのシステム管理者が公開を無効にしている場合は、公開オプションは利用できません (詳細はグローバル アカウント設定に関する記事をご覧ください)。
     
  2. スライダーをクリックして [オン] にします。[読み取り専用 - 完全: 公開用リンク] ウィンドウが開きます。
     
  3. 必要な属性を選択します。
     
    • アクセス制御のオプションを使用して、誰でもアクセス可能にするか、シート所有者のアカウントのユーザーのみがアクセスできるようにするかを設定できます。

    • 公開設定オプションを使用して、既定のビューをグリッド (ガント) ビュー、カレンダー ビュー、またはカード ビューに設定することができます。公開されたシートにアクセスするユーザーが、必要に応じてビューを切り替えることも可能です。
       
  4. シートの公開用 URL や埋め込みコードを共有するには、キーボードを使用してウィンドウから URL またはコードをコピーし、電子メールや Web ページに貼り付けます (Smartsheet でのコピー/貼り付けについては、コピー/貼り付けの使用に関する記事をご覧ください)。

公開されたレポートには、レポートを公開したユーザーが Smartsheet で表示していたものと全く同じ結果が表示されます。
 


ダッシュボードの公開

この公開オプションでは、ダッシュボードは読み取り専用で表示されます。公開されたダッシュボードの閲覧者は、ダッシュボード上でのショートカットの使用や、ダッシュボードに設定されているウィジェット動作の使用が可能です。

ダッシュボードを公開する前に、次の点にご留意ください。

  • マルチユーザー アカウントのメンバーで、そのシステム管理者がグローバル アカウント設定にて公開を無効にしている場合は、公開オプションは利用できません 。
  • 公開されたダッシュボードは、10 分ごとに自動的に最新情報に更新されます。この設定はカスタマイズしたり、無効にしたりできません。

ダッシュボードを公開するには

  1. 公開するダッシュボード上部の「公開「公開」 をクリックします。[公開オプション] ウィンドウが開きます。
  2. スライダーをクリックして公開を [オン] にします。

    [読み取り専用 - 完全: 公開用リンク] ウィンドウが開きます。
     
  3. アクセス制御のオプションを使用して、誰でもアクセス可能にするか、シート所有者のアカウントのユーザーのみがアクセスできるようにするかを設定できます。
  4. シートの公開用 URL や埋め込みコードを共有するには、キーボードを使用してウィンドウから URL またはコードをコピーし、電子メールや Web ページに貼り付けます (Smartsheet でのコピー/貼り付けについては、コピー/貼り付けの使用に関する記事をご覧ください)。

ダッシュボードのウィジェット タイプに関する詳細は、「Smartsheet ダッシュボードで使用できるウィジェットのタイプ」をご覧ください。


公開の中止と公開オプションの変更

公開を中止、または公開オプションを変更するには  

  1. 公開「公開」をクリックして [公開] ウィンドウを開きます。
  2. 以下のいずれかを実行します。
     
    • 公開を取り止め、公開用リンクや iFrame コードを使用したシートへのアクセスを中止するには、オンにした各公開オプションのスライダーをクリックして [オフ] に切り替えます。
       
    • 変更を加えるには、変更する公開オプションの隣にある [リンクの取得] をクリックします。
この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ