添付ファイル/リンクのアップロード

シート、行、コメント、またはワークスペースには、ほとんどの種類のファイルを添付できます。ファイルの添付はお使いのコンピューターからも、サポートされているサードパーティーのクラウド ストレージ サービスからも可能です。 このページでは、お使いのコンピューターからのファイルの添付について説明します。

サードパーティーのクラウド ストレージ サービスからのファイルの添付については、Google ドライブ、OneDrive、Box、Dropbox、Evernote、Egnyte、および URL からの添付ファイル/リンクに関する記事をご覧ください。

ヒント: 電子メールで添付ファイルを受け取ることが多い場合は、Smartsheet for Gmail アドオンまたは Smartsheet for Outlook アドインからシートへの添付ファイルを取り込むことができます。 詳細は以下のヘルプ記事を参照してください。

添付ファイル/リンクと共有権限

シートまたはワークスペースが共有されているユーザー (閲覧者、編集者、および管理者) は、誰でも添付ファイルを表示およびダウンロードできます。閲覧者以外は、ファイルを追加、編集、または削除することもできます。


コンピューターからの添付ファイルのアップロード

ファイルの添付方法は、Smartsheet のどのアイテムに添付をするかによって異なります。使用中のアイテムの種類の手順に従って [添付ファイル/リンクのサマリー] ウィンドウを開きます。

: エンタープライズ プランのユーザーで、システム管理者がファイル添付オプションを無効にしている場合は、ファイルを添付することはできません。詳細は、グローバル アカウント設定」の「ファイル添付オプション」をご覧ください。

シート

シートを開き、Smartsheet 画面右サイドバーの [添付ファイル/リンク] をクリックします。

右サイドバー

行番号の右にあるドロップダウン矢印をクリックし、[添付ファイル/リンク] を選択します。
注: 添付ファイル/リンクを含む行の「添付ファイル/リンク」列には、添付ファイル/リンク アイコン が表示されます。

コメント

  1. 右サイドバーの [コメント] ボタンをクリックするか、行の先頭にあるドロップダウン矢印をクリックし、[コメント] を選択します。
  2. [コメントを追加] ボックスに新しいコメントを入力します。
  3. [コメントを追加] ボックスの端にある [添付ファイル/リンクを追加] をクリックし、コメントにファイルを添付します。

ワークスペース

  1. 左パネルの [ホーム] から、ファイルを添付するワークスペースを開きます。
  2. Smartsheet の画面右上の [添付ファイル/リンク] ボタンをクリックします ([共有] ボタンの近くにあります)。
  3. [添付ファイル/リンクのサマリー] ウィンドウで、[添付] をクリックし、次に [コンピューターからアップロード] をクリックします。
    ワークスペースの添付ファイル/リンク
  4. 使用中のコンピューターのディレクトリが表示されます。アップロードするファイルを選択し、[開く] をクリックします。


ヒント:

  • Shift キーを押しながら複数のファイルをクリックして選択すると、一度に複数のファイルをアップロードできます。
  • また、コンピューターのファイル ディレクトリから [添付ファイル/リンク] ウィンドウへファイルをドラッグ アンド ドロップすることで、Smartsheet へアップロードすることも可能です。

利用可能なファイル形式とサイズ

画像、PDF、Microsoft Word、Microsoft Excel、および Microsoft PowerPoint など、大半のファイル形式がサポートされています。セキュリティ上の理由から、ダウンロード時にリスクが発生する可能性のあるファイル形式 (.exe、.cmd、.js、.jsp、および .bat ファイル形式など) のアップロードは禁止されています。

ライセンス (有料) ユーザーが所有しているシートにアップロードできるファイルの最大サイズは、1 ファイルにつき 250 MB です。お試しアカウントのユーザーが所有しているシートの場合は、1 ファイルにつき最大 30 MB です。一度にアップロードできるファイルの数は 100 個までです。1 つの行やシートに添付できるファイルの数に制限はありませんが、添付ファイル用の記憶域には制限があり、このファイル記憶域はシート所有者のサブスクリプションによって異なります。

アカウントのシステム管理者は、[アカウント] > [アカウント管理] をクリックして、ご利用のプランの記憶容量制限と現在使用中の容量を確認できます。

30 MB を超えるファイルをアップロードする場合は、HTML 5 をサポートしているブラウザーが必要となります。Smartsheet が対応しているブラウザーに関する詳細については、「Smartsheet を使用するためのシステム要件」をご覧ください。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ