オンライン リソースからファイルまたはリンクを添付する

別のオンライン リソース (Google ドライブまたは OneDrive など) に保存されているファイルを管理し、それらのファイルを Smartsheet で管理しているアイテムに紐づけるには、添付ファイル/リンク機能を使用します。 ファイルは、ワークスペース、シート、行、またはコメント レベルで紐づけることができます。

次の手順に従います。

  • ワークスペース: ワークスペースの右上にある添付ファイル/リンク アイコンをクリックします。
    ワークスペースの [添付ファイル/リンク] ボタン
  • シート: 右パネルの [添付ファイル/リンク] をクリックして、添付ファイル/リンク パネルを表示します。
  •  右パネルの添付ファイル/リンク アイコン 添付ファイル/リンク パネルの一番下の [シートにファイルを添付] をクリックします。
  • 行: 添付ファイル/リンク アイコンをクリックします (カード ビューでは、[カード] をクリックしてから、[添付ファイル/リンクを追加] をクリックします)。
  • コメント: 編集するコメントを開き、コメントの右の添付ファイル/リンク アイコンをクリックします。

この機能を使用できるユーザー

権限要件アイコン シートの所有者、管理者、および編集者は、添付ファイル/リンクの追加、バージョン管理、または削除を実行できます。 シートにアクセスできるユーザーであれば誰でも、添付ファイル/リンクの表示やダウンロードができます。 添付ファイル/リンクは、有効なメール アドレスを持つ人に電子メールで送信できます。 一部のオンライン ストレージ サービスでは、ファイルへのアクセスや編集前に、追加の権限設定が必要となります。
使用可能プラン アイコン すべてのプラン タイプ。エンタープライズ アカウントおよびプレミア アカウントのシステム管理者は、ファイル添付オプションを無効にすることができます (「グローバル アカウント設定の管理」をご覧ください)。


サポートされているサードパーティ クラウド ストレージ サービス

下記は Smartsheet 添付ファイル/リンク機能を使用できるオンライン ストレージ サービスの一覧です。 これらのサービスに保存されているファイルを効率的に添付したり、ファイルにアクセスしたりするには、各サービスのワークフローに関する情報を利用してください。

 

ストレージ サービス

 

ファイル添付のワークフロー

 

ファイル アクセスのワークフロー

 

Google ドライブ

 

 

 

Smartsheet アドレスに Google アドレスを使用している場合、Google ドライブ ドキュメントへのアクセスをリクエストするポップアップ ウィンドウが表示されます。

 


アクセスを許可するためのボタンをクリックして続行します。

 


 Smartsheet へのログインに Google アカウントを使用していない場合は、Google ログイン情報を入力するためのポップアップ ウィンドウが表示されます。 Google ログイン情報は、Google ドライブから初めてファイルを添付する場合にのみ入力する必要があります。一度入力した Google ログイン情報は保存されるため、次回アイテムを添付する際には入力する必要がありません。

 

これらのプログラムでの適切な権限および Smartsheet でのシートまたはワークスペースへのアクセス権が必要です。

Google ドキュメント、Google スプレッドシート、または Google スライド形式に変換した Google ドライブからの添付ファイルを開く場合、ファイルに直接変更を加えることができ、Google は自動的に変更内容を保存します。

 


変更内容は Smartsheet の添付ファイルにも反映されます。


詳細は、Google ドライブのサポート ページをご覧ください。

 

OneDrive

 

 

 

この機能を初めて使用する際は、OneDrive へログインするためのポップアップ ウィンドウが表示されます。一度入力した OneDrive ログイン情報は保存されるため、次回アイテムを添付する際には入力する必要がありません。

 

別の OneDrive アカウントでログインしていることに気付いた場合は、右上のメール アドレスをクリックし、アカウントの切り替えを選択します。 

 

OneDrive の添付ファイルは、自分がファイルの所有者であるか、または OneDrive 上でファイルを共有されている場合を除き、読み取り専用となります。

 

ファイルの編集者権限を持っている場合、ファイル上部に [ドキュメントの編集] と表示されます。

 

Dropbox

 

この機能を初めて使用する際は、Dropbox へログインするためのポップアップ ウィンドウが表示されます。 一度入力した Dropbox ログイン情報は保存されるため、次回アイテムを添付する際には入力する必要がありません。 Dropbox アイテムを添付すると、そのアイテムへの公開リンクが Smartsheet に追加されます。

 

別の Dropbox アカウントでログインしていることに気付いた場合は、右上の名前をクリックしてログアウトした後、希望のアカウントを使ってログインします。

 

Dropbox の添付ファイルは、Microsoft Word、PowerPoint、または Excel ファイルでない場合、Smartsheet からアクセスすると読み取り専用となります。

 

DropBox は Microsoft Office Online との統合をサポートしているため、上部の [開く] をクリックして直接ファイルを編集できます。 変更箇所は Smartsheet の添付ファイルに同期されます。

 

詳細情報は、Office ファイルの編集に関する Dropbox のヘルプ ページをご覧ください。

 

Box

 

この機能を初めて使用する際は、Box へログインするためのポップアップ ウィンドウが表示されます。 一度入力した Box ログイン情報は保存されるため、次回アイテムを添付する際には入力する必要がありません。

 

別の Box アカウントへログインしていることに気付いた場合は、ウィンドウ左下のBox アカウントの切り替えリンクをクリックします。

 

Box の添付ファイルは、Smartsheet からアクセスした場合、読み取り専用となります (ファイルをダウンロードまたは編集するには、Box にアクセスします)。

Evernote 

この機能を初めて使用する際は、Evernote へログインし、Smartsheet からのファイルへのアクセスを承認するためのポップアップ ウィンドウが表示されます。 一度入力した Evernote ログイン情報は保存されるため、次回アイテムを添付する際には入力する必要がありません。

 別の Evernote アカウントへログインしていることに気付いた場合は、ウィンドウ左下のEvernote アカウントの切り替えリンクをクリックします。

 

 

 

Evernote ノートは Smartsheet から開くと読み取り専用になりますが、 Evernote から直接加えたノートの 変更は Smartsheet の添付に同期されます。

 

 

Egnyte 

Egnyte のドメイン、ユーザー名、パスワード、および Smartsheet へのアクセス許可を求めるウィンドウがポップアップ表示されます。 一度入力した Egnyte ログイン情報は保存されるため、次回アイテムを添付する際には入力する必要がありません。

 別の Egnyte アカウントにログインしていることに気付いた場合は、右上の [ユーザーの変更] をクリックして別の Egnyte アカウントにサインインします。

 

 

 

Egnyte の添付ファイルを開くと、上部に [編集] オプションが表示されます。 Egnyte ファイルを編集するには、Egnyte の WebEdit ツールのダウンロードとインストールが必要です。 詳細情報は Egnyte のサポート センターをご覧ください。 Egnyte の WebEdit ツールを使ってファイルに加えた変更は、Smartsheet の添付ファイルに同期されます。

注: ファイルを含む Egnyte フォルダー (個別ファイルではなく) は、ほかの共同作業者が Smartsheet でこれらを開けるように共有する必要があります。 フォルダーの共有については、Egnyte のヘルプ デスクにて確認できます。

 

 

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ