アドレスを追加できないことを示すエラー: アカウントにメール アドレスを追加できない

適用対象

Smartsheet
  • Pro
  • Business
  • Enterprise

機能

この機能を使用できるユーザー

ライセンス ユーザーは、自分のアカウントにメール アドレスを追加できます。
自分以外のユーザーのアカウントを結合するには、ライセンスありのシステム管理者である必要があります。
 

Smartsheet アカウントで既に使用されているメール アドレスを追加しようとすると、エラー メッセージが表示されます。

は既に別の Smartsheet アカウントに関連付けられているため、このアカウントに追加できません。

各 Smartsheet アカウントは、1 つのプライマリ メール アドレスに関連付けられています。 1 つのアカウントに関連付けられたメール アドレスは、他のアカウントでは使用できません。

追加のメール アドレスをアカウントに関連付けて、共有を容易にすることができます。 詳細は、「Smartsheet アカウントに関連付けられたメール アドレスを変更する」をご覧ください。

ここで説明している「既に関連付けられています…」というエラーが表示された場合、メール アドレスを解放することができます。
 

  • ビジネス プランをご利用の場合は、API を介してメール アドレスを管理できます。 詳細は、こちらをご覧ください。
  • 既にエンタープライズ プランをご利用の場合は、こちらの管理センターで、アカウントを管理する方法をご覧ください。
  • メール ドメインの一括変更、ユーザーの結合、およびその他の関連タスクを管理するには、プランをエンタープライズにアップグレードする必要があります。 アップグレード オプションについては、こちらをご覧ください。

メール アドレスを解放するには:

このプロセスには数分かかります。 開始する前に、Smartsheet アカウントで使用されていないメール アドレスへのアクセスが必要になります。

パート 1: 結合元のアカウントに 3 つ目のメール アドレスを追加する

  1. メール アドレスを「追加できない」ことを示すエラー メッセージが表示されたら、アカウントに関連付けようとしたメール アドレスで Smartsheet にログインします。
  2. [アカウント] > [個人用の設定...] > [プロファイル] をクリックし、[メール アドレスの管理] リンクをクリックします。
  3. [メール アドレスの管理] で、3 番目のメール アドレス (現在 Smartsheet のどのアカウントでも使用されていないもの) を入力し、[メール アドレスの追加] をクリックします。
    「電子メールの受信トレイを確認してください…」というメッセージが表示されます。

パート 2: 3 番目のメール アドレスをアカウントのプライマリにする

新しいメール アドレスをプライマリにし、他のアカウントと結合したいアドレスを削除します。

  1. 「Smartsheet アカウント変更リクエスト」という件名の電子メール メッセージを開きます。
  2. メッセージ内の [メール アドレスの確認] ボタンをクリックして、その電子メール エイリアスを Smartsheet アカウントに参加させるための招待を承諾します。
    「承諾されました! 代替メール アドレス
    がアカウントに追加されました」というメッセージが表示されます。
  3. [Smartsheet の起動] ボタンをクリックして、アカウントに戻ります。
  4. Smartsheet で、[アカウント] > [個人用の設定...] > [プロファイル] をクリックし、[メール アドレスの管理] リンクをクリックします。
  5. [メール アドレスの管理] で、[メール アドレスの追加][プライマリにする] の順にクリックし、この 3 番目のメール アドレスをアカウントに関連付けられたプライマリ メール アドレスにします。
    メール アドレスの管理
  6. Smartsheet からログアウトします。

パート 3: 他のアカウントで使用したいメール アドレスを解放します

プライマリ メール アドレスを変更したので、もう一方のアカウント (メール アドレスを「追加できない」ことを示すエラー メッセージが表示されたときに使用していたアカウント) で使用したいメール アドレスを削除します 。

  1. 3 番目のメール アドレスを使用して、Smartsheet に再度ログインします。
  2. [アカウント] > [個人用の設定...] > [プロファイル] をクリックし、[メール アドレスの管理] をクリックします。
  3. もう一方のアカウントで使用したいメール アドレスを削除します。 (メール アドレスの右にある [x] をクリックします。)
  4. ログアウトし、そのメール アドレスを使用したいアカウント (エラー メッセージを受け取ったときのアカウント) にログインし直します 。
  5. 対象のメール アドレスを追加します ([アカウント] > [個人用の設定...] > [プロファイル] をクリックし、[メール アドレスの管理] をクリックします。)

以上でステップは完了です。お疲れさまでした。 すべてが順調に進んだ場合、以下ようになります。

  • 対象のメール アドレスが、対象のアカウントの [メール アドレスの管理] ボックスに一覧表示されます。
  • 追加したメール アドレスに共有されているすべてのアイテムは、新しい (ターゲット) アカウントから利用できます。

古いアカウントのアイテムの所有権を移行して、追加したメール アドレスで所有する方法は、次の記事をご覧ください。

さらにサポートが必要な場合は、サポート チームまでご連絡ください。

今すぐサポートに連絡する