Formulas and Functions

Formulas and Functions

数式と関数

Smartsheet での数式の作成と編集

数式を使用して数値を計算したり、シートの要素を自動化したりできます。 たとえば、ある範囲の経費を合計したり、フィールドに特定の値が入力されたときにチェックボックスをオンにしたりするための数式を作成できます。 次のフィールド タイプの数式を作成できます。...

数式でセル参照または列参照を作成する

数式を作成すると、シートのその他のセルまたは列の値を含めることができます。 これは、「セル参照または列参照」を使用して実行できます。 個別のセル、セルの範囲、または列全体で参照を作成できます。 別のシートのデータを参照することもできます。...

数式の使用に関するよく寄せられる質問

Smartsheet の数式を使用すると、たとえばデータを自動的に計算したり、シートのセルの内容を結合したり、日付を追跡したりすることで、時間を節約できます。 数式を使用するには、少しだけ練習とノウハウが必要です。...

@cell および @row を用いて効率的な数式を作成する

数式を最適化することでシート全体のパフォーマンスが向上し、数式内のセルを手動で参照する必要がなくなります。 シートのサイズが大きくなればなるほど、効率的に数式を作成することで、パフォーマンスが向上します。 ここでは、数式の効率化に役立つ 2 つの関数、@cell と @row をご紹介します。...

簡単な数式を使って、2 つ以上のセルのテキストまたは値を結合する (連結する)

簡単な数式を使うことによって、2 つ以上のセルのテキストを別のセルに結合する (値を連結する) ことができます。 結合先となるセルをクリックします。 = (等号) キーを押します。 結合するセルの最初のセルをクリックし、次に + (プラス) キーを押します。...

数式: 別のシートのデータを参照する

Smartsheet では、別のシートに保存されているデータに対して計算を行うことができ、 シート間の数式を使用して実行します。 たとえば、VLOOKUP 関数を使用して、アクセス可能な別のシートに存在する参照テーブルから値を検索するか、別のシートに保存した値を集約する SUMIF 式を作成します。...

数式エラー メッセージ

数式にて提供された要素とは異なる要素が導き出されると Smartsheet が判断した場合、その数式からはエラーが返されます。以下に、数式のエラー メッセージとその原因および解決方法を示します。...

数式を使用して日付の計算を実行

1 つの (日付列タイプの書式設定が適用された) セルに、別のセルの日付数を加算または減算する数式を配置できます。 日付関数が使用されている場合を除き、数値は日数として扱われます。 以下のテーブルには、数式で日付を使用する例が含まれます。(以下のテーブルの日付は mm/dd/yy 形式です。...

階層関数で CHILDREN、PARENT、ANCESTORS を参照する

Smartsheet の階層を使用して、セルのグループをインデントまたはインデント解除して、データのグループ間の関係をより適切に表示できます。階層関数を使用すると、シートのインデント レベルに基づいて他の関数にセルを含めることができます。...